スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.09.21 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    [クリック!]

    責任者   −荒木和博−

    0

      【調査会NEWS2034】(27.11.9)

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      ■責任者

                                             荒木和博

      拉致問題に19年近く関わってきて、今頃こんなことを言うようでは呆れられるかもしれませんが、週末、この国には拉致被害者を救出する責任のある国家機関はないのではないかと、ふと思いました。

      例えばどこかの町で火事が起きたとき、消防署が放置していれば署長の責任が問われるのは当然です。先日のペルー人の埼玉での連続殺人事件でも逃亡を許した警察の責任が追及されています。

      しかし拉致は、政府が認めているだけでも未遂も含めて14件21人もが被害にあっており、14人は未だ救い出されていないのに、その責任は誰も問われていません。もちろん、14人以外の被害者については、「認定の有無にかかわらず」という言葉でごまかしているだけで、実質何もしていないに等しい状態です。

      現状が続いている責任はどの機関・部署にあるのでしょうか。外務省なのか、警察なのか、防衛省・自衛隊なのか、官邸なのか。少なくとも農水省ではないはずで、責任のない役所をはずしていけばどこに責任があるか明確になるでしょうし、責任がある人間は救出ができないなら責任をとらなければなりません。それがはっきりすれば責任を負わされた人間は必死になってやるのではないかと、あらためて思いました。

      「オールジャパン」が全員の責任=全員の無責任であってはなりません。誰に責任があるのか。今度大臣に会ったら聞いてみようと思います。あるいは国会で質問してもらった方が良いのかも知れません。誰にも責任がないという答弁はできないはずです。何を今更、というような話ですが、もう一度本質を考え直す必要があると思いました。


      ======== 引用終了 ========


      ※この荒木先生の記事を読んだ感想。

      拉致は北朝鮮政府による日本国民の拉致という国家犯罪である。主権侵害である。簡単に言えば直接侵略である。

      この場合、警察は個別の事件の犯人の特定と拉致が何のために如何にして行われたかを特定する部署であり、拉致被害者救出の責任者ではない。素人から見たら責任者は政府である。担当者は先ずは外務省である。併し、外務省では救出(解決)不可能という答えは出た。ならば外務省の役割は終えた。政府は担当者を防衛省に交替させなくてはならない。

      日本政府のなすべきことは、拉致被害者全員を北朝鮮から奪い返し、事実を究明し、その責任者を処罰し、主権を回復することだ。北朝鮮政府による日本国民拉致は直接侵略である。我が国は直接侵略に対しては自衛権を放棄していない。戦いを放棄していない。国際紛争を解決する手段としての戦争を放棄していても、武力以外の敵対行動を放棄したことなどない。

      つまり、国内外での北朝鮮政府転覆運動は出来るのだ。我が国領土領海及び公海において自衛隊が基地や艦船から強烈な電波で日本と世界の情報を流し、北朝鮮政府転覆工作を行って良いのだ。北朝鮮に侵入して或いは外部に北朝鮮政府転覆の拠点を設けることも出来る。それだけではなく、世界の全ての国々と組織に北朝鮮の人権抑圧を繰り返し繰り返し知らせて北朝鮮政府との交流や貿易をさせないようにリードする。無人機で北朝鮮上空からビラを撒くことも出来る。それは主権侵害には当たらない。国民を拉致され、直接侵略を受け、主権を侵害された側の当然の報復の権利である。

      それが今日までなされてなかったのは、政府にも外務省にも本気で日本国民を守る気迫がなかったからだ。外務省にとっての拉致問題は、日朝国交正常化のための邪魔者という位置づけに過ぎない。だから、国家主権が侵害されたにも関わらず、拉致問題を遺骨など他の問題などとからめて交渉できるのである。

      「拉致された日本国民全員を救出し主権を回復する。」、これが日本政府の北朝鮮に対する交渉の唯一の目的でなくてはならない。その後のことは拉致被害者全員が帰国した後でなすべき事に過ぎない。それでは話し合いが出来ないというならば外務省はお役御免。話し合いは防衛省が今までとは違う別なチャンネルを作れば良い。そして警察も外務省も全省庁も防衛省の指揮下に入り武力以外の全ての手段を行使し北朝鮮政府転覆を工作すれば良いのである。ヤクザ相手に守勢に回るのは愚の骨頂。ヤクザの思う壺、彼らの罠にはまるものだ。攻勢に出て中途半端ではなく組織そのものを潰してしまわねばならない。「それがいやなら全員を返せ。拉致の全てを明らかにせよ。関係者全てを日本に引き渡せ。」という答えしか用意してはならない。
       

      [クリック!]

      スポンサーサイト

      0
        • 2019.09.21 Saturday
        • -
        • 08:57
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        [クリック!]
        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        282930    
        << June 2020 >>

        recommend

        recommend

        links

        profile

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM