北朝鮮に拉致された日本国民を救い出せない日本に未来はない。

0

    北朝鮮に拉致された日本国民を救い出せない日本に未来はない。

     

    ※以下は荒木先生の「尋ね人」を読んで心に沸き上がった思いである。

     

     

    救う会福岡は「拉致は侵略だ」と訴えています。その理由は、国民の生命を日本政府が余りにも軽視しているからです。外務省が邦人保護に余りに無無関心だからです。領土が1僂任眞イ錣譴燭蘓略=主権侵害です。ならば、国民が一人でも奪われたら侵略でありましょう。それが民主社会に於ける常識ではないのですか。政府は拉致は主権侵害と言いながら、その事実から逃げています。

    主権を侵害されたら直ちに国力を傾けて回復すべき義務が政府にはあります。事件発生から約40年、国会で梶山静六国家公安委員長(当時)が北朝鮮による拉致の可能性に言及して28年。金正日が拉致を認めて14年。

     

    日本の国防とは、日本の安全保障とは、領土を守ることだけを言うのか。国民の生命をかくも軽んじておいて何が民主主義か。北朝鮮による拉致の疑いがあると分かっていながら30年も助け出さないで何が独立国家か。政府は何をやっているのか。外務省も自衛隊も何のためにあるのか。笑止千万である。

     

    「憲法の制約がある」。嘘だ。現行憲法が放棄したのは国際紛争解決の手段のための「戦争」である。そのことに気がつけば、日本政府が全ての国力を傾けて拉致被害者の救出に当たっていると考える国民など一人も居るまい。

     

    自衛隊が北朝鮮に拉致された日本国民の安否を探ることは憲法違反ではない。憲法は情報収集を禁止していない。そして、自衛隊と外務省は何故に、我が国民を拉致し我が国の主権を侵害したまま、返そうともせずふんぞり返っている北朝鮮政府の破壊工作を行わないのか。国民を拉致し主権を侵害した外国政府の破壊工作も憲法は禁止していない。

     

    荒木先生の書かれた「尋ね人」にある、

     

    「私たちにも警察にも届出をされない失踪者のご家族は多数おられます。」
    や、
    「どうせ帰ってこないから」とか、−中略−思ってそのままにしているケースも少なくないと思います。
    に、日本国崩壊の足音が聞こえる。

     

    失踪者の家族が届出を出さない理由の中に、「日本国に対する信頼」が失われている場合があると感じるからだ。

     

    「民、信なくんば立たず」と言う。これは「論語」の顔淵第十二にある、

     

    子貢問政、子曰、足食足兵、民信之矣、子貢曰、必不得已而去、於斯三者、何先、曰去兵、曰必不得已而去、於斯二者、何先、曰去食、自古皆有死、民無信不立。

     

    【読み】 子貢(しこう)、政(まつりごと)を問う。子曰(い)わく、食を足し兵を足し、民をしてこれを信ぜしむ。子貢曰わく、必ず已(や)むを得ずして去らば、斯(こ)の三者(さんしゃ)に於(おい)て何(いず)れをか先きにせんや。曰わく、兵を去らん。曰わく、必ず已むを得ずして去らば、斯の二者に於て何ずれをか先きにせん。曰わく、食を去らん。古(いにしえ)より皆死あり、民は信なくんば立たず。

     

    【意訳】 子貢が、「政治の根本とは何か」と問うた。孔子答えて曰わく、「民の食を足らし、国土と国民を守る為の兵を足らし、民をして政治を信ぜしむにある」と。子貢がさらに質問した。「やむを得ずして省くかざるを得ないは、この三つにの中でどれを最初に省きますか」と。孔子答えて曰わく、「兵を去らん」。子貢は更に問うて曰わく、「では、それでもまだどちらかを省かねばならぬ時は、いずれを省けば宜しいでしょうか」。孔子答えて曰わく、「食を去らん。古(いにしえ)より皆死あり、民は信なくんば立たず」と。

     

    孔子の思いの深さに涙を禁じ得ない。「食を去らん。古(いにしえ)より皆死あり、民は信なくんば立たず」と示し得る為政者が現代に一人でも居るのか。これは口先の言葉ではない。人間の真実を求め、確信した者が、万民を救済する確信において吐いた言葉である。

     

    「民、信なくんば立たず」は政治の根幹中の根幹だ。この政治が国から失われたら、如何に物質的に反映している国家も間もなく崩壊する。国民が人間として生きていくには信が必要だ。父母を信じ、兄弟を信じ、祖国を信じる心が必要なのだ。この「信」がなくては、人は人として生きて行けぬ。

     

    今の日本が何を失っているのか。何故に拉致事件を私達が解決出来ないのか明らかではないか。北朝鮮で救いを待つ日本国民の信頼に日本政府と日本国民は応えようとしているのか。北朝鮮に拉致された日本国民を救えない国家に未来なんぞ無い。

     

     

    __________________________________

    【調査会NEWS2311】(28.10.11)

     

    <尋ね人>
        荒木和博

     

     前回の続きのような話ですが、しばらく前に新聞のコピーを見ていて尋ね人の広告に「正和 何も心配せず桶川に連絡して下さい 姉美智子」というのを見つけました。昭和63年(1988)1月28日付の読売新聞。
     
    「正和」とは前年昭和62年(1987)11月末に大宮市(当時)のアパートから失踪した佐々木正和さん。広告を出したのはお姉さんの美智子さんです。それ以上のことはないのですが、この広告は何となく気になって机の横にずっと貼ってあります。お姉さんは9月17日の国民大集会にも参加されていました。広告からもう28年経つのだなと、ふと見ていて思った次第です。

     

     私たちにも警察にも届出をされない失踪者のご家族は多数おられます。家族がいなくなったこと自体がご近所に格好が悪いという場合もありますし、拉致ではないかと思っていても、「どうせ帰ってこないから」とか、「自分の意志で行ったのだろう」とか思ってそのままにしているケースも少なくないと思います。

     

     拉致をされているのではないかと思えば、何もできないことに負担を感じざるを得ません。私たちも大抵の場合「絶対に拉致です」とは言えず、しかし拉致の可能性があるならその面から調べましょうという、アクセルとブレーキを一緒に踏むような話で、ご家族には負担をかけるばかりです。

     

     それで直ぐに拉致かどうか分かる、あるいは拉致であるなら取り返せるというのなら良いですが、そうはいかない。内心忸怩たる思いで日が過ぎていきます。この思いは調査会がある限り続くのでしょう。それでも、ともかくやり続けるしかありません。

     

     佐々木さんの広告の隣には「早く帰って! 洋子」という別の尋ね人広告がありました。このご家族は再会できたのでしょうか。

     

     

     


    [クリック!]

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.03.30 Thursday
      • -
      • 08:02
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      [クリック!]
      コメント
      こんな連中が日本にいる限り日本に未来は無い。

      『レイプ隠蔽慶応大学広告学研究会の皆様です
      代表の中須磨奎和、川岡仁、中納涼、飯田基樹、田中佑樹、吉川雅人、平澤日向、冨岡恵大、辺土名玄。財務省と経団連幹部のクソガキども、粉々にしてやるよ。』

      長年に渡り多数の被害者がいる様だが、帰化チョン半チョン珍味連中のヤリ口はワンパターン↓

      Prince Crimson: 究極のストーカー
      その時彼女は「実は」と。衝撃的な話だった。実家の隣の駅に出雲大社の分社があって、彼女は短大のときに巫女をしていた。そこで神主の一人だった30代の男と知り合ってカノジョになった。その後で知ったことだが、彼は1992年の紀元節つまり02/11に自民党本部に押し入って籠城した右翼。刑務所に服役して釈放されてから元カノジョの隣駅の神社の寮に。18歳のカノジョは神職衣装など徹夜で洗濯させられたり酒を飲んでは暴力を振るわれたりして逃げた。ところが粘着な神主は街頭宣伝車で、実家とかバイト先の喫茶店とか短大まで押し寄せてはスピーカーで怒鳴る。その右翼業界では有名な出雲大社の神主は、相原修という。彼は2009年9月6日に東北自動車道で交通事故で死んだ。

      コレに関わった多数の朝鮮右翼が勤労奉仕とかで皇居に入り込んだりしてないだろうね…

      背乗り要員、偽装婚、プチエンジェル紛い、ヤミ臓器移植等の犯罪から児童を守れ!!

      竹田恒泰とともに「日本を楽しく学ぶ」団体『竹田研究会』を設立し、同団体の幹事長、『竹田研究財団』常務理事として活動していた前山亜杜武が、国の助成金詐欺で9月27日、東京地検特捜部に逮捕。前山容疑者は会社を経営する実業家だが会社で業績が悪化して従業員の教育訓練をしたように装い、「中小企業緊急雇用安定助成金」を総額4700万円詐欺。その消された「NPO法人あきらめない」役員一覧から、平成20年9月1日公表分を入手。
      名誉会長 竹田恒泰(旧皇族、作家・慶應義塾大学講師)理事長前山亜杜武、この二名を筆頭に、18名の名と社名が並んでいる。特別顧問は安倍内閣で副大臣を務める自民党議員Yの名も。そして理事の中にこの名前を発見。
      唐澤誠章(株式会社ベンチャー・オンライン代表取締役)この人物は、前山容疑者とともに助成金詐欺を行った犯人で、9月27日に前山とともに東京地検特捜部に逮捕されている。

      • 卑劣な朝鮮右翼
      • 2016/10/19 10:24 AM
      博報堂、電通、大和証券、プレデンシャル、新光証券には大量の強姦魔が在籍

      極悪非道なやり口で女性を脅し支配下に置く。マスコミや大手広告代理店などに「お土産」として持参しつつ自分も入社。
      入社後も出世や取引のために、肉体接待要員として使えるだけ使い倒す。これ以上持たないというところまできたら、同じように支配下のスポーツ選手や芸能人に嫁としてあてがう。旦那の稼ぎも子弟の入学・就職も自分たちの手の届く範囲、胸三寸でどうにでも意のままになるから叛逆して不都合な真実が表沙汰になることを避けられる

      ↑この構図を維持する仕掛けが大アジア主義と朝鮮右翼=清和会系とヤラセの民進党

      • stop the 帰化チョン半チョン
      • 2016/10/20 11:19 AM
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      recommend

      recommend

      links

      profile

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM