スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.09.21 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    [クリック!]

    1月定例街宣活動の報告

    0

      1月定例街宣活動の報告

      救う会福岡は1月13日(日)に福岡市中央区天神のソラリア前広場のバス停側歩道にて年頭情宣を行いました。
      今年最初の定期月例活動の報告です。

      熊本から増元るみ子さんのお姉さん平野フミ子さんがお出でになられました。「今年最初の活動で、おめでとうございますと言いたいですが、私の家ではるみ子が居なくなってからそんな気持ちになれないのです。」と最初に断られました。それを聞くとたまらない気持ちになります。

      昨年全国の皆さんが頑張ってくれたのに拉致問題は何も動きませんでした。10年前に5人の帰国者があって以来何も変化がありません。その為に中には私達に「いつまで同じ事をやっておられるのか」と批判される方もいます。併し、どんなに歯ぎしりしてもこの運動は国民運動です。「救う会」の活動には限界があります。救う会福岡は「県民の皆様と一緒にやれる活動を地道にこつこつ先頭に立ってやっていく」を目指しています。家族の皆さんと共に、県民の皆さんと共に歩む団体です。


      《今回の活動》

      署 名:    326筆

      募 金: 2,1731円

      参加者      18名
           平野フミ子、辻幸男、馬場能久、藤井守人、永尾逸子、野口勝
           牧野吉成、黒田光弘、大島一政、外村聖典、富田隆行、本山貴春、
           別府正寛、大森茂範、拂山裕一、吉岡勝也(佐賀大)、田原一樹(長崎大)
           白木源治郎
            (※順不同、敬称略)





      (01) 佐賀の大島一政さんと熊本の拂山裕一さんです。





      (02) 藤井さんは両刀使い。署名を求めることもマイクを握っての情報宣伝・啓発活動、どちらも来いの方です。






      (03) 久しぶりに参加の本山貴春さん。





      (04) 全九州ゼミの外村聖典さん。





      (05) 拂山さん頭下げすぎでない。でも、署名を頂くと本当にこういう気持ちになりますよね。他人事としてやってないからこうなるんですよね。「有難うごさいます!」




      (06) 増元るみ子さんのお姉さん平野フミ子さん。やっぱり家族の思いは桁違いと感じます。カメラとマイクはKBCの取材です。 






      (07) マイクを持った藤井守人さんです。左手が決まっています。これは藤井さんの考え方が無意識に出たものです。そういう人なんです。





      (08) 日本会議福岡の別府正寛さん。姿勢がいいですね。勿論主張の内容も姿勢同様にぴしっと決まっています。





      (09) 永尾さん。いつもお疲れ様です。





      (10) 佐賀大学の吉田勝也さん。今後とも宜しくお願いします。





      (11) 藤井守人さん。去年までの全国の署名数が970万人を超えました。お一人お一人の署名の積み重ねが970万人です。お一人の署名が有難いと思えるのが「救う会」の署名活動です。今年も頑張ります。





      (12) 平野さん。この報告を書くためにファインダー越しに平野さんを見る機会の多いのですが、この熱意がどうして伝わらないの??、この真剣な表情を見ているのに、切実な声を聞いているのに、どうしてもっと多くの人が足を止めて署名しようという気持ちにならないのかと悲しくなります。





      (13) 富田隆行さん。今回は仕事の合間をぬって来てくれました。この後直ぐに仕事に戻られました。






      (14) 長崎大学の田原一樹さん。若い魂が吼えています。きっと伝わりますよ。





      (15) 切々と拉致被害者の家族の思いを訴えられる平野さん。





      (16) 松葉杖で体を支えながら訴える救う会福岡代表の辻幸男さん。辻さんの強い言葉は心根が優しいことの裏返しです。





      (17) 毎月、下関から時間を作って出てこられる白木源治郎さん。拉致被害者を助けることを夢見て予備自衛官になった猛者です。






      (18) いつもは平野さん、永尾さん、鴨川さんが歌われる「故郷」。今回は最後に全員で歌いました。曽我ひとみさんがめぐみさんと一緒に歌っていたと語られています。平野さんは前の方で署名をさた方に話しかけられていました。永尾さんは旗に隠れてしまい、写真は男ばかりの合唱団になってしまいました。




       

      [クリック!]

      スポンサーサイト

      0
        • 2019.09.21 Saturday
        • -
        • 07:14
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        [クリック!]
        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>

        recommend

        recommend

        links

        profile

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM