スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.09.21 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    [クリック!]

    緊急  朝鮮学校授業料無償化に反対を 提出期限は明日まで!

    0
       
      皆さんも

      朝鮮学校の授業料無償化反対

      の声
      上げて下さい。



      パブリックコメントの提出期限は明日です




      日本会議佐賀さんのフェイスブックに次の記事がありました。



      民主党政権下で実施されてきた朝鮮学校の授業料無償化が今後も継続される危険性が高まっています!
      昨年末、文部科学省は高校無償化に関する省令を改正し、外国人学校を無償化の適用から外すことを決め、国民からの意見公募を開始しました。
      当初は継続反対の声が優勢を占めていましたが、現在は意見数が逆転し、朝鮮総連などの外国人団体、左派人権団体などから「外国人差別だ!」と、無償化継続を求める意見が文科省に寄せられているそうです。

      そもそも法律上の高等学校の要件を全く満たしておらず、各種学校にしか過ぎない朝鮮学校の授業料を何故無償化しなければならないのか?
      (この辺は皆さん、もうよくお分かりかとは思いますが、少しだけ説明を・・・)
      それは、現在日本に住む「朝鮮籍」の人々が、戦前戦中に朝鮮半島から日本政府によって「強制連行」されてきた人々の子孫なので、特別な扱いをしなければならないと信じられてきたからでしょう。
      しかしこれは、ポツダム心情圏派のメディアや偏向教科書が敷衍し続けてきたデマでしかないのは今や周知の事実です。
      戦争中に日本が行ったのは「強制連行」ではなく「徴用」で、これは朝鮮人ばかりではなく他の内地の日本人も国策のために応じなければならなかった工場等への勤労動員のことです。
      国家総力戦の時代、「徴用」は、アメリカやイギリスなど日本以外のどの国でも行われていた政策で、特別に軍国主義的な内容ではありません。
      し かも日本が朝鮮半島で「徴用」を実施したのは、昭和19年(1944)9月からで、それ以前は朝鮮半島から内地への渡航は厳しく制限されていました。実は そのような中で、多くの朝鮮人が日本へ密航し、不法に就労していたのです。当時、日本内地の職場は賃金も高く、魅力的と考えられていたようです。
      また、一旦入国した後の不法就労者に対しては、当時の日本政府はかなり寛大でした。

      日 本の敗戦後、日本政府は朝鮮人の半島への帰還を促進する政策をとり、「徴用」で日本へ連れてこられた人のほとんどが帰国しました。昭和34年の外務省の調 査では、在日韓国人、在日朝鮮人のうち「徴用」で日本へ来たという人は僅か245人でした。しかも、これらの人々は自らの意思で日本へ残留したのです。
      ところで、現在日本にいる在日韓国人、在日朝鮮人の「特別永住者」(かつて日本国籍をもっていた人とその子孫)が約38万5千人と言われていますが、これでは全く数が合いませんね。
      要するに、「在日」の人のほとんどが「徴用」で日本へ来たのではなく、自らの意思で戦前・戦後に日本へ密航した人、もしくはその子孫ということです。
      ですから、日本政府が、朝鮮学校に特別に配慮する必要はないのです。


      写真: 民主党政権下で実施されてきた朝鮮学校の授業料無償化が今後も継続される危険性が高まっています!
昨年末、文部科学省は高校無償化に関する省令を改正し、外国人学校を無償化の適用から外すことを決め、国民からの意見公募を開始しました。
当初は継続反対の声が優勢を占めていましたが、現在は意見数が逆転し、朝鮮総連などの外国人団体、左派人権団体などから「外国人差別だ!」と、無償化継続を求める意見が文科省に寄せられているそうです。

そもそも法律上の高等学校の要件を全く満たしておらず、各種学校にしか過ぎない朝鮮学校の授業料を何故無償化しなければならないのか?
(この辺は皆さん、もうよくお分かりかとは思いますが、少しだけ説明を・・・)
それは、現在日本に住む「朝鮮籍」の人々が、戦前戦中に朝鮮半島から日本政府によって「強制連行」されてきた人々の子孫なので、特別な扱いをしなければならないと信じられてきたからでしょう。
しかしこれは、ポツダム心情圏派のメディアや偏向教科書が敷衍し続けてきたデマでしかないのは今や周知の事実です。
戦争中に日本が行ったのは「強制連行」ではなく「徴用」で、これは朝鮮人ばかりではなく他の内地の日本人も国策のために応じなければならなかった工場等への勤労動員のことです。
国家総力戦の時代、「徴用」は、アメリカやイギリスなど日本以外のどの国でも行われていた政策で、特別に軍国主義的な内容ではありません。
しかも日本が朝鮮半島で「徴用」を実施したのは、昭和19年(1944)9月からで、それ以前は朝鮮半島から内地への渡航は厳しく制限されていました。実はそのような中で、多くの朝鮮人が日本へ密航し、不法に就労していたのです。当時、日本内地の職場は賃金も高く、魅力的と考えられていたようです。
また、一旦入国した後の不法就労者に対しては、当時の日本政府はかなり寛大でした。

日本の敗戦後、日本政府は朝鮮人の半島への帰還を促進する政策をとり、「徴用」で日本へ連れてこられた人のほとんどが帰国しました。昭和34年の外務省の調査では、在日韓国人、在日朝鮮人のうち「徴用」で日本へ来たという人は僅か245人でした。しかも、これらの人々は自らの意思で日本へ残留したのです。
ところで、現在日本にいる在日韓国人、在日朝鮮人の「特別永住者」(かつて日本国籍をもっていた人とその子孫)が約38万5千人と言われていますが、これでは全く数が合いませんね。
要するに、「在日」の人のほとんどが「徴用」で日本へ来たのではなく、自らの意思で戦前・戦後に日本へ密航した人、もしくはその子孫ということです。
ですから、日本政府が、朝鮮学校に特別に配慮する必要はないのです。

朝鮮学校は、日本の教員免許を持った教員が教えているわけでもありませんし、文科省検定の教科書を使用しているわけでもありません。それどころか、日本人を拉致し北朝鮮の人民を苦しめている独裁者を賛美している教育が行われているという多数の情報が寄せられています。このような学校に日本政府が補助金を拠出するいわれは全くありません。
意見公募の締切は明日1月26日(土)必着ですが、FAX、メールならまだまだ間に合います。
既に出された方も多いと思いますが、まだの方は是非ぜひご意見をお寄せください。
ご協力をお願いいたします。

公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律施行規則の一部を改正する省令案に関するパブリックコメント(意見公募)
◇宛先
文部科学省初等中等教育局財務課高校修学支援室宛
・FAXの場合 03−6734−3177
・メール
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000617&Mode=0
◇記入する内容
・氏名 ・性別
・年齢 ・職業(学生は「大学生」など)
・住所 ・電話番号
・ご意見 朝鮮学校無償化継続に反対。
・理由 「学習指導要領に基づかない教育を行っている」「他の外国人向けの各種学校には援助しないのに朝鮮学校だけ特別はおかしい」「朝鮮学校は日本人を拉致した北朝鮮政府とつながっている」等々から一つ。
※理由を変えて何回出してもOKです!   



      朝鮮学校は、日本の教員免許を持った教員が教えているわけでもありませんし、文科省検定の教科書を使用しているわけでもありません。それどころか、日本人を 拉致し北朝鮮の人民を苦しめている独裁者を賛美している教育が行われているという多数の情報が寄せられています。このような学校に日本政府が補助金を拠出 するいわれは全くありません。
      意見公募の締切は明日1月26日(土)必着ですが、FAX、メールならまだまだ間に合います。
      既に出された方も多いと思いますが、まだの方は是非ぜひご意見をお寄せください。
      ご協力をお願いいたします。

      公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律施行規則の一部を改正する省令案に関するパブリックコメント(意見公募)
      ◇宛先
      文部科学省初等中等教育局財務課高校修学支援室宛
      ・FAXの場合 03−6734−3177
      ・メール
      http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000617&Mode=0
      ◇記入する内容
      ・氏名 ・性別
      ・年齢 ・職業(学生は「大学生」など)
      ・住所 ・電話番号
      ・ご意見 朝鮮学校無償化継続に反対。
      ・理由 「学習指導要領に基づかない教育を行っている」「他の外国人向けの各種学校には援助しないのに朝鮮学校だけ特別はおかしい」「朝鮮学校は日本人を拉致した北朝鮮政府とつながっている」等々から一つ。
      ※理由を変えて何回出してもOKです! 


       


      それで私は次の11個の反対パブリックコメントを出しました。
      皆さんも40でも50でもどんどん出して下さい。
      朝鮮総連及び在日朝鮮人と互敬対等の正常な関係を築く為には
      ここで日本人の本音を徹底して発信する必要があると思います。








      朝鮮学校無償化継続反対。

      理由 教員資格がない者が教えている学校なのに何で無償化なのですか。



      朝鮮学校無償化継続に反対。

      理由:学習指導要領に基づかない教育を行っているのになぜ日本国民の税金を投入してまで無償化する必要があるのですか。


      朝鮮学校無償化継続絶対反対。

      理由 他の外国人向けの各種学校には援助しないのに朝鮮学校だけ特別はおかしい。


      朝鮮学校無償化継続は反対。

      理由 朝鮮学校を実質的に経営する朝鮮総連は日本人を拉致した北朝鮮政府の国会に議員を出しているのに拉致に反対する意見を表明していない。


      朝鮮学校無償化継続は絶対反対。

      理由 朝鮮学校は反日団体である朝鮮総連との関係が深すぎる。


      朝鮮学校無償化継続は絶対反対。

      理由 朝鮮学校は教育内容が不透明。どんな教科書が使われているかすら国民には分からない。そんな朝鮮学校に税金を投入することは間違っている。



      朝鮮学校無償化継続に反対。

      日本国民に開かれておらず内容が分からない朝鮮学校の授業料無償化には反対です。朝鮮学校は開かれていると言いますがその実態はごく一部の北朝鮮支援者ではないですか。



      朝鮮学校無償化継続に反対。

      理由 福岡県で分かったように、虚偽報告してまで日本国民の公金を奪おうとしている朝鮮学校に国民の税金を投入することは間違っています。


      朝鮮学校無償化継続は絶対反対。

      理由 朝鮮学校の子弟はその父母も含めて日本で暮らしているのに、日本を敬い、日本人と互敬の関係を持とうと教えられていない。こんな朝鮮学校に日本国民の税金が使われることは許すべきでない。

      10
      朝鮮学校無償化継続は絶対反対。

      理由 朝鮮学校は民族教育を教え朝鮮民族としての誇りだけを一方的に教えているが、日本民族も又誇りある民族なのだということを全く教えていない。誇りある民族同士がお互いに尊敬しようという姿勢がない朝鮮高校に日本国民が一生懸命収めた税金が支払われることに反対です。


      11
      朝鮮学校無償化継続は絶対反対。

      理由 朝鮮学校は日本人を拉致した北朝鮮政府を非難したことがない。開かれた日本に生きていて日本国民拉致に反対出来ない朝鮮高校の無償化は必要ない。



      [クリック!]

      1月定例街頭活動のお知らせ。

      0
         

        今年最初の定例活動です。

          是非ご参加下さい!

         


        月定例街頭活動のお知らせ。



        平成25年1月の定例街頭活動を次の通り行います。

        場所 福岡ソラリア広場前(福岡市中央区天神2-11)


        時間 月13日() 1:00 〜 13:30


        内容
          ○ 署名活動

          ○ 啓発活動



        いつもの土曜日と違い、今月は日曜日です。

        時間も12:00から1時間30分になります。

        お間違いの無いように宜しくお願い致します。


        ※ 幹事の方は準備もありますので11時半に市役所南側玄関横にお集まり下さい。

        ※ 北朝鮮が日本国民を拉致しながら未だに全員を帰還させないことに怒っているあなた。
          是非ご参加下さい。一緒にビラ配りや署名活動をして下さい。




        ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

        北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会
        代表 辻幸男
        電話 090-1086-7008
        E-Mail sukuukai_fukuoka@yahoo.co.jp


        ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


        [クリック!]

        本年も宜しくお願い致します

        0
           

          明けましておめでとうございます

           北朝鮮にいる拉致被害者の
           本年の無事な暮らしと幸いを
           お祈り申し上げます。

           今年こそ奪還。
           拉致被害者に日本の地を踏ませよう。
           地被害者を家族の元に帰そう。
           
           救う会福岡は県民の皆様と共に出来ることを
           地道に倦まず弛まず持続します。
            1.署名活動
           2.啓蒙活動
           3.「拉致問題の早期解決の意見書決議」を
             残った14市町村で可決してもらう。

           本音も宜しくお願い致します。

          平成25年1月1日



          北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会
          代表: 辻 幸男           




          【事務局】






          [クリック!]

          経過報告会延期と第10回公判のお知らせ

          0

            ★ 経過報告
            会延期のお知らせ

            今週金曜日第10回公判の後、堀弁護士に今回裁判についての経過報告会を行う予定でありましたが、早朝ということもあり参加者が少なく延期することになりました。急な延期でご迷惑をおかけ致し甚だ申し訳ありません。来年1月に改めて行いたいと考えております。





            ★「朝鮮学校補助金差止返還訴訟」第10回公判のお知らせ



            場所 福岡地方裁判所301号法廷(303号法廷の場合もあります)  

            時間 12月21日(金)1030分


            傍聴を希望される方は10時15分までに301号法廷の前にお集まり下さい。

            市民の皆様のご参加をお待ちしております。




            福岡地方裁判所へのアクセス
             【住所】  福岡県福岡市中央区城内1−1です。
             【地図】こちらです。
             【交通手段】
              ●福岡市営地下鉄「赤坂駅」より大濠公園方面へ徒歩5分。
              ●赤坂門バス停(西鉄)又は平和台鴻臚館バス停(西鉄)より4分(両バス停の中間)
              ●西鉄福岡駅からは徒歩15分から20分




            ★ 結審近いかも?

            中島弁護士、堀弁護士によると、そろそろ結審になりそうなのだそうです。もしかしたら今回は最後の公判になるかも知れません。一人でも多くの方の傍聴をお願い致します。








            [クリック!]

            先日開催された「拉致問題を考えるみんなの集い」が配信されています。

            0


               先月26日に糸島で行われた福岡県と糸島市主催の「拉致問題を考えるみんなの集い」が県広報番組RKBふくおか見聞録で、12月15日に放送されたとのこと。それが県インターネットTVで配信されていると保護援護の方から教えて頂き早速拝見させて頂きました。


              よかったら皆様も視聴されて下さい。


              (福岡県ホームページ・インターネットTV)
              拉致問題を考える〜北朝鮮人権侵害問題啓発週間〜
              http://webtv.pref.fukuoka.lg.jp/ja/movies/detail/2092






              [クリック!]

              「朝鮮学校補助金差止返還訴訟」第10回公判のお知らせ

              0



                朝鮮学校補助金差止返還訴訟」第10回公判のお知らせ



                そろそろ結審か。


                 来週金曜21日に第10回公判です。

                 



                場所 福岡地方裁判所301号法廷(303号法廷の場合もあります)  

                時間 12月21日(金)1030分


                傍聴を希望される方は10時15分までに301号法廷の前にお集まり下さい。

                市民の皆様のご参加をお待ちしております。




                福岡地方裁判所へのアクセス
                 【住所】  福岡県福岡市中央区城内1−1です。
                 【地図】こちらです。
                 【交通手段】
                  ●福岡市営地下鉄「赤坂駅」より大濠公園方面へ徒歩5分。
                  ●赤坂門バス停(西鉄)又は平和台鴻臚館バス停(西鉄)より4分(両バス停の中間)
                  ●西鉄福岡駅からは徒歩15分から20分




                ★ 結審近いかも?

                中島弁護士、堀弁護士によると、そろそろ結審になりそうなのだそうです。もしかしたら今回は最後の公判になるかも知れません。一人でも多くの方の傍聴をお願い致します。




                ★ 経過報告
                が開催されます

                (延期になりました。日時は改めてお知らせ致します。)

                なお、堀弁護士が今回裁判についての経過を纏められますので、公判の終了後に経過報告会を行います。今まで傍聴に来られた方、或いは傍聴の機会を逸された方、この裁判の意味を改めて聞く良い機会になると思います。是非時間を作られてご出席下さい。








                [クリック!]

                12月定例街頭活動のお知らせ

                0

                  今年最後の定例活動です。 ご参加下さい!
                   


                  月定例街頭活動のお知らせ。



                  救う会・福岡、1月の定例街頭活動を次の通り行います。

                  場所 福岡ソラリア広場前(福岡市中央区天神2-11)


                  時間 11月10日(土) 14:00 〜 16:00


                  内容
                    ○ 署名活動

                    ○ 啓発活動



                  1000万人署名を目指した今年の署名活動。11月28日時点で1000万署名まで残り456,893筆となりました。後僅かです。最後まで1人でも多くのご署名を募る為皆さんのご協力をお願い致します。




                  ※ 幹事の方は打ち合わせを行いますので1時半に市役所南側玄関横にお集まり下さい。

                  ※ 北朝鮮が日本国民を拉致しながら未だに全員を帰還させないことに怒っているあなた。
                    是非ご参加下さい。一緒にビラ配りや署名活動をして下さい。


                  ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

                  北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会
                  代表 辻幸男
                  電話 090-1086-7008
                  E-Mail sukuukai_fukuoka@yahoo.co.jp


                  ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


                  [クリック!]

                  「朝鮮学校補助金差止返還訴訟」第10回公判のお知らせ

                  0
                     

                    朝鮮学校補助金差止返還訴訟」第10回公判のお知らせ




                    場所 福岡地方裁判所301号法廷(303号法廷の場合もあります)  

                    時間 12月21日(金)1030分


                    傍聴を希望される方は10時15分までに301号法廷の前にお集まり下さい。

                    市民の皆様のご参加をお待ちしております。




                    福岡地方裁判所へのアクセス
                     【住所】  福岡県福岡市中央区城内1−1です。
                     【地図】こちらです。
                     【交通手段】
                      ●福岡市営地下鉄「赤坂駅」より大濠公園方面へ徒歩5分。
                      ●赤坂門バス停(西鉄)又は平和台鴻臚館バス停(西鉄)より4分(両バス停の中間)
                      ●西鉄福岡駅からは徒歩15分から20分




                    ★ 結審近いかも?

                    中島弁護士、堀弁護士によると、そろそろ結審になりそうなのだそうです。もしかしたら今回は最後の公判になるかも知れません。一人でも多くの方の傍聴をお願い致します。




                    ★ 経過報告
                    が開催されます

                    なお、堀弁護士が今回裁判についての経過を纏められますので、公判の終了後に経過報告会を行います。今まで傍聴に来られた方、或いは傍聴の機会を逸された方、この裁判の意味を改めて聞く良い機会になると思います。是非時間を作られてご出席下さい。



                    時間:平成24年12月21日、午前11時より
                    場所:赤坂塚田ビル7階
                       福岡市中央区赤坂福岡市中央区赤坂1-11-13 

                    交通アクセス




                    [クリック!]

                    1000万署名に署名にご協力を!

                    0

                      福岡県民の皆様、1000万署名に署名にご協力を!


                       11月28日時点で1000万署名まで残り456,893筆となりました。
                       1人でも多くのご署名をお願い致します。







                      小川洋福岡県知事も賛同しておられます。


                      ∽∽∽∽∽∽(福岡県のホームページより)∽∽∽∽∽∽

                      http://www.pref.fukuoka.lg.jp/a06/kitachosen-shukan.html




                      「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」について

                       拉致問題解決に向けて、国民一人一人の認識をより深め被害者救出のための支援を行っていこうと、平成20年11月、知事有志が集まり早期解決を訴えるために会を設立。日本政府に対して、拉致問題の早期解決に関する要望等を行っています。
                       参加者

                       47都道府県知事(小川知事も趣旨に賛同し、参加しています)

                      北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会(事務局:新潟県)



                      知事の会からのお知らせ

                        平成24年度は、北朝鮮が拉致を認めてから10年目という節目の年にあたります。知事の会では、「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)」、「北朝 鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)」からの協力要請を受けて、取り組みに力を入れることとしています。

                       スローガン「すべての拉致被害者をすぐに返せ!」


                      1.国民大集会が開催されました

                          日時:9月2日(日曜日)午後2時から
                          場所:日比谷公会堂(東京都千代田区)(予定)
                          主催:家族会、救う会救う会署名用紙


                      2.1000万署名に署名にご協力を!

                       知事の会では、家族会、救う会が実施している1000万署名活動に協力しています。

                       署名にご協力いただける方は、救う会ホームページから署名用紙をダウンロードしてください。

                      救う会全国協議会
                      1千万人署名用紙

                      集めた署名用紙(原本)につきましては、お手数ですが下記送付先まで郵送(ファックス不可)をお願いします。

                      【署名送付先】

                      〒112−0013

                      東京都文京区音羽1−17−9050
                      北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)電話番号:03−3946−578



                      [クリック!]

                      横田夫妻か来られます。  平成24年度福岡県人権講演会「拉致問題を考えるみんなの集い」

                      0
                        (下に添付した県のビラからの引用です)




                        北朝鮮人権侵害問題啓発週間12月10日〜16日


                        (福岡県主催)  平成24年度 人権講演会


                        「拉致問題を考えるみんなの集い」


                        〜 すべての拉致被害者救出を 〜


                        北朝鮮による拉致問題の一日も早い解決のために、今、私たちにてきることは何かを一緒に考えて見ませんか。皆さん一人一人の思いや呼びかけが、拉致問題解決の大きな力になります。


                        日時:平成24年11月26日  13時30分〜16時(開演13時)

                        会場:糸島市人権センター 大会議室
                            糸島市前原東2丁目2−1 電話092−322−5095
                        入場料:無料(定員300名 先着順) ※手話通訳・要約筆記あり


                        内容:

                        ★ 「拉致被害者の家族からの訴え」
                           北朝鮮による拉致被害者家族連合会
                           横田 滋さん 横田 早紀江さん
                             (横田めぐみさんの御両親)

                        ★ 「拉致問題への取り組みについて」
                           北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会
                           代表  辻 幸男 さん

                        DVD上映
                        「拉致 私たちは何故、気付かなかったのか」


                        アクセス







                        ________________________________________________________

                        (福岡県 平成24年度 人権講演会ビラ no1)





                        ________________________________________________________

                        (福岡県 平成24年度 人権講演会ビラ no2)



                        [クリック!]

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        27282930   
                        << September 2020 >>

                        recommend

                        recommend

                        links

                        profile

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM