スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.09.21 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    [クリック!]

    よど号グループよ、己らの帰国よりも拉致被害者を日本に戻せ!

    0
      一昨日、京都大学構内で、よど号支援者によるシンポジウムが開催されました。
      我々仲間が潜り込んで様子を見てきたそうです。その模様は5月8日の本会主催の講演会で
      お話させてもらいます。
      それにしても勝手のいい連中ですね。革命ごっこの末、北でも厄介者扱い。それで望郷の念に駆られているのでしょう。
      ヨーロッパでの拉致によど号グループが絡んでいることは、周知の事実!
      今度の講演会ではその事を、徹底的に明らかにしていきたいと思います。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      よど号40年でシンポジウム「全員の年内帰国を目指す」

      2010.4.4 産経新聞

       よど号ハイジャック事件をめぐり、メンバーやその家族の帰国支援を行っているグループは3日、北朝鮮に残っている事件の実行犯4人やその妻2人について、全員の年内帰国を目指して活動する方針を打ち出した。事件から40年を迎えるのに合わせ、京都市内で行われたシンポジウムで明らかにした。

       帰国したグループの家族や支援者ら約130人が参加。メンバー支援のため、繰り返し訪朝している救援連絡センターの山中幸男事務局長は「帰国問題は年内でけりをつけたい。解決のための訪朝団を数回、組織する」と述べた。

       シンポジウムには北朝鮮に滞在するメンバーからもメッセージが寄せられた。「ハイジャック自体は反省、総括すべき」としながらも、日本人拉致事件に絡み、メンバーに逮捕状が出ていることについては関与を否定。「拉致疑惑についての身の潔白を証明したい」などとしたうえで、早期帰国の希望を示した。

       参加者からは「早期帰国のためには、拉致事件について日本国内での裁判を通じて無罪を主張する手法が最も現実的」といった意見も出された。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      何方でも参加出来ます。是非、ご来場ください!

       

      [クリック!]

      スポンサーサイト

      0
        • 2019.09.21 Saturday
        • -
        • 10:28
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        [クリック!]
        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>

        recommend

        recommend

        links

        profile

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM