スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.06.23 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    [クリック!]

    福岡市中央区の人権セミナ− アンケート結果をご紹介します

    0

      平成30年6月20日、福岡市中央区役所主催の人権セミナーにおいて弊会代表の藤井が講演しました。以下に、その際いただいたご感想を紹介します。約70名のご参加でした。

       

       

      1 今日のセミナーで理解できたことや、気づいたこと、良かった点をご記入ください。

       

       一人一人を大切にする。校区の人尊協のスローガンです。それ以前に,あたりまえに生活を普通にできることそれがベースにあって成立するんだと思いました。当たり前すぎて,なかなか気づくことができない今の生活。誰も人の生活を侵害することは許されないと思います。

       

       当たり前の生活をすることを普通に行っている自分たち,考えを新たに拉致問題を考える必要がある。

       

       「めぐみ」見たいと思っていましたので,よい機会でした。つらいし,怖いです。私たちにできること声をあげたりしていきたい。

       

       北朝鮮に拉致されたかもしれない方が900人近くいらっしゃることを初めて知りびっくりしました。(それほど関心を持て見聞きしていなかったことを,認識させられました。)生まれた国で当たり前に生きていくことが,どれほどありがたいことか,改めて考えさせられました。

       

       拉致問題,知っているようで知らないことばかりでした。」重大な人権問題だとわかりました。そして現在進行形ということについてもびっくりしました。防犯について見直さないといけないと思いました。

       

       拉致問題について:40年も前の事件→藤井氏の話・DVD「めぐみ」を見て,わかりやすく人権の理解をし関心度を高く持ち,被害者が1日も早く帰国・解決できるよう願います。もし,娘が家族が拉致されたらと他人事ではなく重大に受け止めました。

       

       平然と人権を無視する北朝鮮は,許せません。拉致被害者家族の問題は,私たちの問題として考えていかなくてはと思いました。

       

       拉致問題を防犯と結び付けている県がある。

       

       テレビ等で聞いてることがあり,関心は持っていたが,活動している方の生の声,アニメを見て実感として心に響きました。

       

       40年以上たっているが未だ解決できていないのは拉致問題である。日本政府が拉致被害者として認定しているのは17名である。恐ろしいことに今現在も進行形である以上,自分たちの子どもたちが次の被害者になる可能性もある。当たり前の生活,生まれた国に家族と共に暮らす→人権

       

       DVDと藤井先生のお話で拉致された時の状況や苦しみがよくわかりました。独身の頃は関心がほとんどなかったのが正直なところですが,私にも子供ができ,もしも我が子だったら‥と考えると被害者家族の気持ちを理解できるようになり興味を持つようになりました。絶対にあってはならないことですのでこれからも活動を続けていただきたいです。私も自分のできることから協力できたらと思いました。

       

       拉致問題は,当たり前の生活ができなくしてしまった重大な人権問題と理解できました。この日本で1000人近い方々が拉致されている可能性があるとは,本当にびっくりしてます。過去の話ではなく,現在進行形であることもびっくりです。救出する会の皆様のご苦労も大きいことがよくわかります。

       

       今回のセミナーで拉致問題の重大な問題であることがよく分かった。こんなにもたくさんの被害者がいることにびっくりしました。もっと政府が動いてくれたらいいのにと腹立ちました。自分にできることが署名しかないことに悔しい思いでいっぱいです。

       

       普通の生活がしたい,拉致問題の皆様の気持ち大変よくわかります。そして,1日でも早く解決をしてほしいと思っています。人権問題として,皆さま,国民が政治を動かしていかないと解決できない重要な問題だと思っています。一人ではなかなか動きがありません。これはどの他の人権問題もそうですが,国民の力が必要だと感じています。そして,そのことを伝えていただく方々が,必要だと思いました。ありがとうございました。

       

       北朝鮮・拉致・・TVやNEWSで見聞きしていたが,平凡に生活する中では全く触れずに生活していました。私はめぐみさんの弟さんより年下で,親と離れて40年過ごした年月は人生の90%めぐみさんをはじめ,家族全員にとっても寂しく,つらく過ごされたのだと感じました。私も小学生の親。いきなり息子との生活が途切れる・・考えられません。

       

       1000人近い方が拉致さえているとは知りませんでした。人数の多さに驚きました。天神ではいつも署名活動がされていますが,関心なく通り過ぎ救う会の署名活動にも気づきませんでした。関心のなさが一番怖いですね。

       私たちの知らないことが多すぎると思いました。

       

       報道で知りえることしか理解していなかった。拉致の本当の意味が分かり良かったと思う。

       

       いろいろな問題が多すぎ政府間の問題なのでまどろっこしいといつも思われる。最大の人権問題であると思う。地道な署名活動しかできない弱い現実。防犯の面で取り上げている県もあると聞くので,福岡でも力をいれてほしい。現状は厳しいが,何とか国民が声を上げていかねばならない。

       

       まだまだ解決できないのに,もやもやしたものを感じました。このことを皆さんにもっと知らせて,問題提起してもらいたいと感じました。

       

       改めて大変なことに一生懸命働きかけていることがよく分かった。

       

       報道される事実の裏で家族の方をはじめ,どれほどの人の思いや行動があったのか,ほんの少しかもしれないが感じることができた。もし,自分の家族に同じことがおきたら・・・。拉致被害者は本当に普通の人だったのだと思うと自然に想像できた。政治を動かすのは世論しかないことを心に刻んで生活していこうと思った。今日,このセミナーに参加できて本当に良かったと思いました。

       

       うっすらと知っていた横田めぐみさんを含め数十人がまだ北朝鮮から帰還できない問題で,なぜ進まないのだろうと政府が話題にはするものの結果が出ないまま長引いているな,くらいの認識でしたが,今日の藤井先生のお話とめぐみさんのDVDを拝見し非常にわかりやすく,どこまでも重大な人権問題であると理解しました。私たちにかかわりがないなんて思っているとしたら大間違いです。いつでもだれでも起こりえる恐ろしい事柄です。すべて国が認めていない案件も含めると833名もいる。→帰還したのはたったの5名です。これをもっと取り返さなければ終わらない。私たちがもっとこの問題を知って,声を出していかなければいけないということ,この問題の多面性,難しさがわかりました。

       

       増本さんのお母さんのお葬式のこと,蓮池さんのお子様のこと,あたりまえの暮らしができない重大な人権侵害であることが具体的な話を通して理解できた。また,現在進行形であることに恐怖を感じた。

       

       皆さんの愛情たっぷりに育ち大切にされためぐみさん。春には桜を思い出されたことでしょう。1日も早い解決を望みますが・・・,いつもいつもどうなるのでしょう。大変ありがとうございました。

       

       親の深い愛情を受けてすくすく育った善良な市民がさらわれて,普通の生活が奪われるのは許されることではない,と改めて思いました。拉致被害者の疑いがある方を含め,家族友人まで含め,被害者の本当の多さに驚いた。現状を認識したうえで,あらゆる方策を駆使して解決しなければならないと思った。

       

       めぐみDVDは,とてもよかった。学校でも公開されてるとお聞きしましたが,福岡は取り組みが弱いと感じております。

       

       学生時代にニュースで知った拉致問題。その時の衝撃は今でも覚えています。ただどこかのTVの向こう側の出来事と思っているところがあったのか,心の片隅には残っていましたが,そのままでした。横田夫婦のニュースを見ては心痛めて・・・そして私自身は当たり前の日常に戻る。そうじゃないんですよね。この拉致問題はまだ現在進行形の出来事でもっと深く知るべきだった。身近に感じるべきことだったと気づかされました。微々たる力ですが,動く,そして周囲にこの事実を伝える,できることをやっていこうと思いました。藤井さんの話し方も心に訴えかけてくるような…すごく良かったです。ありがとうございました。

       

       「当たり前の生活をすること」それさえできない拉致問題の根の深さを知ることができた。私たちも解決するため意思の継続が必要とのこと。

       

       自分の認識の中で過去の事件であり,進行形という意識が薄かったと思いました。ご家族も高齢化で亡くなられているので一刻も早く帰結してほしいし,自分も署名活動してあれば進んで署名しようと思いました。貴重な時間をありがとうございました。防犯のお話も役に立ちました。ありがとうございました。

       

       北朝鮮による拉致問題が重大な人権問題であることを再認識できた。

       

      普通の暮らしがいかに幸せなことか。拉致問題を再認識いたしました。憲法問題(改正)は必要では。

       

       当たり前の生活が突然なくなる…拉致の問題と重ねて考えさせていただいて今更自分の認識不足に気づかせていただきました。

      (戦争に結びつかない活動を心に深く感じたのはよいけれど,相手の不誠実は気になります。)

       

       子を持つ母親として,拉致問題を身近な恐怖と感じられるDVDと先生の講義でした。ぜひ,あのDVDは子どもたちに見せて身近に起こりうる恐怖として感じてほしいと思いました。話を聞けば聞くほど,解決は難しいと素人ながらに理解しましたが,国民一人一人意識を持つことから始めるしかないと思いました。

       

       当たり前のことができる。当たり前に過ごせる。それが人権なのだと教えていただいた。現在進行形の問題で一人一人できることが必ずあることを知りました。忘れてはいけない。

       

       拉致問題も忘れかけていたことでしたが,本当に改めて現在進行形である子どもたち孫たちにもしっかり話していかなければ…と思いました。

       

       25分のDVDでしたが,とても分かりやすく見れると思いました。いろんなところで取り上げていってほしいです。

       

       私にも子供がいますので,自分と照らし合わせてお話を聞かせていただきました。とっても胸が痛みました。本当に重大な問題と改めて思いました。ありがとうございました。

       

       拉致問題は解決していないことはわかりますが,継続していることにびっくりしました。私たち一人一人が人権問題として取り上げ政府を動かさないと解決できないということを認識しました。

       

       「人権問題」と認識していたが,「防犯問題」である。とは・・・。確かにそうです。身近な普段の生活でも気づき目を向けていかないといけないことなんだなと思いました。

       

       事件が起きて40年以上拉致されたことがわかって20年以上,5人の方が帰ってきてからも15年以上がたっています。めぐみさんが拉致された時は1歳だった私も二人の子供を持つにいたりました。5人の方が戻ってこられた時,初めて本当にそんなことがあったんだとわかり,以来ずっと関心を持ってきたつもりでいました。ですが,今回新潟と福岡での意識の違いを知りました。まずは,「めぐみ」の上映はうちの小学校でもされたのか確認することから意識改革を進めてみたいと思いました。無関心が一番いけないと改めて思いました。新潟の防犯での拉致の取り組みがよくわかっていなかったです。どうすればそこまで意識が高まるのか。福岡にも拉致の可能性がある行方不明者がいるとのことですが,その点,テレビが一番影響があるので在福のTV局がもっと関心を持ってくれたらいいのかなと思いました。

       

       テレビなどで報道されている程度しか知りませんでした。話を聞いていく中で,現在進行形であるということがもっと関心を深めていこうと思いました。子どもにも話をして伝えていきたいです。

       

       切実な思いが伝わりました。もし自分の家族だったら,我が子だったら・・・と考えると涙が止まりません。ここまで不条理で自分勝手な国があること自体,おかしいです。真実を語る国ではありません。とにかく真実,そしてせめて一目家族に会わせてあげられるよう切望致します。

       

       拉致のこわさ。何かお役に立つことがあれば(署名)

       

      2 今日のセミナーで理解できなかったことや、疑問に思った点があればご記入ください。

       

       どうして北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会で活動することになられたのか,転機と申しますかきっかけを知りたいと思いました。

       

       国民全体が拉致問題をもっと身近に感じ,解決できるようにするには,どうすればよいか,署名のほか何ができるのか?

       

       拉致される可能性がこれからもある?日本人である必要はどこにあるのか。外国人もたくさんあるらしいとわかった。

       

       拉致された可能性が排除できない行方不明者は883人となっているが,政府は17名しか認めていないなぜなのか??

       

       拉致問題として40年以上たっているのに,未だ解決していない解決できない根本的な理由は何なのか??

       

       講演してくださった藤井さんは,どのような方なのか。(福岡の会代表)というのはわかりますが,少しプロフィールが欲しかったです。

       

       DVDもあり,パンフレットもあり,よく理解できました。もっとたくさんのひとにDVDを見てもらいたいです。

       

       詳しく教えていただきよくわかりました。ありがとうございました。

       1日でも早く解決できますように・・・。

       

       小中学生向けのDVDを見れて,とても理解できました。疑問点はありません。どうして横田めぐみさんだったのですか?一緒に帰っていたお友達でなくめぐみさんが拉致されたのですか?冊子で拉致された方の被害年度が1970年代後半〜1980年代前半が主に記載されていますが,この2000年代にも拉致被害は起きているのですか?

       

       帰国された人の話がぜひ聞きたい。一度西区の人権の時聞きにいったけど,満員で入れなかった。場外で聞きましたが,よく聞き取れなくて残念でした。

       国が動くことが一番だと思う。私たちにできることをしていかなければいけないと思う。

       

       めぐみのDVDを小中学校で回しているという話があったので,それを公民館でも回されてもよいのではと思うが‥。

       

       めぐみのDVDを校区でも見せたいと思いました。

       

       なぜ北朝鮮は日本人や他の外国人をこんなにも多く拉致しなければならなかったのか。工作員にして何をしようとしているのか。今は拉致をやめているのかどうか。

       

       日本以外にもたくさん拉致された国はある。一番多いのは韓国。武力でいくと戦争になる難しさ。北朝鮮にとっては,金脈でもあるので長引かせたい大変な問題。

       

       北朝鮮がまともに話し合いができる国じゃないと思うのですが,話し合い以外の方法がないものか,北朝鮮の異常さを感じるだけに,もどかしいです。

       

       小中学校で人権・防犯の意味も含めて子供たちに理解させてほしいが,教育として義務化はできないのか?義務化すれば子供たちの署名も増えるのではないだろうかと思いました。

       

       今でも続いている現状

       外交力が(日本の現状)あまりに足りないのでは・・・40年の取り組みも私たちには見えなかったのが現実です。

       

       政府の拉致被害者認定の基準とは,どういうものなのか。行方不明者883との違いが気になりました。

       

       なぜ,40年もたった今も解決していないのだろう,早ければ早いほどよかったのに。怠慢としか思えない。40年前も海際は危ない。連れていかれるなんてうわさはあった。

       

       政府が政治家が国民を守ることよりも自分のメリットだけで政治をしていることにがっかりです。

       

       解決するのは難しいのはわかりましたが,「政治家」「政府」の動かし方。悩ましいですね。

       

       40年以上経過,行方不明者883名という言葉,現在進行形で何も解決になっていないことが残念です。

       

       北朝鮮は意外にも国交を持っている国の数が多いです。なのになぜそのような国からのアプローチ等ができないのか・・?北首席がなぜ暗殺されないのか・・?

       

       今回,一般の人が少なく,動員が多いように思いました。他区のようにチラシを作っていないのが,その原因ではないでしょうか。

       北朝鮮の目的は?

       

      ※ご協力、ありがとうございました。

       

       


      [クリック!]

      本年度の啓発集会及び国民大行進について

      0

         

        例年福岡市で開催しております「北朝鮮人権侵害問題啓発集会」及び「国民大行進」について、年度当初の計画では6月30日を仮日程としておりましたが、諸事情により、10月に延期することとなりました。

         

        延期になりました経緯につきましては、会員宛に文書にてご報告致します。

         

        日時と会場が決定しましたら改めてお知らせ致します。今後とも、拉致被害者救出運動にご支援のほど宜しくお願い申し上げます。


        [クリック!]

        福岡市中央区役所の「人権文化セミナー」で代表が拉致問題について講演します

        0

          福岡市中央区役所の「平成30年度 人権文化セミナー」で代表の藤井が拉致問題について講演します。関心のある方は添付画像をご確認の上、中央区役所にお申し込みください。

           

          平成30年度 中央区人権文化セミナー


          【主催】中央区生涯学習推進課
          【対象】不問、事前に申込み要
          【定員】先着70名
          【日時】6月20日(水) 10:00〜12:00
          【演題】この命、見捨てますか?
          【講師】救う会福岡代表 藤井守人
          【場所】中央市民センター2階 視聴覚室

           


          [クリック!]

          平成30年度総会&講演会の御礼とご報告

          0

            平成30年3月10日、救う会福岡総会及び講演会を開催し、約100名の皆様にご参加いただきました。心より感謝申し上げます。

             

            講師の葛城奈海先生からは、拉致被害者救出のために必要な日本国民の決意と覚悟について諭していただきました。私共救う会関係者としても、一層努力し、拉致被害者救出運動に取り組んで参ります。

             

            今回、新たに20名の方に新規入会いただきました。会員が減少傾向にある中で、大いに勇気付けられました。今後ともご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

             

            △総会前の定例街頭署名活動にも多数のご参加をいただきました

             

            △総会で発言する藤井守人代表

             

            △講演される葛城奈海先生

             

            【お詫びと訂正】

             

            総会で配布した議案書のうち、一部に表記ミスがありました、お詫びして訂正いたします。

            予算案について、収入の合計が間違っていました。
            (誤)1,662,085円
            (正)1,731,451円

             


            [クリック!]

            アニメ『めぐみ』上映拒否事件の顛末を報告します

            0

              平成29年、行橋市教育長の議会答弁において、子供達に政府制作アニメ『めぐみ』を視聴させることに関する問題発言(撤回済)は、ついに政府を動かす事態に至りました。ここに、ご協力いただいた関係各位に感謝すると共に、これまでの経緯を時系列にまとめてご報告します。

               

              ◆平成29年12月12日

              行橋市議会において、アニメ『めぐみ』を小中学校で上映するよう求めた小坪慎也議員の質問に対し、行橋市教育委員会の教育長は、「このアニメを見せると、行橋市の子供達が在日朝鮮人子弟をいじめる可能性があるので上映しない」という趣旨の答弁。

               

              ◆平成29年12月13日

              救う会福岡より行橋市教育委員会に抗議文を提出。行橋市立の全学校にて、一年以内に全教職員・全児童生徒を対象とした北朝鮮拉致問題啓発研修を実施することを要請。

               

              ◆同日

              議会において教育長が発言を撤回し謝罪。しかし上映実施については回答なし。

               

              ◆平成29年12月15日

              救う会福岡より福岡県知事及び福岡県教育委員会に対し、行橋市教育長問題発言に関連して公開質問状を提出。拉致問題を子供達に教えることと「いじめ」の関連性に関する認識や、拉致問題教育の実績と計画について問う。

               

              ◆同日

              行橋市教育委員会が救う会福岡の抗議文に対して回答(公文書)。発言について謝罪し、年度内に全教職員・全児童生徒を対象とした北朝鮮拉致問題啓発研修を実施すると明記。

               

              ◆平成29年12月16日

              救う会全国協議会の西岡力会長と小坪市議が東京で記者会見してマスメディアに経緯を説明。産経新聞などが報道。

               

              ◆平成29年12月19日

              福岡市内の公立小中学校における「アニメめぐみ」上映実績が判明。28年度は小学校は0校、中学校は1校で2回、29年度(予定を含む)は小学校は0校、中学校は3校で3回。(冨永正博市議による調査)

               

              ◆平成29年12月25日

              産経新聞、「政府は教育現場で北朝鮮による日本人拉致問題への理解を促進するため、小中学校などの教員を対象にした研修を平成30年度から開始する方針を決めた」と報道。

               

              ◆平成29年12月28日

              福岡県知事及び福岡県教育委員会より救う会福岡に「拉致問題といじめは別問題。今後も啓発に努める」等と回答(公文書)。教育委員会の回答により、県内の政令市(福岡市・北九州市)を除く公立学校の上映率は17%と判明。

               

              ◆同日

              小坪市議(行橋市)が木原稔財務副大臣に「拉致問題の啓発・研修予算のさらなる拡充を求める要望書」を提出。

               

              ◆平成30年1月21日

              救う会全国協議会幹事会において運動方針に「ブルーリボン普及とアニメ学校上映拡大を今年の重点運動とする」と明記される。

               

              ◆平成30年3月6日

              行橋市議会において「行橋市の公立小中学校全クラスでのアニメめぐみ上映実施」が完了したと報告される。自治体単位での完全実施は全国初。(全国平均は7.7%)

               

              ◆同日

              政府予算として「教員向けの拉致啓発予算が1500万円、予算計上された」と産経新聞が上記と併せて報道。

               

              ◆平成30年3月7日

              拉致問題担当大臣と文部科学大臣の連名により全国の教育長、知事などに対し、「アニメめぐみ」等の映像作品視聴につき活用促進をはかるようにとの大臣通知(公文書)が出される。上記予算化についても明示される。

               

              以上、行橋市教育長の問題発言に発し、教育現場における拉致問題啓発教育の実施(主に、アニメめぐみ上映)の予算化に至る顛末です。教育長の発言は残念な内容でしたが、これを契機として全国の公立小中学校で拉致教育が実施される流れとなりました。

               

              特に、行橋市の小坪慎也議員による尽力に感謝いたします。

               

              今後、救う会福岡としましては福岡県内の全ての公立小中学校で全児童生徒に対し拉致問題啓発教育を実施することを求め、当局と継続協議して行く方針です。


              [クリック!]

              平成30年度総会&講演会のご案内(3月10日)

              0

                北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会
                平成30年度総会&講演会のご案内

                いつも拉致被害者救出活動にご支援を賜り感謝申し上げます。下記の要領で総会及び講演会を開催します。どなたでもご参加いただけますので、ぜひお誘い合わせの上ご来場ください。

                平成30年3月10日(土)
                14:00- 街頭署名活動(天神ソラリアステージビル前)
                16:30- 受付開始
                17:00-  総会(会員のみ)
                18:00- 講演会(一般入場可)

                会場:福岡県福岡市中央区天神2-14-8
                福岡天神センタービル 8F(Tkpガーデンシティ天神)

                講師:葛城奈海さん
                女優、ジャーナリスト。予備役ブルーリボンの会広報部会長。

                演題:「拉致被害者を救うためにいま必要な私たちの決意とは」

                会費:1000円(会員無料・当日入会可能※)

                ※救う会福岡の年会費は1500円です。

                 


                [クリック!]

                本日2/10(土)街頭署名活動は雨天により中止します

                0

                  2/10(土)街頭署名活動は雨天により中止します。ご了承ください。


                  [クリック!]

                  行橋市教育長の発言に関し、福岡県に公開質問状を提出しました

                  0

                    行橋市教育長のアニメ「めぐみ」に関する議会答弁に関して、救う会福岡は福岡県知事及び福岡県教育委員会に対して公開質問状を提出しましたので、ご報告いたします。尚、年内の回答を求めており、回答がありましたら公開します。

                     

                    ▽福岡県への公開質問状

                     

                    平成29年12月15日

                    福岡県知事 小川洋 様

                    (福岡県福祉労働部長 様)

                    (福岡県福祉労働部保護・援護課長 様)

                    北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会

                    代表 藤井守人

                     

                    行橋市議会12月定例会本会議での答弁について(質問)

                     

                    前略 平成29年12月12日行橋市議会本会議において、小坪慎也議員の質問に対し、笹山教育長は「児童に北朝鮮による拉致問題を教育すれば、在日朝鮮人に対するいじめが発生する可能性がある」という趣旨の答弁をされ、アニメ『めぐみ』を市内公立学校で上映しない「教育的配慮」の根拠とされました。

                     

                     本事案に関連し、福岡県知事及び県当局の見解を求めます。

                     

                    1. アニメ『めぐみ』のDVDが行橋市小中学校で上映されることを前提に、福岡県が政府拉致対策本部に依頼してDVD20本を貸し出したにも関わらず、行橋市教育委員会は学校での上映を拒否しているが、福岡県としてはこのような行為を容認するのか

                     

                    1. アニメ『めぐみ』を日本人の児童生徒に視聴させることで、当該児童生徒が在日朝鮮人子弟をいじめる懸念があるという行橋市教育長の主張について、福岡県としては妥当性があると認識するのか

                     

                    1. アニメ『めぐみ』を福岡県内の児童生徒に視聴させることの効果と懸念について、福岡県庁内部で検討したことはあるのか。あるならば、その検討結果を提示されたい

                     

                    1. 今後、福岡県内での北朝鮮人権侵害問題啓発活動をどのように実施していくのか。県内の各自治体との連携を含め、その目的と具体的内容を提示されたい

                     

                     以上、15日以内の回答を求めます。尚、本件質問と回答は公開します。

                    草々 

                     

                    ▽福岡県教育委員会への公開質問状

                     

                    平成29年12月15日

                    福岡県教育委員会

                    委員長 清家渉 様

                    教育長 城戸秀明 様

                    (人権・同和教育課長 様)

                     

                    北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会

                    代表 藤井守人

                     

                    行橋市議会12月定例会本会議での答弁について(質問)

                     

                    前略 平成29年12月12日行橋市議会本会議において、拉致問題啓発アニメ『めぐみ』の市立学校での上映を求める小坪慎也議員の質問に対し、笹山教育長は「児童に北朝鮮による拉致問題を教育すれば、在日朝鮮人に対するいじめが発生する可能性がある」という趣旨の答弁をされ、アニメ『めぐみ』を市内公立学校で上映しない「教育的配慮」の根拠とされました。

                     

                     本事案に関連し、福岡県教育委員会の見解を求めます。

                     

                    1. アニメ『めぐみ』を日本人の児童生徒に視聴させることで、当該児童生徒が在日朝鮮人子弟をいじめる懸念があるという行橋市教育長の主張について、福岡県教育委員会としては妥当性があると認識するのか

                     

                    1. アニメ『めぐみ』を福岡県内の児童生徒に視聴させることの効果と懸念について、福岡県教育委員会内部で検討したことはあるのか。あるならば、その検討結果を提示されたい

                     

                    1. これまで、福岡県内の公立学校で実施された北朝鮮拉致問題啓発教育について、アニメ『めぐみ』の上映を含め、現在把握している実績と、今後の計画について提示されたい

                     

                     以上、15日以内の回答を求めます。尚、本件質問と回答は公開します。

                    草々 

                     


                    [クリック!]

                    行橋市教育長の議会答弁を文字起こししました

                    0

                      救う会福岡は行橋市教育長による議会答弁に関して行橋市教育委員会に抗議文を提出しましたが、問題発言の該当箇所を議会中継の動画から文字起こししましたので以下の通り公開します。

                       

                      平成29年12月12日 行橋市議会本会議にて

                       

                      小坪慎也議員:

                      小中学校において(アニメ『めぐみ』の)DVDの(市内)全校で上映を求めております。併せて、市庁舎同様に(拉致問題啓発)ポスターの掲示を小中学校で求めております。どのようなことを検討しておられますか?教育委員会答弁を求めます。

                       

                      教育部長:

                      はい、お答えをさせていただきます。ポスターの掲示等につきましては、すでにポスターの配布があった場合には掲示等を行なっております。また、ただいまご質問をいただきましたDVDの上映でございますが、この(拉致)問題につきましては、人権課題の一つであるという認識はいたしております。しかしながら、小中学校におきましては、様々な立場の子供達がいるということを踏まえまして、その点を配慮いたしまして、これまで学校での児童生徒向けに対する上映のところは行なっていないというところでございます。以上です。

                       

                      小坪慎也議員:

                      いま「配慮」という言葉がありましたが、それは「教育的配慮」というものでしょうか?

                       

                      教育部長:

                      はい。「教育的配慮」の観点から、ということでございます。以上です。

                       

                      小坪慎也議員:

                      総務部長に伺います。先ほど根拠法令を述べていただきましたが、「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」3条に「地方公共団体の責務」が明記されております。同じく4条の3に「国及び地方公共団体は」ということで努力義務が明記されております。この3条と4条の3、読み上げていただけますか?

                       

                      総務部長:

                      「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」3条は地方公共団体の責務となっております。「地方公共団体は、国と連携を図りつつ、拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題に関する国民世論の啓発を図るよう努めるものとする。」4条につきましては北朝鮮人権侵害問題啓発週間でございます。「国民の間に広く拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題についての関心と認識を深めるため、北朝鮮人権侵害問題啓発週間を設ける。」2項につきましては、「北朝鮮人権侵害問題啓発週間は、十二月十日から同月十六日までとする。」3項につきましては「国及び地方公共団体は、北朝鮮人権侵害問題啓発週間の趣旨にふさわしい事業が実施されるよう努めるものとする。」以上でございます。

                       

                      小坪慎也議員:

                      「教育的配慮」ということで上映しないと決定した責任者は教育長でしょうか?答弁をお願いします。

                       

                      笹山忠則教育長:

                      はい、教育長であります。

                       

                      小坪慎也議員:

                      「教育的配慮」ですね。それを行う権限が教育委員会にはあると思います。間違いないでしょうか?

                       

                      笹山忠則教育長:

                      「教育的配慮」ということに関しましては教育委員会が所管する権限の範囲内において行えるものは行えると思っております。

                       

                      小坪慎也議員:

                      前例になりますが大阪市ですね、これはホームページに掲示されているものなんですが、「北朝鮮当局によって拉致された被害者等の問題は、我が国の国家主権及び国民の生命と安全に関わる重大な人権問題として取り組むべき個別の人権課題の一つに位置付け」と、これは先ほどの根拠法令と同じかと思いますが、そのあと、「アニメ『めぐみ』や、映画『めぐみ—引き裂かれた家族の30年』等を活用し理解を深めているところです」と、これが大阪市のですね、「拉致被害者問題の小中学校での啓発について」でございます。当市において「教育的配慮」が職権によってなされた理由ですね、それ、当然法論拠に基づくものかと思います。行政は全てが自由なわけではありません。先ほど総務によって答弁いただきましたけど、こちらは法に基づいて質問をしております。具体的には、「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」3条及び4条ですね、努力義務がございます。当市において執行部はやっておりますが、どうして教育委員会はこれをやらないのか、この判断に至った法律上の解釈ですね、どうして自らの職権が優先すると感じたのか、その判断に至った経緯と法解釈をお願いします。

                       

                      笹山忠則教育長:

                      まず、「学校教育法」におきまして、「校長は校務をつかさどる」ということがあります。そして教育委員会は、「校長等に対する指導を行う権限」がございます。それに基づいて行なっております。

                       

                      小坪慎也議員:

                      私は全く答弁になってないと思います。こちらは根拠法令を示しております。努力義務とはいえ地方公共団体の責務が明記されているじゃないですか。これを超えると判断するに至ったものがないと、私は答弁として不適格だと思います。「教育的配慮」が必要になったと感じた理由は、「様々な立場の」という言葉がありましたから、例えば在日朝鮮人の子弟がいじめに遭うとか、そういうことを検討されたんじゃないかと思いますが、そういう事例はあったんでしょうか?

                       

                      笹山忠則教育長:

                      上映をしておりませんので、このことに関する直接的な証拠というものはございません。

                       

                      小坪慎也議員:

                      懸念を感じたから上映をしないという判断をされたかと思うんですが、そういう懸念を持たれているんでしょうか?

                       

                      笹山忠則教育長:

                      そういう懸念を排除することはできないと考えております。

                       

                      小坪慎也議員:

                      先ほど触れさせていただいた法律の5条には、拉致対策本部は国会に対し実施状況の報告の義務があるんですが、そういう懸念があるということを、内閣府の拉致対策本部に通報しているということは、こういう懸念を行橋市の教育委員会は持っていると、通報した事例はございますでしょうか?

                       

                      笹山忠則教育長:

                      ございません。

                       

                      小坪慎也議員:

                      私は問題だと思いますよ。外国籍の子供がいじめに遭うかもしれないという懸念を教育委員会は持っていると。私はこれは逆だと思うんですね。拉致問題を知ったことでいじめが起きると、想定しているのであれば、これは大問題ですよ。そういう、そんな倫理教育とかモラルをうちの教育委員会はやっているんですか?自信がないんですか?私は逆だと思うんです。当市の児童、良い子ばかりですよ。本事件を知ることで、拉致被害者に同情するのみならず、南北を問わず朝鮮半島に由来する方々ですね、その児童子弟らに対し攻撃的反応を示すと、私は思っておりません。そいうふうに教育長は考えているんでしょうか?

                       

                      笹山忠則教育長:

                      子供の発達段階を考えますと、どのような状況であれ、いじめが発生する可能性があります。そして、いじめは、いじめられる側にとっても、確かに心に大きな傷を残します。しかし同時に、いじめを行う子供の側にも、将来大きな禍根を残します。従いまして、子供の中でいじめの起こる可能性があることは、極力排除したいと考えております。

                       

                      小坪慎也議員:

                      これは平成22年7月、熊本県教育委員会で作られたものですが、「拉致問題に関する学習指導資料」として、副題が「DVDアニメ『めぐみ』視聴を通して」なんですが、非常によくできたものでして、非常に有名なものですから、もうご覧になっているかと思いますが、例えば中学校の部分ですと、詳しく書かれておりまして、根拠法令として「児童の権利に関する条約」や「基本的自由が侵害されていることに気づき、人権の大切さを理解する」と。学習活動としてはDVDアニメの『めぐみ』を視聴すると。また、後で話し合う場面をあらかじめ提示すると書かれておりまして、「指導上の留意点」として、「生きる権利、守られる権利、基本的自由、精神的自由、経済的自由、育つ権利、参加する権利、人身の自由」これらが「指導上の留意点」として書かれ、かつ公開されております。私は当市の教育委員会がそのような判断をされたことは極めて残念で仕方がありません。私はこの問題をずっとやってきましたし、選挙のポスターにおいてもブルーリボンバッジをつけて撮影に臨んでおります。これも含めて、選挙を戦ってきました。私がこの場で発言する根拠法令は公職選挙法です。民意を、こういう形で問うてこの場にあります。譲歩することは一切ありません。これを上映できないのであれば、私は執行部をやはり信用できませんし、これは私に対する否定です。私を否定する者を、私も否定します。どうしても譲れないものです。幸いにして16日まで時間がありますので、是非いまから、検討して実施していただきたいと。議決権も行使する覚悟で、こちらは検討したいと。実施状況次第で私は動きたいと思います。

                       

                      文字起こしは以上です。

                       

                      発言の一部を撤回する旨の答弁が翌日になされていますが、最終的に議事録にどのように記録されるかは未確定です。

                       

                      尚、答弁の中で根拠法令が一部間違っていましたので、当方にて修正しております。


                      [クリック!]

                      行橋市教育長の議会答弁に強く抗議します

                      0

                        平成29年12月12日、拉致被害者増元るみ子さんのお母様が亡くなられました。心より哀悼の意を表しますとともに、救出運動に携わる者として、お詫びを申し上げます。

                         

                        さて同日、福岡県の行橋市議会において、アニメ『めぐみ』を小中学校で上映するよう求めた議員質問に対し、行橋市教育委員会の教育長は、「このアニメを見せると、行橋市の子供達が在日朝鮮人子弟をいじめる可能性があるので上映しない」という趣旨の答弁を行いました。

                         

                        救う会福岡としましては本件答弁に強く抗議するとともに、是正策の実行を求めております。

                         

                        ▽Youtubeに公開された議会質疑の動画です

                        https://youtu.be/bnuJJ_Z3KPU

                         

                         

                        ▽経緯について、質問者である小坪議員の公式サイトに掲載されています

                        https://samurai20.jp/2017/12/rachi-7/

                         

                        ▽当会が行橋市教育委員会に送付した抗議文は以下の通り

                        平成29年12月 13日

                        行橋市教育委員会

                        教育長 笹山忠則 様

                        北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会

                        代表 藤井守人

                         

                        行橋市議会12月定例会本会議での答弁について(抗議)

                         

                        前略 平成29年12月12日行橋市議会本会議において、小坪慎也議員の質問に対し、笹山教育長は「児童に北朝鮮による拉致問題を教育すれば、在日朝鮮人に対するいじめが発生する可能性がある」という趣旨の答弁をされ、アニメ『めぐみ』を市内公立学校で上映しない「教育的配慮」の根拠とされました。

                         

                         しかし、アニメ『めぐみ』は政府拉致対策本部が企画制作し、法律に基づく人権問題啓発活動の一環として地方自治体及び各教育委員会に配布しているものであり、それら啓発活動の結果として在日朝鮮人に対する生徒児童のいじめが発生したという事例は報告されておりません。笹山教育長の判断は、日本国憲法が保障する「基本的人権」の侵害に加担しかねないものであり、官民挙げて実施されてきた北朝鮮人権侵害問題啓発活動を無にするものであり、何より、拉致被害者及びその家族の心情を著しく傷つけるものであると言わざるを得ません。

                         

                         形式的に発言撤回すれば済む問題ではありませんので、以下の事項の実施を強く求めます。

                         

                         一、行橋市立の全学校にて、全教職員を対象とした北朝鮮拉致問題啓発研修を実施すること

                         二、行橋市立の全学校にて、全生徒児童を対象としたアニメ『めぐみ』上映会を実施すること

                         三、上記を平成30年末までに実施し、全対象者の感想文を当会へ提出すること

                         

                         以上、15日以内の回答を求めます。

                        草々 

                         

                        本件に関し進捗ありましたら逐次公表して参ります。

                         

                         


                        [クリック!]

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        262728293031 
                        << August 2018 >>

                        recommend

                        recommend

                        links

                        profile

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM