スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.09.21 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    [クリック!]

    横田めぐみさん拉致から36年、拉致問題の進展は?

    0

      横田めぐみさん拉致から36年、

      拉致問題の進展は?

      辺真一 | コリア・レポート 編集長



      今日は横田めぐみさんが拉致された日である。早、36年経った。今もって、生死が判明していない。北朝鮮は「亡くなっている」と主張し、一方、日本は「生存している」との立場に立っている。
       

      特に安倍総理は生存を固く信じている。再三にわたって「13歳のときに人生を奪われためぐみさんの人生を取り戻さなければならない」「横田 めぐみさんのお父さんとお母さんが、めぐみさんをしっかりと抱きしめることができる日まで、全力で取り組んでいく」と公言しているからだ。一国の総理がそ こまで断言するわけだから、よほどの確信、確証があるのだろう。
       

      安倍総理は政権発足から2日後の昨年12月26日、横田夫妻ら拉致被害者家族会と面談し「もう一度総理の職に就いたのは、拉致問題をなんとか解決しなければならないとの使命感があったからだ」と語っていた。


      昨年の今日、日朝局長級協議がモンゴルで開かれ、北朝鮮による安否不明者の再調査や拉致問題に関する合同調査委員会の設置で話が進んでいたが、北朝鮮によるミサイル発射や民主党から自民党への政権交代で頓挫してしまった。


      安倍総理のカムバックを歓迎した飯塚繁雄代表と横田めぐみさんの両親は4年ぶりに再開された日朝局長級協議が「とにかく途切れないように」と早期再開を訴えたが、この1年間、日朝協議が再開されることはなかった。


      横田夫妻らにとって「必ず私の内閣で解決するという思いで進んでいきたい。言葉だけでなく、実際に結果を出していきたい」との安倍総理の言葉を信じるほかない。

       

      辺真一


      コリア・レポート 編集長


      東京生まれ。明治学院大学(英文科)卒業後、新聞記者を経て、フリージャーナリストへ。 1982年 朝鮮半島問題専門誌「コリア・レポート」創刊。 1986年 テレビ、ラジオで評論活動を開始。 1998年 ラジオ短波「アジアニュース」パーソナリティー。 1999年 参議院朝鮮問題調査会の参考人。 2003年 海上保安庁政策アドバイザー。 2003年 沖縄大学客員教授。


      2013年1



       

      [クリック!]

      スポンサーサイト

      0
        • 2019.09.21 Saturday
        • -
        • 21:05
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        [クリック!]
        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>

        recommend

        recommend

        links

        profile

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM