スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.09.21 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    [クリック!]

    北朝鮮に未来を描かせないためにやるべきこと‐東京連続集会報告2

    0
        ★☆救う会全国協議会ニュース★☆

      (2015.05.25-2)

      北朝鮮に未来を描かせないためにやるべきこと‐東京連続集会報告2


      ■北朝鮮に未来を描かせないためにやるべきこと


      ◆国際社会は核・ミサイルで制裁、日本は人道・人権でも制裁

      西岡 力

      ありがとうございます。今国際社会についての訴えについてまとめていただきましたが、最後の点が非常に重要だと思います。つまり、拉致を含む人権問題で国際社会は北朝鮮に制裁をかけるべきだということを強く言いましょうということです。

      世界は北朝鮮にずいぶん制裁をかけています。基本的には国連の安保理決議に基づく制裁です。安保理事会の決議は何を理由にしているか。核実験とミサイル実験です。それを理由に、ぜいたく品と軍事関係の物の貿易を禁止しています。あとテロ資金の移動の禁止などです。

      日本はこの制裁をもちろんやっていますが、これに加えて拉致問題があるので、人道支援さえ止めています。すべての貿易を止めているのです。すべての船の入港も止めています。そこで国際社会に対して日本のところまで一緒に上がってきてほしいということです。人権を理由に一緒に制裁をしましょうという訴えをされたということです。

      そのことも含めて先生にお聞きしたいのは、北朝鮮は「このまま圧力をかけ続けると交渉はできなくなる」と脅してきましたが、安倍総理は逆に、「拉致が解決しなければ未来を描くのが困難だと認識させる」と言い返しています。

      民主党の立場から、その安倍総理の発言をどう評価するか。私は多分同じ気持ちだと思いますが、その場合に、具体的に、未来を描かせないことが日本にできるのか、そのためにオールジャパンで何をすべきなのかです。



      ◆「待ち続けます」と答弁した外務省、

         制裁再発動、総連本部の管理を日本がやるべき



      渡辺周 来週月曜日の夕方に、拉致対策委本部の会合をやります。民主党にも高木義明さんという旧民社党系の方がおられます。国対委員長をやっておられます。松原仁元大臣もいます。

      このタイミングでやるというのは、当然ストックホルム合意から、日朝再協議なるものから1年たって未だ何の成果も出ていないからです。先日ある議員が、拉致問題の特別委員会で質問するために外務省を呼んで、事前に質問内容を通告していました。「一体これはいつまで待つつもりなんだ」と聞いて外務省が何と言ったかというと、「待ち続けます」と。

      こんなのはありえない。北朝鮮は拉致被害者がどこにいるか完全に把握しているわけです。調査するなんてでたらめな話なんです。その気があったらできることです。なのに外務省は、「向こうから誠意ある回答がくるまで待つ」なんて、こんなのんきなことを言っていられるわけがないんです。当たり前です。

      もう1年ですから区切りをつけて、制裁を再発動することについて、今は送金の届出額を上げました、人の往来も認めましたが、とにかく北朝鮮の嫌がることをやろう。

      もう一つは朝鮮総連の建物に対して、我々がどうやって彼らの嫌がることに関与するかです。これは非常に興味深いことを、一緒に行った脱北者の木下さんが言っていましたが、なるほどなと思いました。

      帰還事業で帰った方々の中に、千代田区富士見の本部について、近くに議員宿舎がありかつて私も住んでいましたが、北朝鮮の中で金日成時代あるいは金正日時代に朝鮮総連の人間が何を言ったか。「日本の天皇陛下が住んでいる皇居よりも標高の高い所に我々の共和国の旗が翻っています」と報告をするんだそうです。

      これは脱北者者の方がおっしゃったことです。なるほど、と。北朝鮮にしてみると、皇室がお住まいになっていらっしゃる皇居よりも、わずか数メートル高い、確かに近くの靖国神社は九段下から坂を上っていきますので少し高いですよね。そんなことが彼らのこだわりなのかもしれませんが、総連の本部は皇居より標高の高い所にある。そこに共和国の旗が翻っているんだと得意満面で、枕詞にして言っていたそうです。

      だから彼らにとっては、総連の本部というのは何よりも守りたいヘッドクォーター、司令塔ですので、彼らの一番嫌がるこの総連の土地建物をどうするか。

      それから先日、その質問に立った議員に僕は少し知恵をつけたんですが、拉致をした実行犯はもとより、その協力者、朝鮮総連の中にいる、今もその連中が日本の国内にいる。この協力者に対して捜査しないのか、と山谷大臣、国家公安委員長に質問しました。

      議事録を見ていただければ分かるんですが、いつも通りの答弁で、「様々な可能性を考えて情報収集をしているし、やるべきことはやる」という話ですが、そこをもう1回、拉致に関わった総連の人間に関する情報を出せ、捕まえろ、と。マツタケで捕まえられるんだったらもっとひどいことをやった人間を捕まえろ。そして何よりも総連のビルについては、あらゆる法律を駆使して、もう1回日本国が管理をして、総連のビルの中で総連の人間を出入りさせないようにする。

      そういうことも併せて検討、準備することで、この1年成果のない日朝協議は、そろそろそれが見えるようにやらなければならない。民主党がどうこうというより、これは本当に、拉致議連も含めて、官邸が少し今トーンが下がっていると感じるものですから、とにかく官邸に対してそれくらいのことをやれということを国会が、政治がやるという姿勢を示したいと思います。

      西岡 ありがとうございます。実は渡辺先生は民主党政権時代、防衛副大臣をされていました。その立場から、秘密のこともあるので言えることと、言えないことがあると思いますが、北朝鮮が混乱事態になったときにどう助けるのか。そういうことについて日本政府は何をやっているのかということについても、当時は政府の中で防衛相の人たちを叱咤激励してくださったと聞いているんですが、その中でここで話せる部分があれば。



      ◆北朝鮮が崩壊し主権がなくなったら、特殊部隊が外務省職員を護衛しつつ救出

      渡辺 周

      これは先日、特定失踪者問題調査会の荒木さんたちが、予備自衛官ブルーリボンの会をやっていた時、ちょうど国会が本会議で、国会の会議は突然前の日に出たりします。これは国会のかけひきですが、我々は行かれなかったんですが、北朝鮮でこれから側近が次々に粛清されるような異常事態の中で、もし例えば金正恩が側近に暗殺された場合、自分が殺されるくらいならこいつを亡き者にしようということが起きるかもしれない。

      北朝鮮の主権は我々はもともと認めていませんが、国家でなくなって崩壊状態になってしまった時に、日本国政府として邦人保護は国家の使命ですから、拉致被害者を救出するために何ができるかということ。

      これは私が防衛省にいた時に秘かにやったんです。もちろん、他国に邦人救出を頼むとしても、受入国の同意がなければ主権国家である他国に入って活動することはできません。警察然り、自衛隊然りです。

      しかし、北朝鮮で主権がなくなってしまった、つまり国家がカオス(混乱)状態の時にどうしたらいいかということを、実は検討しました。実際の所、答えはまだないんです。

      しかし、邦人保護を考えた時に、被災地に取り残された人のことを思えば、あるいは(チュニジアの)クーデターでフェイスブック革命、ジャスミン革命と言われる中で、在留邦人が逃げられなかったことがあります。

      こうしたことを考えると、やはり救出に行くんだと。そのために一昨日国会で質問しました。2005年からずっと呼びかけ続けているラジオ「しおかぜ」があり、このことを特定失踪者問題調査会の方々からいただいて質問したんですが、国境を越えて唯一届けられるのは電波です。手紙も届かなければ、人が行くこともできない。しかしあの北朝鮮に送れるのは短波であり中波である。

      しかし、NHKも総務省もできない理由ばかりあげるものですから、「安倍政権はオールジャパンでやると言っているのになんだその態度は」と。高市総務大臣はできない理由を一生懸命あげていました。

      「なかなか困難だ」というから、「困難なことをやるのにそんなことをこちら側から言ったらだめだろう」ということでだいぶ厳しく言ったんですが、とにかく北朝鮮が崩壊する時には「しおかぜ」の電波を使って、「どこに集まってくれ」と日本人に呼びかける。毎日決まった時間に、「どこに集まってくれ」、「聞こえてる日本人の皆さんここに来てくれ」と。これはもう呼びかけ続ける。

      それに対して、私たちは、主権なき北朝鮮になった場合、ここから先は私の思いですが、習志野に特殊部隊がいるんです。第一空挺団といいます。アメリカのシールズ(Navy SEALs、海軍特殊部隊)みたいな特殊な訓練を受けた組織です。

      例えばこういう人たちにガードしてもらって、外務省の職員が邦人保護ということで行ったらいいんです。外務省の職員の身分に切り替えて、北朝鮮にどうやって入っていくか、空から入るか、海から入るか、中国から入るのかですが、そういう可能性を考えておかないといけないと思います。

      これからは、水面下の議論ではなく、見えるように私たちはそういう可能性を検討していきたいと考えています。


      西岡 力

      この問題は本当にオールジャパンで考えていくということですが、先生はずっと前からやってくださっていて、ニューヨークに2年前にも行かれたと言われましたが、その前から何回も我々と一緒に訪米もしていただきました。身体を張って最後までやってくださる先生の一人です。

      ここであまり全部はしゃべっておられませんが、防衛副大臣になったらすぐ(官僚を)呼び出して、どうなっているんだと言ってくださっていることを横でも聞いていました。

      まさにここ数か月が山だと思います。そういう中で、取り戻すという1点にかけて最前線で戦ってくださっている先生を今日及びできて感謝しています。ありがとうございました(拍手)。

      渡辺

      最後に一言だけ。やはり、私たち自身が絶対取り戻すんだということです。核の問題やミサイルの問題は、これは安全保障上の問題であり、外交上の問題ですが、拉致の問題を言い続けられるのは日本国しかない。

      そして世界の中でこの情報を持っているのは、やはり西岡先生をはじめとした皆さんとともにやってきた家族会・救う会の皆さんであり、私たちが先頭に立っていかないと世界の国が動いてくれない。その思いを今日、共有していきたいと思います。今日はどうもありがとうございました(拍手)。

      (3につづく)



      ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
      ■安倍首相にメール・葉書を
      首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
      下記をクリックして、ご意見を送ってください。
      [PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
      [携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

      葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

      ■救う会全国協議会ニュース

      発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
      TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784  http://www.sukuukai.jp
      担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
      〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
      カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
      みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
      ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

      [クリック!]

      スポンサーサイト

      0
        • 2019.09.21 Saturday
        • -
        • 09:07
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        [クリック!]
        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << November 2020 >>

        recommend

        recommend

        links

        profile

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM