スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.09.21 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    [クリック!]

    自分達だけ帰国を果たそうとするのは身勝手な言い分

    0

      昨日、よど号グループの帰国について朝日新聞の記事を紹介しましたが、家族会事務局長の増元照明さんのウェブサイトに今回の件についてご自身のコメントが掲載されておりますので参考までにご覧下さい。http://www.interq.or.jp/power/masumoto/ms.html

      5月8日の特別講演「よど号グループと拉致」では、帰国問題が中心になるかと思います。
      よど号事件については、大変奥深く講演もマニアックな内容になりがちですので、今回は出来るだけ解り易く解説してもらう予定です。是非、ご参加ください!
      因みに昨日今日と、各政党・在京マスコミ・地元新聞TV局に郵送、FAXにて講演会の案内を出しました。
      タイムリーな話題だったのか、早速問い合わせの電話が入っております。どのような方々が参加頂けるのか?大変楽しみです。




      [クリック!]

      急展開? よど号6人、帰国へ軟化 「拉致の逮捕状撤回求めない」

      0
         いや〜朝日新聞の記事を見て驚きました。これで年内帰国が実現する可能性が高まってきました。
        裁判で、拉致疑惑?を晴らすのだと息巻いているようですが、今までの経緯からして真相究明に繋がるかは非常に不透明です。
        さ〜日本政府・中井国家公安委員長は、どのように対応するのか?注目です!

        さて本日、家族会の斉藤文代さん(松木薫さん姉)から、街頭活動及び講演会に参加される旨のお電話を頂戴いたしました。
        果たして、どのような講演会になるのか?乞う期待!?

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        よど号6人、帰国へ軟化 「拉致の逮捕状撤回求めない」
         1970年に日航機「よど号」をハイジャックし、現在北朝鮮で暮らす実行犯の元赤軍派4人とその妻2人のいわゆる「よど号グループ」全員が、これまで帰国の条件としていた「欧州での日本人拉致事件に絡む一部のメンバーらへの逮捕状の撤回」を求めない方針に転換したことが、宗教関係者らによる訪朝団の話などでわかった。メンバーらが希望する早期帰国に向けて大幅に姿勢を軟化させた形で、日本政府との協議を求めているという。

         帰国を準備しているのは、ハイジャック実行犯9人のうち小西隆裕(65)、若林盛亮(もりあき)(63)、赤木志郎(62)、魚本(旧姓・安部)公博(62)の4容疑者=いずれも国外移送略取容疑などで逮捕状=と、実行犯の妻の森順子(よりこ)(56)、若林佐喜子(55)=いずれも旅券法違反容疑などで逮捕状=の2容疑者の計6人。警視庁は、魚本、森、若林佐喜子の3容疑者が欧州での日本人拉致事件に関与したとして02年から07年にかけて国際手配している。

         残る実行犯5人のうち3人は死亡、1人は日本国内で逮捕されて実刑判決を受け、1人の所在は確認されていない。

         関係者によると、6人は平壌市内に住んでおり、今月13〜17日に訪朝した「日朝文化交流団」の代表者らと15日、同市内のホテルで面談した。

         メンバーらと長年交流を続けてきた団長の池口恵観(えかん)・最福寺(鹿児島市)法主が「早期帰国」を説得。メンバーらはこれに応じ、「帰国に向けた第一の闘争課題」としてきた拉致事件の逮捕状撤回にこだわらずに帰国し、裁判となった場合は法廷で「潔白」を証明する方針を確認した。一方で、帰国前に日本政府の関係者に意見を述べる場を設けてほしいと希望した。帰国方法など、政府との協議は池口氏に一任したという。

         小西容疑者は池口氏に「帰国実現の機が熟した今、『よど号問題』を解決するために私たちが日本政府と話し合える場を作って頂きますよう切に要請する次第です」などと記した書簡を渡した。

         池口氏は「拉致と無関係なら法廷で主張しなさい、とにかく帰ることが大事だと繰り返し伝えた。早期帰国実現のために政府などに働きかけたい」と話した。

         北朝鮮にいるよど号グループ関係者の一人は、朝日新聞の国際電話の取材に応じ「拉致容疑をかぶせられたままの帰国は北朝鮮への敵視政策を助長させることになり受け入れ難いが、還暦を過ぎ、亡命先に安住するのではなく帰国して国のために尽くしたいという強い思いがある」と語った。

         よど号グループは80年代以降、日本政府がハイジャックの罪を問わないことを条件に帰国すると主張してきたが、2002年7月、一転して逮捕覚悟で帰国すると表明。しかし、02年9月、小泉純一郎首相(当時)の訪朝で、金正日(キム・ジョンイル)総書記が日本人拉致を認めると「拉致の疑いをかぶせられた帰国は受け入れられない」として、魚本容疑者らへの逮捕状撤回などを帰国の条件としていた。

         関係者によると、よど号犯の存在を理由の一つとして北朝鮮を「テロ支援国家」に指定していた米国が08年10月に指定を解除して以降、グループは「帰国して冤罪を証明する」方向で検討していた。ハイジャック事件については無罪を主張せず、逮捕、裁判を受け入れるという。

         よど号グループの処遇を巡っては、08年6月の日朝の外務省実務者公式協議で、北朝鮮側がよど号事件関係者の引き渡しや拉致事件の再調査に協力し、日本側がその見返りとして制裁を一部緩和することで合意。しかし、その後交渉は進まず、宙に浮いた状態になっていた。(武田肇)

             ◇

         〈よど号事件〉 1970年3月31日、赤軍派の学生ら9人が羽田発福岡行きの日航機を乗っ取り、北朝鮮行きを要求。韓国当局は金浦国際空港を平壌と偽り着陸させ、解決を図ったが失敗。3日後、山村新治郎運輸政務次官(故人)を身代わりにして乗客を解放し、平壌に渡った。現在、北朝鮮に残るのは実行犯4人とその妻2人の計6人。警視庁はうち3人が欧州での日本人拉致に関与したとして国際手配しているが、グループ側は否定している。


        [クリック!]

        未だ、北を「地上の楽園」と信じて止まない人達

        0
          私にはどうしても理解できない事があります。
          それは、北朝鮮が「地上の楽園」と信じきってしまっている人たちです。
          そういう人達の大半は、信じきってしまうと言うよりは、信じたい!そうであって欲しい!と言うのが本当かもしれません。
          そして、強制的に総連の傘下に入らされ苦しんでいる在日の方々も、意に反して信じるしかない現状は、あまりにも悲劇です。
          でも、総連の幹部や福岡県日朝友好協会の面々、国交正常化議連の山拓氏、東順治氏などは、最も軽蔑されて当然の連中です。
          国交回復を目論むセンセイ方は人権侵害問題を無視してまでも得をする何かがあるのでしょう。人として絶対に許せません!
          そして、この方もです。ブログを拝見して絶句しました・・・・。
          http://ameblo.jp/dewisukarno/entry-10511006071.html
          あの?よど号グループの連中でさえ、北に見切りをつけ望郷の念に駆られているのに・・・・・・。

          この怒りを、5.8講演会にぶつけようと思います。
          この問題に右・左は関係ありません。例え、よど号支援者でも歓迎です。(H・Jや拉致という行為の総括だけは、つけて欲しいものですが)
          是非、ご参集下さい!

          [クリック!]

          朝鮮学校除外を批判 高校無償化で北朝鮮大使

          0


            この記事読んで噴出してしまいましたw ヤクザが人権侵害を訴えているようなものです。
            そのヤクザの親分に誉められている中井担当大臣以外の鳩山内閣の閣僚達。情け無いですね。
            高校授業料無償化という愚策・金のバラマキをしようとするから、このような事になるのです。
            金だけでなく地方参政権までもくれてやろうとしている現状では、誰からも相手されなくなります。
            中井担当大臣のように北朝鮮に対して強硬に出ない限り、足元見られるだけで交渉しても無駄です。
            拉致問題はじめとする人権侵害を止めない限り、金正日独裁政権打倒を目指すぞ!と息巻くくらいの事を言えないのでしょうか?
            ヤクザに友愛を説いても無駄ですし、北東アジアの平和は構築できません。それは周辺国見れば判る事です。
            そろそろ退場してくれませんか、鳩山さん!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
             朝鮮学校除外を批判 高校無償化で北朝鮮大使
             '10/4/17 中国新聞

             【平壌共同=井原康宏】北朝鮮の宋日昊ソン・イルホ・朝日国交正常化交渉担当大使は17日、平壌ピョンヤンで共同通信の取材に対し、日本の高校無償化法について「(4月1日の施行時点で)朝鮮学校を除外したのは、在日朝鮮人子女への過酷な心理的圧迫で、孤立感を与える深刻な民族差別だ」と批判、善処を求めた。同時に「無償化されれば、政権が代わって新しくなったと受け止め、こちらとしてもやるべきことをやる。期待を崩していない」と述べ、この問題が決着すれば、鳩山政権との間での対話再開の用意があることを示唆した。

             北朝鮮の対日政策を担当する宋大使が日本メディアと会見するのは昨年9月の共同通信との会見以来。この時も対話再開に向けた鳩山政権への期待感を示していた。

             鳩山政権は同法に基づく就学支援金を朝鮮学校の生徒に支給するかどうかの判断を夏の参院選後に先送りしたが、宋大使は「(朝鮮半島)植民地時代の創氏改名や民族同化のような考えが、日本に根深く残っているのではないかと感じている」と指摘。「一日も早く無償化されることを期待したい」と強調した。

             鳩山政権の対北朝鮮政策に関しては、経済制裁延長などを例に挙げて「自民党時代の非友好的な政策を踏襲し、さらに(高校無償化問題で)後退している」と不満を述べながらも、「自民党時代と違ってわれわれを刺激するような発言は、中井洽国家公安委員長を除き、閣僚レベルでは出ていない」と一定の評価。黄長〓ファン・ジャンヨプ・元朝鮮労働党書記の訪日についても「(日本招致を進めた中井氏らの)個別的な行動で、民主党自体の政策ではないとみている」と述べるなど、日朝対話再開への環境整備に努める姿勢を見せた。

            【お断り】〓は火の右側に「華」です。JISコードにないため表示できません。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            余談ですが昨日、東京で外国人参政権反対一万人集会が開催され、自民党だけでなく国民新党・みんなの党・立ち上がれ日本そして民主党からも参加があったようです。そして民主党の支持母体のゼンセン同盟までも・・・・。当然、この事についてマスコミはそれなりに報道しましたが、地元西日本新聞だけは全く無視!西日本新聞の報道姿勢は、どうなってんでしょうか?


            [クリック!]

            5.8特別講演「よど号グループと拉致」について

            0


              今回の特別講演には拉致被害者家族連絡会のメンバーも参加されます。
              現在決定しているのは、有本明弘さん(有本恵子さん父)と平野フミ子さん(増元るみ子さん姉)です。
              その他にも、救う会関係者・しおかぜネットワーク関係者も出席の予定です。
              今回の講演会は本会の総会も兼ねておりますが、何方でも参加出来ます。
              入場無料です。ご参加お待ちしております。

              [クリック!]

              先ずは、日本人に成りすましてテロを起こした事への謝罪を!

              0
                今回の金賢姫元工作員の来日について、政府も家族会・全国協議会も当然、拉致問題ありきの姿勢です。
                理解できますが、でも来日するのなら先ずは、大韓航空機爆破事件における日本人成りすましによって、日本国・国民に多大な迷惑を被った事への謝罪を求めるべきなのでは?
                それもしないで来日し、過去の話をして家族会を励まされても、合点が行かないと思いますし、韓国の遺族会も当然反発するでしょう。
                バーレンの日本人外交官が奔走し、金賢姫が北の工作員だった事を突き止めたからこそ、事件は北のテロである事が判明したわけです。
                もしも、蜂谷真由美のままであったのなら・・・そう考えた場合、日本と韓国は国交断絶し、北の思惑通りになっていたでしょう。
                抱き合って喜んでいる場面はもう結構!先ずは被害者へ謝罪し、これから如何に北を追い詰め、独裁国家を打倒するかを考えましょうよ。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                金賢姫元工作員 来月日本招請へ 中井担当相、韓国側と詰めの協議

                4月16日9時6分配信 産経新聞

                 金賢姫元北朝鮮工作員の5月中の日本招請に向け、中井洽(ひろし)拉致問題担当相が今月下旬に訪韓を計画するなど、韓国側との詰めの協議をしていることが15日、分かった。関係者が明らかにした。金元工作員の来日をめぐり、日本側はすでに外交ルートを通じて韓国側に協力を要請。韓国側は協力的な姿勢を示しているとされる。

                 中井氏の訪韓に先立ち、外務、警察両省庁は近く、担当官を現地に派遣するなど連絡体制を強化し、実務者間での調整作業に入る方針。

                 中井氏は拉致問題の解決へ向け、日韓が連携して取り組む姿勢を内外に示すため、日米韓などの市民団体が今月25日からソウルで開く「北朝鮮自由週間」の関連行事に出席する方向で調整している。金元工作員の来日をめぐる韓国側との協議はこの滞在期間中に実施されるとみられる。

                 金元工作員は昨年3月、拉致被害者の田口八重子さん=拉致当時(22)=の兄、飯塚繁雄さん(71)と韓国で面会。その後、日本政府関係者と面会した際、横田めぐみさん=同(13)=と北朝鮮で「会ったことがある」と証言している。

                 韓国政府内には当初、南北関係への配慮から「(来日は)難しい」との見解があった。しかし、日本との信頼関係を重視する李明博大統領が「(拉致という)人権問題と南北関係は別」との立場を示しており、韓国政府は協力姿勢に傾いているとみられる。

                [クリック!]

                朝鮮学校教科書の日本語版を出版

                0
                  言わずもがな、本会は朝鮮学校への授業料無償化適用に断固反対です。
                  先日も街頭活動の折、反対のビラを配布させて頂きました。
                  本来なら、救う会全国協議会が先頭に立って、断固反対を訴えるべきなんですが・・・・。
                  そんな中、朝鮮学校で使われている教科書の日本語版が出版される事になりました。
                  適用すべきと主張している方々に是非、読んで欲しいものです。特に、松本龍衆議院議員には。
                  なんなら、こちらから贈呈してあげましょうかw

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

                  朝鮮学校教科書の日本語版を出版 目立つ個人崇拝 無償化論議に一石
                  (2010.4.15  産経)

                   朝鮮学校に対する高校授業料無償化の適用を政府が先送りした問題に関連、「朝鮮学校の虚偽教育の実態を日本政府や国民は知るべきだ」と北朝鮮専門家らが朝鮮学校の歴史教科書「現代朝鮮歴史 高級1」(高校1年用)の日本語版を15日に出版する。金日成金正日ファミリーの個人崇拝が目立つ内容であり、無償化適用の論議に一石を投じることになりそうだ。

                   翻訳したのは「朝鮮高校への税金投入に反対する専門家の会」。ジャーナリストの萩原遼氏(69)が研究者ら9人で立ち上げた。

                   高校1年用は北朝鮮建国と朝鮮戦争まで(1945〜53年)だが、教科書は朝鮮戦争を「韓国が起こした」とし、建国時のソ連の軍政には全く言及せず「金日成主席様」による「反帝反封建民主主義革命」だったと記述。萩原氏は「日本の公費を要求するのであれば、本来なら朝鮮学校が教育の中身を公表すべきだ。知る権利は日本人のわれわれの側にある」としている。

                   朝鮮学校は在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下にあり、教科書は総連中央常任委員会教科書編纂(へんさん)委員会が作成している。朝鮮総連は無償化の先送りを「民族差別」として、街頭ビラ配布などの抗議行動を全国で展開中で、北朝鮮も朝鮮労働党機関紙「労働新聞」が社説で「反総連、反共和国政策の日本反動どもの策動」などと主張している。

                   萩原氏は「教科書を読めば朝鮮学校の教育が史実を歪曲(わいきよく)し、反日反米など政治の道具化していることが明白にわかる」と反論している。同会は2、3年生用も今月中に出版するほか、虚偽記載を指摘した解説書も出版する。日本語版発行元「星への歩み出版」((電)072−990−2887。メールアドレスhosihenoayumi@gmail.com)


                  [クリック!]

                  拉致以外の北朝鮮による人権侵害問題にも関心を!

                  0
                    日本は、とかく拉致問題の解決ばかり主張していると言われがちです。
                    特に海外では、国連や国際会議の場において、北朝鮮と激論・非難・中傷合戦を繰り返しているように見られています。
                    日本政府もハッキリ言って、やり方が下手です!国際社会に訴えるのなら、全ての北朝鮮の人権侵害問題を糾弾すべきです。
                    無論、我々も然り。もっと拉致以外の人権侵害問題に関心を寄せ、行動しなければなりません。
                    4月17日から映画「クロッシング」が東京で上映されます。
                    福岡では、少し遅れて6月26日からKBCシネマで上映予定です。
                    また、北朝鮮難民救援基金の野口孝行氏による著書「脱北、逃避行」が発刊されました。
                    この機会に併せて、ご覧いただければと思います。

                    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                    特定非営利活動法人・北朝鮮難民救援基金

                     http://www.asahi-net.or.jp/~fe6h-ktu/toppage.htm


                    いよいよ4月10日刊行! 「脱北、逃避行」
                    2010/04/05

                     「公安が来た……」
                    部屋の内側からのぞき穴に顔をつけていた現地ガイドの崔さんが、声を震わせながらつぶやいた。振り返った彼女の顔は硬直し、血の気がすっかり失せている・・・・・・

                     ・・・・現在も少しも変らない中国の脱北者への姿勢。
                     脱北者を救うべく同行する途上で中国公安の手により捕らえられて投獄され、脱北者たちを失った痛恨の記録。
                     是非お読みください。

                    [クリック!]

                    昨日の街頭活動に関して

                    0
                       昨日は、予定通り月例街頭活動を実施。約15名のメンバーと家族会・平野フミ子さんが参加。
                      5.8「よど号グループと拉致」講演会等のチラシ配布、署名、カンパのお願いをさせていただきましたが、
                      反応は上々で、署名に関しては、いつもの1.5倍頂きましたし、平野さんの演説に、立ち止まって真剣に聞かれる方も目立ちました。
                      やはり市民にとってこの問題は、関心があるのだと充分感じ取れる街頭活動となりました。
                      ただ残念だったのは、告知していたにも拘らずマスコミが一社も来なかった事です。
                      マスコミにとっては、拉致問題はこう着状態でニュースにならないと判断しているのでしょうか?
                      因みに朝鮮学校に対する授業料無償化適用については、産経を除けばほほ、適用すべきとの主張。
                      無論、本会は断固反対です。この事も街頭活動ではチラシと演説で訴えさせていただきました。
                      朝鮮学校=総連の傘下、下部組織であり、金日成・金正日という独裁者を礼賛し、反日教育を行っている事は明白にも拘らず、何故、適用せねばならぬのか?理解に苦しみます。
                      在日・人権・子供・教育というキーワードで完全に思考停止になる産経を除くマスコミにとって、本会の主張は、理解出来ないでしょうが、せめて適用賛成、適用反対を対等に扱うくらいの事はやって欲しいものです。

                      [クリック!]

                      ヒト、カネ、モノを完全に止めよ!

                      0
                        昨日、現行の経済制裁延長が閣議決定されました。
                        正直、まだまだ生ぬるいと言った感じです。本気で取り戻そうと思うのなら、完全にヒト、モノ、カネを止めるべきです!
                        無論、朝鮮学校に対する授業料無償化も除外すべきです。
                        残念ながら、今の日本政府に救出の気概が感じられません。
                        きっと、参議院選挙前になると何かしらのアクションはかけてくるでしょうが、所詮パフォーマンスです。
                        そんな政府の尻を叩くのが我々国民です!頑張りましょう!

                        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


                        我が国の対北朝鮮措置について(内閣官房長官発表)
                        平成22 年4月9日

                         平成18 年10 月の北朝鮮の核実験実施発表を契機に我が国が実施している「北朝鮮籍船舶の入港禁止」の措置及び「北朝鮮からのすべての品目の輸入禁止」の措置、並びに平成21 年5月の核実験実施を契機に実施している「北朝鮮に向けたすべての品目の輸出禁止」の措置については、期限が4月13 日に到来するため、本日の閣議において、これらを一年間継続するための所要の手続をとった。

                         北朝鮮は、拉致問題について平成20 年8月に合意した調査のやり直しにいまだ着手していないことなど具体的な行動をとっておらず、核・ミサイル問題についても、我が国を含む関係国の働きかけにもかかわらず、平成21 年4月のミサイル発射に加え、同年5月には核実験を実施したほか、六者会合への復帰にも未だ応じていない。こうした北朝鮮をめぐる諸般の情勢を総合的に勘案し、これらの措置の継続が必要と判断したものである。

                         政府としては、北朝鮮の具体的行動を引き出すため、我が国独自の措置及び国連安保理決議に基づく措置を着実に実施していく。措置の執行に当たっては、関係省庁が緊密に連携し、厳格に対応する。さらに、日本が主導して採択された国連安保理決議第1874号において求められている貨物検査を的確に実施できるよう、政府として関連法案の早期成立を期す。

                         政府としては、日朝平壌宣言にのっとり、拉致、核、ミサイルといった諸懸案を包括的に解決し、不幸な過去を清算して、日朝国交正常化を早期に実現するとの基本方針に変わりはない。

                         以上の一連の措置を含め、我が国が北朝鮮に対してとる措置は、北朝鮮側が拉致、核、ミサイルといった諸懸案の解決に向けた具体的な行動をとる場合には何時でも、諸般の情勢を総合的に勘案して、その一部又は全部を終了することができる。そのような行動を速やかにとるよう、特に拉致問題は被害者及び御家族が高齢となっており一日も早く解決させるよう、北朝鮮に強く求める。

                         政府としては、平成20 年8月の日朝間の合意事項を履行する方針を維持する考えであり、この機会に、改めて、北朝鮮が具体的な行動をとることを求める。
                        (以上)

                        [クリック!]

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        262728293031 
                        << July 2020 >>

                        recommend

                        recommend

                        links

                        profile

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM