スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.09.21 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    [クリック!]

    「拉致被害者救出と自衛隊」に出席して感じたこと。

    0


      「拉致被害者救出と自衛隊」に出席して感じたこと。

      先日熊本で行われた「拉致被害者救出と自衛隊」(予備役ブルーリボンの会主催)に出席して一番感じたことは「私達(国民)がこれからやるべきことは、声を上げて政治を変えること。」(荒木先生)という言葉でした。

      拉致問題がこれだけ長期間解決できない大きな原因の一つは、戦後日本の民主主義の偽善、未成熟にある。民主主義の基本は個の覚醒である。だが、今の日本にはそれがない。

      民主主義の偽善や未成熟とは何か。簡単な事である。自分というものをよく見たら直ぐ分かることだ。自分って民主主義が言う程そんなに素晴らしいですか。自 分の偽りなき姿を一番知っているのは自分である。私は自分が素晴らしいかと尋ねられたら恥ずかしくて顔を上げられない。だが、私の中にある日本は素晴らし い。私は自分を恥じつつも祖国日本に誇りを持つ。日本の一員であることに誇りを持つ。国家(公)の自覚無き個などちっぽけなちっぽけなちっぽけな我欲にま みれた存在に過ぎない。そんなものに頼って自己実現など出来るものではない。自己の根源を自覚して始めて本当の自分を実現することが出来るのだ。本当の人 間や本当の自分を知らずして民主主義などあるものか。祖国への愛と誇りなき民主主義など語るに足りない。

      今の日本の民主主義というものは非常に怪しげである。政府とか権力としての日本と自己の根源としての日本をごちゃ混ぜにして、自己の根源としての日本を無 くそうとしているのが今の民主主義である。この憲法は占領軍が作った。占領軍は自分達が作ったことが日本国民に分からない様に徹底的な検閲をした。その憲 法が怪しげなのは当然だろう。

      民主憲法と言われるが、日本国憲法の実体は民主憲法ではなく占領軍による占領基本法である。それを隠して日本国と日本国民を詐称しているのだ。憲法で最も 大事なものはその制定精神だ。この日本国憲法と嘘称する憲法の制定精神は何か。日本の破壊である。前文を読んでそれが分からぬと言うならそれは人間の心を 失っているからだ。憲法学者というのは占領憲法に這いつくばる人間のこと。人間である誇りと日本人であることの誇りを失った御用学者のことだ。憲法があっ て日本があるのでない。日本があって憲法があるのだ。憲法があって人間になるのではない。日本があって人間になるのだ。

      拉致から40年、梶山静六氏が国会で北朝鮮による拉致を日本政府として公式に認めて28年(※)、金正日が拉致を認めて13年。この自覚がないから、これほどの時間がかかっているのに解決できないのである。

      ===================================

      wikipediaによると「北朝鮮による日本人拉致を認める政府初の公式答弁」として、

      1988年3月26日、参議院予算委員会で日本共産党の橋本敦が、1978年7月から8月にかけて福井県(地村保志・濱本富貴惠)・新潟県(蓮池薫・奥土 祐木子)・鹿児島県(市川修一・増元るみ子)において発生した若年男女の行方不明事件、富山県高岡市で発生した若年男女の拉致未遂事件、さらに「李恩恵」 (田口八重子)及び金賢姫等について質問を行う。これに対し当時国家公安委員長であった梶山は、

      「昭和53年以来の一連のアベック行方不明事犯、恐らくは北朝鮮による拉致の疑いが十分濃厚でございます。解明が大変困難ではございますけれども、事態の 重大性にかんがみ、今後とも真相究明のために全力を尽くしていかなければならないと考えておりますし、本人はもちろんでございますが、御家族の皆さん方に 深い御同情を申し上げる次第であります」 — “参議院予算委員会”. 15. 第112回国会. (1988-03-26)

      と答弁した。これは北朝鮮による日本人拉致事件の存在を政府が認めた初めての公式答弁である。これに続き外務大臣宇野宗佑は「我々の主権が侵されていたと いう問題」「全くもって許しがたい人道上の問題」「強い憤り」「主権国家として当然とるべき措置はとらねばならぬ」と答弁。法務大臣林田悠紀夫は「我が国 の主権を侵害するまことに重大な事件」「判明したならばそこで処置」と、更に警察庁警備局長城内康光は「一連の事件は北朝鮮による拉致の疑い」「既にそう いった観点から捜査を行っている」と答弁し、北朝鮮による日本人拉致について政府の認識を示した。

      ===================================

      とある。歴代政府は北朝鮮による拉致を「主権侵害」となし「全力で取り組む」と表明してきた。にも関わらず今も解決できていない。28年間も国家の根幹で ある主権、一億二千七百万の国民が全体として有する主権が侵害されているにも関わらず日本政府は何故解決できないのか。これでは政府が国家と民主主義の破 綻に協力しているのと同じだ。そういう目で外務省を見てもらいたい。政府を見てもらいたい。時間は真実を覆い隠すことは出来ない。28年という時間が示す 真実は、外務省も政府も日本国憲法を守る存在であって、日本と日本国民を守る存在ではないということだ。

      日本国憲法には日本国と日本国民を守る意思と誇りがない。それがこの憲法を民主憲法・平和憲法と教えられ信じて育った日本国民から日本国と日本国民を守る意思と誇りを失わせている。それが北朝鮮から国民を取り戻せない本当の原因なのだ。

      拉致は侵略である。北朝鮮の軍人が行った侵略である。北朝鮮の軍人が行った主権侵害である。それがハッキリ分かっているにも関わらず国民を取り返せない。 戦争は憲法が禁じているというなら、何故戦争以外の対抗手段を自衛隊に取らせないのか。「憲法の制約がある。」というのは何もしないことの言い訳にしか過 ぎない。28年という月日はそんな言い訳を許す時間をとっくに過ぎている。どうしようもないというなら、正直に国会で「日本国憲法では北朝鮮から拉致被害 者を救出できませんし、国民の持つ主権も回復できません。」と言えば良いではないか。その後は国民が判断する。国民を信じて全てを明らかにせよ。それが民 主主義である。荒木先生の言われた「私達(国民)がこれからやるべきことは、声を上げて政治を変えること。」はそれであり、「拉致被害者救出と自衛隊」を 開催された真意で有ろうと愚考する。 (平成28年1月17日)


      [クリック!]

      スポンサーサイト

      0
        • 2019.09.21 Saturday
        • -
        • 09:13
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        [クリック!]
        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << November 2020 >>

        recommend

        recommend

        links

        profile

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM