スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.09.21 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    [クリック!]

    2/14街頭署名活動のご報告

    0
      2月14日、定例の街頭署名活動を実施しました。

      参加したボランティアは16名、お預かりした署名は422筆、募金は28,906円、買っていただいたブルーリボンバッジは10個でした。心より感謝申し上げます。





















       

      [クリック!]

      1/11街頭署名活動のご報告

      0
        1月11日、年頭の街頭署名活動を実施しました。今回は事務局の不手際により、開始が予定より大幅に遅れました。ご参加いただいたボランティアの皆様にお詫び申し上げます。

        短い時間になってしまいましたが、287筆の署名をいただきました。お預かりした募金は3,495円です。ブルーリボンバッヂは2個売れました。参加頂いたボランティアの人数は20名でした。皆様のご協力に感謝申し上げます。

        来月からは通常通り、第二土曜日の午後2時に開始します。皆様のご参加をお待ち申しております。



        ▲増元るみ子さんのお姉さん、平野フミ子さん


        ▲若い人たちに一生懸命に拉致問題のことを伝えています




        ▲演説を立ち止まって聴いて下さる方もおられます






        ▲各人、思いのたけをぶつけます
         

        [クリック!]

        「荒木和博先生と拉致問題を考える会」のご案内

        0
          会員各位

          平成27年1月10日

          北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会

          (緊急)「荒木和博先生と拉致問題を考える会」のご案内


           
          前略 昨年暮れにお知らせしましたように、救特定失踪者問題調査会の代表として北朝鮮による拉致被害者救出に尽力し続けておられる荒木和博先生のミニ集会が来週金曜日にあります。

          平日の夕方というお忙しい時間帯ではございますが、ご都合のつく方は万障繰り合わせの上ご参集願います。以上、何卒宜しくお願い申し上げます。

          草々

          −− 記 −−

          「荒木和博先生と拉致問題を考える会」
          日時 平成27年1月16日(金)19時〜20時
          場所 シック博多駅前ビル 7階会議室
             福岡市博多区博多駅中央街7−1(博多郵便局裏側)
             http://yahoo.jp/YPUwSy
          会費 無料(要予約)
          主催 北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会
          問い合わせ先 馬場能久(090−1082−6275)


           

          [クリック!]

          謹賀新年

          0
            謹賀新年

            拉致は人権侵害であり、国家主権の侵害です。
            これを何としても回復しなければならないのです。

            北朝鮮に拉致されている同胞のことを思えば
            簡単には目出度いとお祝いできませんが、
            新年を迎えて、今年こそ同胞を救出したいと決意を新たに致しました。

            代表代行  藤井守人
             同    馬場能久

            [クリック!]

            (緊急)「荒木和博先生と拉致問題を考える会」のご案内

            0
              会員各位

              平成26年12月29日

              北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会
              代表代行 馬場能久

              (緊急)「荒木和博先生と拉致問題を考える会」のご案内


               
              前略 来年1月16日に急遽掲題の会を催すことと致しました。
              救特定失踪者問題調査会の代表として、北朝鮮による拉致被害者救出に尽力し続けておられる荒木和博先生が、佐賀県主催による講演会の講師として九州に来られます。絶好の機会ですので荒木先生と救う会福岡会員諸氏と語らう場を設けることとなりました。
              平日の夕方というお忙しい時間帯ではございますが、ご都合のつく方は万障繰り合わせの上ご参集願います。以上、何卒宜しくお願い申し上げます。
              草々

              −− 記 −−

              「荒木和博先生と拉致問題を考える会」
              日時 平成27年1月16日(金)19時〜20時
              場所 シック博多駅前ビル 7階会議室
                 福岡市博多区博多駅中央街7−1(博多郵便局裏側)
                 http://yahoo.jp/YPUwSy
              会費 無料(要予約)
              主催 北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会
              問い合わせ先 馬場能久(090−1082−6275)



               

              [クリック!]

              12/13 街頭署名活動のご報告

              0


                本日12月13日(土)、天神で定例の街頭署名活動を実施しました。お預かりした署名は260筆、募金は42,695円、参加したボランティアは22名でした。

                今日は救う会福岡の辻代表が居ない初めての署名活動で、雪がちらつくなか行われました。寒い中ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。

                残念ながらこの運動は来年も続きます。次回は1月11日の正午から行います。

                明日は総選挙の投票日。皆さん投票へ行きましょう。















                 

                [クリック!]

                オールジャパン?

                0

                  【調査会NEWS1724】(26.12.11)


                  ■オールジャパン

                                  荒木和博

                    今日は仙台で増元さんの街宣に数時間ですが同行してきました。合流したのが若林区の荒浜の震災慰霊碑のところ。3年9か月になる今日の14時46分、候補 者や選対の皆さんと一緒にお祈りしました。人数がどうこう言うと「たかが10人」と言った外務官僚と同じレベルになりそうですが、家の土台しか残っていな いこの地域を見渡すと、どれだけ多くの営みが消え去ったのだろうと思わずにはいられませんでした。

                   さて、それはともかく、もうあと2日 しか選挙戦も残っていません。結局拉致問題はほとんど争点にならずに終わってしまいそうです。ともかく政党を問わず拉致問題に熱心な候補者が一人でも多く 当選し、不熱心な候補者が一人でも多く落選してくれることを期待していますが、選挙の後、もういい加減にやめてもらいたいと思っていることがあります。 「オールジャパン」という掛け声です。

                   結局この2年間、「オールジャパン」というのは政府への批判封じのための呪文でした。小泉訪朝で 金正日が拉致を認めた後は、少なくとも表で「北朝鮮が拉致をしたという根拠はない」という政治家も「たかが10人」という官僚もいなくなりました。その後 は自民党・公明党が与党であれ民主党が与党であれ野党が拉致問題で足を引っ張ることはほとんどありませんでした。その意味ではとっくに「オールジャパン」 になっていたと言えます。

                   しかし、特にこの半年は、日朝交渉に対して強い懸念や批判があったのに、政府は「オールジャパン」を盾にとって無理矢理進めてしまい、結局何の結果も得られないまま、その説明もせずに解散してしまいました。

                    かつての大政翼賛会は昭和15年(1940)挙国一致、今で言うオールジャパンのために作られた組織ですが、一方でアメリカと国の存亡をかけた戦争をして いたのに海軍は負けた戦いを勝ったと言うわ陸軍は潜水艦を作るわと、全くバラバラの状態でした。「海陸全力を挙げて戦い、余力をもって米英にあたる」と揶 揄されたのは、今拉致問題で政府の中がバラバラで、CMを作ったりコンサートをするくらいしかできないのと通じるものがあります。

                   選挙で是非を問えなかったのですから、新しい国会でこれまでのことをしっかりと議論して、政府は自らの責任で拉致問題を進展させていただきたいと思います。もちろん国民の目が大事であることは言うまでもありません。

                   

                  [クリック!]

                  家族の思い−38−  平野フミ子さん

                  0
                    家族の思い−38−


                    こんにちは平野です

                    この所めっきり寒くなり北朝鮮にいる同胞の安否が心配でなりません。
                    今年も又極寒の地でお正月を迎えることになるのでしょうか?

                    私達は待ちました。本当にずっと待ったのです。
                    外務省高官の方達の訪朝の結果はひどいものでした。
                    井原さんもよくやったのかも知れませんが、どこまで
                    拉致被害者のことを考えて下さったのか疑問です。

                    私達への説明の時に私達のあまりの非難に井原さんは、
                    「私達も早く拉致問題を終わらせたいのです。」と強く
                    おっしゃいました。本音がポロリと出たんだと思います。
                    拉致問題の白黒を付けて国交正常化交渉への道を
                    築こうとしていらっしゃるのでしょうか。

                    そこに拉致被害者の帰国を考えてらっしゃらないことが
                    よく分かりました。早く決着を付けたいだけなのです。

                    増元照明は焦燥感、そして挫折感に似たものを感じ、
                    止むに止まれぬ思いで今度の選挙に出る決心をしたんだと思います。
                    外から吠えていても、届かないのだという思いの上で
                    中に入って声を出していくのが一番だと。

                    安倍首相を疑う訳ではありませんが、このままでは何年たっても取り戻せないと思いました。
                    国会議員になって丁々発止しながら家族の思いをぶつけて欲しいと思います。
                    私利私欲で出た訳ではありません。拉致被害者のことを一番に考えて出した答えでした。ご理解頂きたいと思います。

                     

                    [クリック!]

                    選べない   【調査会NEWS1717】(26.12.3)

                    0

                      【調査会NEWS1717】(26.12.3)

                      ■選べない


                      荒木和博

                      選挙が始まりました。国政選挙ですからそうそう宣伝カーに出会うわけでもありませんが、ニュースはやはり選挙にからむものが多いのは当然です。大学の授業では学生に「何党に入れてもよいからともかく選挙に行きなさい」と言っているのですが、さてどのくらい行ってくれるやら。

                      ところで政府認定の拉致被害者であれ特定失踪者であれ、失踪宣告をしない限り投票用紙は住民登録している場所に届いていると思います。しかし、当然ながらその投票用紙が使われることはありません。

                      北朝鮮にも選挙はあります。おそらく寺越武志さんは朝鮮民主主義人民共和国公民として投票しているでしょう。しかし北朝鮮の選挙は労働党が定めた1選挙区1人の候補者に賛成するかしないかしかありません。しかも賛成するなら無記名で投票箱に投票用紙を入れ、反対のときは反対と書いて投票用紙を入れるようになっています。したがって誰が反対するか分かりますから、誰も反対はできません(反対と書いたら投票所を出ても家に帰ることはできないでしょう)。北朝鮮の選挙の賛成率100%というのはそういうことです。

                      それを考えるとどんなに不満があっても、秘密投票で、なおかつ同じ選挙区内では誰も1票の重さが同じという議会制民主主義の原則が守られていることは貴重なことだと思います。しかし拉致されている人たちはその権利を行使し、議員を選ぶことができません。本当はこれは「憲法違反」のはずですが、わが国はその状態を名十年も放置しています。

                      何百年、何千年とこの国を作ってきた先人も、これから生まれてくる世代もこの選挙で投票することはできません。自分たちの思いを託すだけでなく、投票できない過去・未来・そして拉致された人たちへの責任も私たちには負わされていると思います。

                      拉致された人が投票できたとしたらどの候補者に、どの政党に投票するでしょうか。



                      ==================================


                      ▲現在の「しおかぜ」放送時間と周波数は以下の通りです

                      夜 22:30〜23:30 5985kHz 深夜 1:00〜2:00 5910kHz

                      ■調査会役員の参加する講演会(一般公開の拉致問題に関係するイベント)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

                      ★チャンネル桜・防人の道「北朝鮮人権問題と拉致問題」
                      ●代表荒木が出演
                      ●放送済み。下記のYouTubeでご覧になれます。
                      http://youtu.be/xnrf-3mZY74?list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg

                      ★12月11日(木)2:30 フジテレビ系(鹿児島テレビ制作・全国放送)「同じ苦しみ、同じ願いー特定失踪者の家族たちー」

                      ★12月12日(金)14:00国際セミナー「日朝拉致協議の遅延をどう打開するか」(家族会・救う会・拉致議連主催)
                      ●参議院議員会館1階講堂(地下鉄有楽町線永田町駅下車1分)
                      ●代表荒木が参加
                      ●問合せ:救う会全国協議会(03-3946-5780)
                      ※事前申込制(FAX03-3946-5784 メール info@sukuukai.jp)

                      ★12月13日(土)13:30「対北朝鮮ラジオ放送シンポジウム」(政府拉致問題対策本部主催)
                      ●新宿住友安田生命ホール(新宿駅西口向かい)
                      ●専務理事村尾が参加
                      ●問合せ:拉致問題対策本部事務局(03-3581-8898)

                      ★12月13日(土)18:00「脱北者人権活動家への脅迫に抗議する緊急集会」(調査会を含む北朝鮮人権7団体主催)
                      ●文京区民センター(都営三田・大江戸線 春日駅徒歩2分 丸の内・南北線 後楽園駅徒歩5分 03-3814-6731)
                      ●代表荒木が参加
                      ●問合せ:救う会全国協議会(03-3946-5780)

                      ★12月14日(日)18:30「東三河大集会」(東三河ブルーリボンの会主催)
                      ●豊川市民文化会館(豊川市代田町1-20-4 0533-84-8411)
                      ●代表荒木が参加

                      ★平成27年1月17日(土)14:00「拉致問題を考える県民集会」(佐賀県主催)
                      ●鳥栖市民文化会館(鳥栖市宿町807-17 Tel 0942-85-3645)
                      ●代表荒木が参加
                      ●問合せ:佐賀県人権・同和対策課(0952-25-7063)

                      ※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
                      _________________________________________
                      特定失踪者問題調査会ニュース
                      ---------------------------------------------------------
                      〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
                      Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
                      email:comjansite2003@chosa-kai.jp
                      調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
                      発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
                      kumoha351@nifty.com宛メールをお送り下さい)
                      ●カンパのご協力をよろしくお願いします。
                      郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
                      銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
                      (銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はメールないしFAXにてご連絡願います)
                      ______________________________________________________

                      [クリック!]

                      家族の思い−37−

                      0
                        家族の思い   −37−


                        【調査会NEWS1718】(26.12.4)より


                        ■29年


                        荒木和博

                        29年前の今日、昭和60年(1985)12月4日、秋田美輪さん(当時21歳・大学生)が神戸市で失踪しました。翌日兵庫県の日本海側、竹野町弁天浜でご本人のバッグと靴が発見されたまま一切消息が消えています。

                        「しおかぜ」は平成17年(2005)10月、特定失踪者と政府認定拉致被害者、救う会認定拉致被害者の氏名の読み上げで始まりましたが、その後ご家族からのお手紙をいただき、それを読み上げるようになりました。そのとき最初に届いたのが秋田美輪さんのお父さんからのお手紙でした。

                        -------------------------------------
                        美輪ちゃん、貴女は今どこにいるの?私はお父さんだよ。秋田正一郎だよ。

                        急にいなくなってびっくりしています。もう二十年になりますね。

                        お母さんも始めは何があったのかと放心状態でしたが、いまは何とか元気で私と一緒に貴女といつ会えるかと首を長くして待っています。早く貴女のコーヒーを飲みたい。

                        1985年(昭和60年)12月4日の夜川西の家でお母さんが貴女からの電話で「今晩、直美のところでとまる」との声を聞いています。そして翌12月5日朝、貴女の靴とバッグが竹野町の弁天浜海岸で発見され、バッグの中から大阪駅発行の150キロまでの急行券と貴女の学生証等が発見されています。Kさんは「12月4日昼1時ごろ学校の校門付近で美輪さんと別れてから一度も会っていません」といっております。私たち両親には何が何だかわからないのです。

                        もし返事をもらえるなら居場所だけでも、また元気かどうかも教えてください。待っています。


                        -------------------------------------
                        9年前、このメッセージを読んでいて思わず言葉が詰まりました。しかし、今に至っても事実上何も進んでいません。お父さんはかつて特定失踪者家族の先頭にたって活躍されていたのですがご高齢でなかなか思うに任せなくなり、今は愛知に住む美輪さんのお姉さんが各地の活動に参加されています。14日の豊川市での集会にもご参加の予定です。

                        アベノミクスばかりが争点であるかのように報道されていますが、ぜひこの現実を、多くの方がもう一度認識していただきたいと切に願う次第です。

                         

                        [クリック!]

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        3031     
                        << August 2020 >>

                        recommend

                        recommend

                        links

                        profile

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM