スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.09.21 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    [クリック!]

    映画「クロッシング」がいよいよ上映!

    0
      あの話題の映画が、いよいよ上映されます。
      福岡でもKBCシネマで近日公開予定です。 http://www.h6.dion.ne.jp/~kbccine/
      是非、ご覧下さい!特に在日朝鮮人の方は、絶対に見るべきです!

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      第81回 アカデミー賞外国語映画賞・韓国代表作品
      第13回 ハリウッド映画祭グランプリ受賞


      クロッシング

      世界を揺るが収容所国家<北朝鮮>
      脱北と引き裂かれた家族の衝撃!


      北朝鮮の炭鉱の町に住む三人家族。
      炭鉱で働くヨンスは、妻・ヨンハと11歳の一人息子の
      ジュニとともに、貧しいけれど幸せに暮らしていた。
      ある日、ヨンハが肺結核で倒れてしまう。

      北朝鮮では風邪薬を入手するのも難しく、
      ヨンスは薬を手に入れるため、危険を顧みず、
      中国に渡ることを決意する。 決死の覚悟で国境を越え、
      身を隠しながら、薬を得るために働くヨンス。
      脱北者は発見されれば容赦なく強制送還され、
      それは死をも意味していた。その頃、北朝鮮では、
      夫の帰りを待ちわびていたヨンハがひっそりと息を引き取る。

      孤児となったジュニは、父との再会を信じ、国境の川を目指す。
      しかし、無残にも強制収容所に入れられてしまう…。

      脱北者に冷淡だったノ・ムヒョン政権下で、危険を犯しながら
      極秘裏に撮影され、イ・ミョンバク大統領に政権交代した後、
      2008年6月、ようやく韓国で公開された待望の
      話題作がついに、日本公開! 


      ★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2010.04.02-2)

      ■映画「クロッシング」がいよいよ上映に−参考情報
      脱北者をテーマにした韓国映画「クロッシング」がいよいよ日本でも一般上映
      されることになりました。決死の脱北、強制送還、収容所、家族の離散などが、
      脱北者への取材により描かれ、多数の脱北者がスタッフとして参加した映画です。
      北朝鮮の現状、住民の苦難がリアルに描かれ、金正日政権の犯罪を告発していま
      す。ご関心の方はご視聴下さい。

      ◆横田滋・早紀江夫妻コメント
      「クロッシング」上映を契機に、国連による脱北者保護、わが国の受入枠の拡大
      を期待するとともに、北朝鮮の人権問題に関心が高い人だけでなく、多くの方に
      観ていただきたい。

      4月17日封切り、全国でロードショー開始

      2010年4月17日(土)より、渋谷・ユーロスペース、名古屋シネマスコーレ
      2010年5月 1日(土)より、銀座・シネパトス、千葉劇場、シネマート心斎橋
      2010年5月 8日(土)より、仙台フォーラム、八戸フォーラム
      2010年5月15日(土)より、横浜シネマ・ジャック&ベティ
      2010年5月22日(土)より、福島フォーラム
      2010年6月 5日(土)より、盛岡フォーラム盛岡、山形フォーラム
      ほか、全国順次 
      (札幌シアター・キノ、京都みなみ会館、福岡・KBCシネマ、…etc)

      [クリック!]

      スポンサーサイト

      0
        • 2019.09.21 Saturday
        • -
        • 15:59
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        [クリック!]
        コメント
        こんにちは。検索から来ました。

        仙台は5月8日ですか。ぜひ観に行きます。

        ただ、人権問題なのですから、「特に在日朝鮮人の方は、絶対に見るべきです!」は余計だと思います。敵意を感じなければいいけど。

        お初です。アクセス有難うございます。

        さて、今の在日朝鮮の方にとって一番の感心事は何でしょうか?

        きっと、高校授業料無償化問題でしょう。

        日本人もそうですが人権侵害問題はなかなか優先順位が低いです。

        でも一番重要な問題だと思います。

        故に強制収容所問題は在日朝鮮人の方にとっては国内問題である以上、真っ先に取組むべき問題だと思います。

        日本そして北朝鮮・韓国の共通の人権問題として金正日打倒で共闘できるはずなんですけどね・・・。
        • 事務局 松尾
        • 2010/04/25 8:59 PM
        1.遅くなりました。映画拝見しました。下記URLの私のエントリーも御覧ください。
        http://blogs.yahoo.co.jp/kiyotaka_since1974/50633970.html

        悲しい映画でした。それゆえに、リアリティがあるな、と感じました(再開できたらかえって不自然)。

        「おくりびと」には負けてしまいましたが(本木雅弘さんなどの演技が素晴らしく、負けたのは仕方なし)、たしかに皆様に観てほしい映画でした。

        2. 2010/04/25 8:59 PM の松尾さんのコメントについて。

        「今の在日朝鮮の方にとって一番の感心事は何でしょうか?/きっと、高校授業料無償化問題でしょう」→別に悪いわけじゃないでしょう。国際人権規約にも書かれていること(A規約第13条第2項(b))を実現しようとしているわけだし(つまり、人権問題!)。高校授業料無償化が劣後すると取れる書き方はいかがなものでしょうか?

        「強制収容所問題は在日朝鮮人の方にとっては国内問題である以上、真っ先に取組むべき問題」→しかし、北朝鮮に帰れば差別されるかもしれないし(帰国事業で帰った人が差別されたのをテレビで見たことがある)、どうしたらいいかはなかなか難しいでしょうね。

        「日本そして北朝鮮・韓国の共通の人権問題として金正日打倒で共闘できるはず」→どう打倒するかが難しいと思いますよ。戦争は手っ取り早いけど、拉致被害者の方が殺されたら大変だし。経済制裁も、映画に出ているような薬の不足に一役買っているかもしれないし(キューバを想起した)。理想は物資が一般国民のみに渡ることですが、締め付けが激しく難しいのでしょうね。

        返信有難うございます。

        在日でなんであれ、人権侵害問題には関心を寄せるべきだと思いますが、如何せんこのような経済状況下では、生きるのに精一杯といったところだと思います。
        私も例外では有りませんが、ただ今日や明日、死が待っているといった緊迫した物ではないと思います。
        拉致被害者はじめ脱北者の問題には北東アジアに住む者として関心を示すべきだと思います。
        高校授業料無償化については、ブログで述べさせたもらったように、制度自体がおかしなものと感じていますし、その中でも、総連の影響下にある朝鮮学校については、現状を改善しない限り、適用はおかしいと思います。
        今の独裁体制が異常である思うのは共通していると思います。
        だったら、民主化のために動くのが普通では無いでしょうか?
        あ〜だこ〜だ、言ってる間にも同胞が虫けら同様殺されている現状を傍観する事は黙認するのと同じです。
        軍事的な圧力、行動が一番手っ取り早いでしょう。
        それがどうしてもイヤなら、経済制裁強化で締め上げるしかない。
        でも、所詮苦しむのは民衆と考えるならば、その苦しみを早く終わらせる為にも、
        独裁政権に強固な姿勢で望むのが当たり前なのではないでしょうか。
        遠慮していれば一向に解決しません。
        • 事務局 松尾
        • 2010/05/25 10:21 PM
        「今の独裁体制が異常である思うのは共通していると思います。
        だったら、民主化のために動くのが普通では無いでしょうか?」→今の北朝鮮の国民が動けると思います?在日の人についても可能だと思います?国に帰れば差別されるのがわかって行動します?

        「軍事的な圧力、行動が一番手っ取り早いでしょう」→あれ、このブログ、拉致被害者を救う会のブログでしたよね?軍事的圧力がいいのならば、拉致被害者が1人も死なない方法を考えないと(誤爆の可能性がゼロになるとは思えないが)。

        「経済制裁強化で締め上げる」と、「虫けら同様殺されている現状」が強化されるということはないのかしら?


        「今の北朝鮮の国民が動けると思います?在日の人についても可能だと思います?国に帰れば差別されるのがわかって行動します?」⇒北朝鮮国内の蜂起は難しいのは理解出来ますが、何とかせねばと思ってる民衆は多いでしょう。その民衆を何とか希望を与え、結集させる手立てが必要です。それには我々が何とかせねばと思いませんか?在日も然り!祖国を憂う気持ちがあれば出来るでしょう。在日の方が、自分さえ良ければそれで良し!と言う考えしか持って無いとは思いませんけど。

        あれ、このブログ、拉致被害者を救う会のブログでしたよね?軍事的圧力がいいのならば、拉致被害者が1人も死なない方法を考えないと(誤爆の可能性がゼロになるとは思えないが)。」⇒ブログにも書きましたが被害者救出の為の情報収集や救出のシュミレーションが必要です。それには自衛隊に頑張ってもらわねばいけないと思います。海外派兵が云々いう連中が出てくるでしょうが、邦人救出を名目にすればいいだけの話です。

        「「経済制裁強化で締め上げる」と、「虫けら同様殺されている現状」が強化されるということはないのかしら?」⇒人権侵害を止めないのなら、こちらも制裁強化を止めないぞ!が矛盾ですか?
        • 事務局 松尾
        • 2010/05/26 9:22 PM
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>

        recommend

        recommend

        links

        profile

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM