スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.09.21 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    [クリック!]

    説明会での配布文書 -特定失踪者問題調査会代表 荒木和博

    0

      ■説明会での配布文書

      本日13時から内閣府で行われた外務省伊原局長らの説明会にあたり、出席者に以下の文書を配布しました。

      ---------------------------------------

      平壌への担当者派遣に反対する

      1、「特別調査委員会」などというものが虚構であることは誰の目にも明らかである。その説明を聞くために日本政府の担当者が北朝鮮に赴くことは何の解決にもつながらないばかりか「説明した」という口実を北朝鮮側に与えるだけである。

      2、そもそも拉致は北朝鮮による国家犯罪、戦争行為であり、被害を受けているのはわが国である。その根本を忘れてはならない。

      3、責任を問われることを恐れる余りさらに大きな失敗をくり返すという愚は断ち切るべきである。政治判断によって一旦この流れを断ち切り、情勢を分析して新たな対応をすべきである。

      4、 いずれにしても、この交渉で全ての拉致被害者が帰国することはあり得ない。全ての拉致被害者を帰国させるためには北朝鮮がそうせざるを得なくなるような圧 力が必要であり、より強い制裁、国内における北朝鮮工作員・協力者の摘発、さらに全ての可能性を考慮した準備を総理・官房長官のリーダーシップのもとに進 めるべきであると確信するものである。

      平成26年10月1日

      特定失踪者問題調査会代表 荒木和博
      -----------------------------------------
       

      [クリック!]

      スポンサーサイト

      0
        • 2019.09.21 Saturday
        • -
        • 15:04
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        [クリック!]
        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << November 2020 >>

        recommend

        recommend

        links

        profile

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM