スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.09.21 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    [クリック!]

    46年ぶりの警告射撃

    0

      昨日は、「博多どんたく港まつり」の一環として、巡視船「ちくぜん」体験航海が行われ、家族そろって参加させてもらいました。
      博多湾一周でしたが、他の巡視船、巡視艇、ヘリコプター参加の公開訓練も披露され、素晴らしかったです。
      因みに巡視船「ちくぜん」は、平成11(1999)年3月23日に発生した「能登半島沖不審船事件」で海上自衛隊艦船と共に追跡に参加した船としても有名です。
      この時、「ちくぜん」は、二隻の不審船のうち一隻に対して20亠ヾ慄い之拗霄遊發鮃圓い泙靴拭7拗霄遊發箸靴討蓮■苅暁ぶりに・・・・。
      結局、怪電波傍受、偽装漁船発見、追跡、警告射撃するものの北朝鮮の清津に逃げられてしまうのですが、この時の模様はTVでも随時流され、一般国民に対して北朝鮮の工作船が頻繁に日本の周辺の海に出没している事実を知らしめた事件となりました。
      当時の政府の対応としては精一杯の事だったのかもしれません。
      政府としてこれより前に、早くこのような対応を取っていれば、拉致被害がここまで拡大していなかったのではないかと悔やまれます。
      「人命は地球より重し」と言った総理大臣がいましたが、所詮口先だけだった事は周知の通り。
      そして今「友愛の海に変える」と鳩山総理はおっしゃってますが、同様の事件が発生したら、果たしてどのような対応をされるのでしょうか。
      指を銜えたまま、傍観するような状態だけは、避けて欲しいものですが・・・。


      [クリック!]

      憲法第九条と拉致事件

      0

        憲法記念日に寄せて一言。
        交戦権の否定によって手出しできない事を良い事にわが国の主権を侵害し、同胞を連れ去った北朝鮮。
        言い換えれば、9条によって拉致事件が発生したといっても過言ではない。

        戦後65年、平和であったと妄想している9条の会をはじめとする左派系の人たちに言いたい。
        9条によって平和であったのなら、何故拉致事件が起きたのでしょうか?
        本当は北朝鮮から宣戦布告されているのも関わらず、平和だと信じたいばっかりに、目をそむけてきたのではないのか?
        背けてきたばっかりに、好き放題に工作活動され、拉致し続けてきたのではなかろうか?
        そして、未だに解決できないのも9条が足かせになっていないだろうか?

        唯一?交戦となった九州南西海域工作船事件(平成13年12月22日発生)は、北朝鮮にとって全く想定外の事だったに違いない。
        故に、自沈せざるを得なかった。もし海上保安庁の現場責任者の頭に9条の条文が浮かんだのなら取り逃がしていただろう。
        こういう現場での判断が人命を左右するのは当たり前で、9条が助けてくれるなんて有りえない。
        好い加減「9条を護る事=国民を護る事」と言う、馬鹿馬鹿しい考えは捨て去るべきです。


        [クリック!]

        5月8日は月例街頭活動も実施

        0
           早いもので五月に突入。ノドンがまた跳んでくるような事を言っております。
          そして決まって、総連が朝鮮学校に通う生徒の身の安全や人権侵害を訴えると言うパターンです。
          無論、そんな事はあってはいけませんが、心配するのなら何故、本国に飛ばすな!と言わないのでしょうね。

          さて、いよいよ5/8の講演会が近づいてまいりました。
          マスコミからの問い合わせが結構来ています。関係者だけで会場が埋まりそうな雰囲気です。
          噂ですが、「かりの会」の関係者も参加?らしいです。
          こちらとしては「来る者拒まず」というより、大歓迎です。
          良かったらシンポジウムに飛び入りして頂いても構いません(^o^)/
          白熱した議論をしてみたいものです。

          因みに、当日は月例街頭活動も実施します。こちらも是非ご参加下さい。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          政府は拉致被害者全員の救出に全力を尽くせ!
          すべてのモノ、カネ、ヒトの流れを止めよ! 街頭署名活動

          日時 平成22年5月8日(土)午後2時〜4時
          場所 福岡市中央区天神2-11・天神ソラリアステージ前
          主催 救う会福岡
          連絡先 (事務局携帯)

          [クリック!]

          油断大敵!朝鮮学校授業料無償化適用、断固阻止!

          0
             とりあえず、今のところ朝鮮学校は適用除外になっております。
            しかし、参議院選挙が目前となれば、適用の方向で動いてくる可能性は十分考えられます。
            我々救う会福岡としては断固阻止すべく、今後関係各所に働きかけていく所存ですし、北九州市にて、適用反対のチラシを配布する予定です。
            以前ブログに掲載しましたが、朝鮮高級学校で使用されている歴史教科書の日本語版が出版され、本会も早速、取り寄せました。
            内容は思わず笑ってしまうほど陳腐なもので、教科書自体も薄っぺらです。こんなものを刷り込まされているのかと思うと学生が可哀想でなりません。
            朝鮮学校へ通う学生諸君のことを思えばこそ、断固適用反対をすべきだと感じました。
            それにしても国民新党・亀井静香代表の政治理念には一貫性が有りませんね。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            <高校無償化>朝鮮学校は含まれず 文科省告示

            4月30日12時27分配信 毎日新聞

             文部科学省は30日、高校無償化の対象となる外国人学校名を告示した。朝鮮学校は含まれなかった。川端達夫文科相は、朝鮮学校について検討する場を4月中に設ける意向を示していたが、この日の閣議後会見では「学校制度論の専門家を選考中。少なくとも1回目の会合は5月に開きたい」と述べるにとどまった。

             告示されたのは本国政府が日本の高校に類する課程と認定した東京韓国学校中・高等部(東京都)や伯人学校イーエーエス浜松(静岡県)など14校と、国際的な評価機関の認定を受けたインターナショナルスクール17校。

            [クリック!]

            拉致事件を通して、昭和の時代を顧みる

            0
              本日は言わずもがな、祝日「昭和の日」です。
              「みどりの日」から名称が変わって4度目の祝日ですが、祝日の定義・趣旨として
              「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。」とあります。
              毎年、右翼や左翼が様々の手法で、主張し合う光景ばかりが目立ってしまいます。醜い限りです。

              拉致問題に関して言えばほとんどの事案が、昭和の時代に当てはまります。
              戦後、奇跡の復興を遂げ価値観も大きく変化しました。モノは溢れ、拝金主義が当たり前の時代の中で、多くの同胞が北朝鮮に拉致されてしまいました。
              無論当時は、一部の関係者以外、ほとんどの国民はこの事実を知りませんでした。否、知ろうとしなかったのかもしれません。
              そして平成に入って、ある程度認知されたとはいえ、所詮他人事、自分には関係の無い事と決め付け、関心を示さない方が未だ多いですし、平成でも拉致の疑いがある方がいることを考えれば、昭和の時代となんら変わっていません。

              今年で平成も22年、昭和も遠くになりにけり・・・・しかし、事件は今も続いているのです。
              「国の将来に思いをいたす」のなら、これ以上悲劇を繰り返さない為にも、真の平和を取り戻す為にも国民が一丸となって、この問題に取組まなければいけません。

              [クリック!]

              福岡県出身の特定失踪者、国内で所在確認!

              0
                 上記の件につき本日、特定失踪者問題調査会より下記の通りメールを頂きました。
                確認されたのは福岡県大牟田市出身の元海上自衛官、松本賢一さん=当時(34)=です。
                大阪で一人暮らしをしていた1970年6月ごろ、交際していた朝鮮人女性に別れ話を持ち出した後、行方不明。
                当時、女性の背後に北朝鮮人らしい複数の男性が存在したとのこと。調査会の公開リストに入っている方でした。
                各方面のご協力によって所在が確認できた事は大変喜ばしい事です。ご尽力に感謝申し上げます。
                ただし、国内で見つかったからといって、拉致ではなかったと結論付けてしまうのも危険だと思います。
                そこは慎重に事の経緯を調べる必要があるのではないでしょうか。

                今、調査会の公開・非公開リストの方が、国内で確認される事が徐々にですが増えてきました。
                その事は警察はじめ関係各所が特定失踪者を含め年間数万人と言われる行方不明者の捜査に努力された結果だと言えると思います。
                ただ拉致で無かった事を後悔、懺悔するのではなく、先ずは見つかった事を喜ぶべきであり、未だ所在が確認できていない方々に対しては、様々な可能性を含め調査する必要があることには変わりありません。
                拉致の疑いが否定できない以上、疑って調査する事は当然の事です。
                本会も引き続き、調査会や各方面と協力しながら真相究明に全力を挙げる所存です。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                [調査会NEWS 920](22.4.27)

                ■公開失踪者1名国内で所在確認

                 公開(0番台リスト)の失踪者松本賢一さん(昭和45年失踪)が関西地方で所在確認されました。本件は警察のご尽力で発見に至ったものであり、関係県警担当者の方々、そしてこれまでご協力いただいた全国の皆様に心より御礼申し上げます。なお、4月9日のニュース913号で所在確認をおしらせしたのは松本義明さんです。松本賢一さんとは別人ですのでお間違いないよう御願いします。

                 恐縮ですがお近くに調査会のポスターがある場合は松本賢一さんのところを削除お願いします。また、報道関係の皆様におかれてはプライバシーへのご配慮をいただければ幸いです。

                [クリック!]

                今や総連・左翼の広告塔となった蓮池透氏

                0
                   先般の家族会総会で退会させられた蓮池透氏について、今更コメントを出すつもりも有りませんが、
                  最近、黒ヘル系の機関紙に太田昌国氏(元沖縄県知事)との対談記事が掲載され、
                  昨年の北九州市における対抗集会に関して、北九州市役所に押しかけただの、講演当日会場入口で
                  ビラをまかれただの、デタラメな事を喋っておりました。
                  そんな彼が、来月の憲法記念日に大牟田市で、九条の会おおむた主催の講演会に講師として呼ばれています。
                  今や何を喋ろうが勝手ですが、彼の言動は救出運動を後押しした国民の感情を逆なでしているだけだと言うことを、そろそろ気付かせてやるべきなのでは?と思います。

                  お暇だったら、参加してみてください。
                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                  九条の会おおむた 5周年記念憲法講演会

                  ■とき: 5月3(月)  午後1時会場 1時半開演        
                  ■ところ:大牟田文化会館小ホール        
                  ■参加費:前売り500円 当日700円        
                  ■二つの国のはざまで翻弄される家族〜拉致問題の解決に向けて〜        
                  ■講師:蓮池透さん        


                  [クリック!]

                  よど号犯帰国?その前に福留さんの拉致認定を!

                  0

                    「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」の代表・三浦小太郎氏がウェブサイトで
                    よど号事件・福留喜美子さん拉致について、見解を載せていらっしゃいます。
                    5月8日の本会主催の講演会でも福留喜美子さんについては取り上げるつもりですので、是非ご参考までにご覧下さい。
                    機会あれば、三浦代表を福岡にお呼びして講演会でも開催したいと考えております。

                    http://hrnk.trycomp.net/news.php?eid=00218


                    [クリック!]

                    朝鮮学校への授業料無償化適用という人権侵害

                    0
                       下記は、朝鮮新報に掲載の記事です。彼らも必死に適用に向けての働きかけを行っております。
                      朝鮮学校授業料無償化適用こそが人権侵害である事を街頭活動等で訴えていく所存です。日程が決まり次第お知らせ致します。

                      さて、自見庄三郎氏の名前が出ていますが、今から五年程前に北九州市立男女共同参画センター「ムーブ」において本会主催の県民集会を開催した折、ほとんど無理やり登壇し長々と拉致とは関係のないことを喋って頂いた事がありました。
                      無論、会場からは冷ややかな視線が・・・そして罵声までも・・・。
                      そのような方ですので、今回の対応は充分理解出来ますがw
                      兎にも角にも、福岡県内における総連・日朝友好協会等の動きは活発です。
                      負けないように頑張りましょう!

                      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                      「高校無償化」 集会主催者らが文科省などに要請


                      「生徒が思いきり学べる環境を」

                      ■東京

                      「緊急行動」実行委員らによる文科省訪問後、院内集会が開かれた

                       3月27日、東京・渋谷で1千人以上の参加のもとに行われた「『高校無償化』からの朝鮮学校排除に反対する緊急行動」の実行委員会メンバーらが16日、文部科学省を訪れ「緊急行動」で採択された川端達夫大臣あての決議文を関係者に手渡した。

                       決議文は、▼朝鮮学校の子どもたちの未来をつぶしてはならない▼朝鮮高級学校を「無償化」の対象にするのは当然のこと▼差別をやめ、朝鮮学校への公的助成をすべきだという内容になっている。

                       メンバーらは前川喜平大臣官房審議官に決議文とともに1400余人の署名を提出しながら、朝鮮学校が必ず「無償化」の対象に適用されるよう求めた。

                       その後、実行委員らは衆議院第2議員会館で集会を開いた。この日の要請活動に関する報告があり、発言者らは朝鮮学校に対する差別をなくすためさらに声をあげていこうと訴えた。

                       「緊急行動」の趣旨に賛同して実行委員会に網羅された団体は70に及ぶ。

                       同日夜、実行委員会の団体代表らは会議を開き、さきの「緊急行動」を総括して今後の行動計画などを協議した。

                      ■福岡

                      文科省へ要請を行う一行

                       朝鮮学校に対する「高校無償化」適用を要請するために、福岡県日朝友好協会の中村元気副会長、牧野苓子副会長、上村和男事務局長、「朝鮮学校を支える会」の井生猛志最高顧問、福岡朝鮮学園の崔有福理事長、尹慶龍総務部長、九州朝鮮中高級学校の金鐘大校長、同校オモニ会の白芳枝会長が20日、衆議院会館と文部科学省を訪れた。

                       一行は、鳩山由紀夫内閣総理大臣と川端達夫文部科学大臣宛の要請書を、民主党・広野ただし副幹事長と文科省初等中等教育局改革PT・三木忠一専門官にそれぞれ手渡した。

                       要請書は、3月29日に福岡市で行われた「朝鮮学校も『高校無償化』を! 福岡緊急集会」(13団体賛同)で、220人の参加者が採択したもの。

                       一行は、議員会館で14人の福岡県出身の衆議院、参議院議員らの部屋を回った後、広野ただし副幹事長と会い要請書を渡した。

                       白芳枝会長は席上で、過去に生じた朝鮮学校の生徒たちに対する、JR定期券の問題や大学入試資格問題で差別に反対し運動を繰り広げてきたことについて言及しながら、「今まで一つひとつ権利を勝ち取ってきたのに、また差別的な問題が起こったかと思うと怒りを覚える。大人には、子どもたちが思い切り学ぶための条件と環境を与える義務がある」と述べた。

                       また一行は、国民新党・自見庄三郎参議院議員の部屋を訪れた。自見議員は一行の要望を聞き、その場で文科省初等中等教育局初等中等教育企画課制度教育改革室の室長に電話をかけ、「外交問題に子どもたちを巻き込んではならない。問題を本気で解決する気持ちがあれば、1〜2週間でできるはず」と話した。

                       最後に、一行は文科省を訪れ、要請書とともに2万5千余人分の署名を渡した。

                      [朝鮮新報 2010.4.23]


                      [クリック!]

                      金正日はすべての拉致被害者をすぐに返せ!国民大集会

                      0
                        明後日、国民大集会が開催されます。
                        どのような内容になるのか?注目をしておりますが、今までのような内容では、正直飽きられてしまいます。
                        国際連携も必要でしょうが、拉致問題だけでなく北朝鮮の人権侵害問題に取り組む国内の諸団体との連携も必要です。
                        そういった方々にも、登壇してもらう機会を作るべきだと感じますが・・・・。

                         
                        http://www.sukuukai.jp/pdf/2010040101.pdf


                        [クリック!]

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        3031     
                        << August 2020 >>

                        recommend

                        recommend

                        links

                        profile

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM