スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.09.21 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    [クリック!]

    4月10日、月例街頭活動を実施します!

    0
       今月も月例街頭活動を明後日、実施します。
      家族会からも平野フミ子さん(増元るみ子さん姉)が参加されます。
      是非、皆様もご参加下さい。


      政府は拉致被害者全員の救出に全力を尽くせ!
      すべてのモノ、カネ、ヒトの流れを止めよ! 街頭署名活動

      日時 平成22年4月10日(土)午後2時〜4時
      場所 福岡市中央区天神2-11・天神ソラリアステージ前
      主催 救う会福岡
      連絡先 (事務局携帯)

      [クリック!]

      来日の黄氏対応、鳩山政権内の足並みそろわず

      0
        折角、招聘したのに鳩山内閣はこのザマです。
        外務省・岡田外相も相変わらずの対応で、政権が変わろうとも所詮、旧態依然という事でしょうか。
        マスコミも拉致問題の事ばかり・・・・。強制収容所などの人権侵害問題も併せて何故報道しないのでしょうか?
        国際社会に対して北の人権侵害問題の深刻さをアピールする絶好の機会なのに、政府もマスコミもこのザマでは、お話になりません!
        我が国の人権意識の低さを露呈した格好です。本当に恥ずかしいですね。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        来日の黄氏対応、鳩山政権内の足並みそろわず

         北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記の元側近で、韓国に亡命した黄長(ファンジャン)ヨプ・元朝鮮労働党書記が4日に来日し、5日、中井拉致問題相や拉致被害者の家族らと相次いで会談した。(ヨプは「火」へんに「華」)

         黄氏の来日は、中井拉致問題相が拉致問題での協力を求めて韓国政府に求めていたものだが、一連の日程調整をめぐり、対北朝鮮外交を担当する外務省は距離を置いている。黄氏は岡田外相と面会する予定もなく、鳩山政権内の対北朝鮮対応の足並みがそろっていない様子を浮き彫りにしている。

         黄氏は5日、中井拉致問題相のほか、衆参両院の拉致特別委員会など関係委員会の委員長らと会談した。ただ、黄氏本人は朝鮮労働党時代に拉致問題に直接かかわっておらず、外務省など関係者の間では、「拉致問題の中枢にかかわる新情報が明らかになる可能性は低い」との見方が大勢だった。中井拉致問題相も5日の会談後、「新しい情報はなかった」と語った。

         このため、岡田外相は「北朝鮮への刺激を避けたいとの考えから、訪日要請に消極的だった」(外務省関係者)という。

         外務省内では「中井拉致問題相が独自に動いて困る」と岡田外相との連携不足を指摘する声がある一方、「拉致問題相として、検討課題解決のため動いているのだろう」と理解する声もある。

        (2010年4月5日 読売新聞)

        [クリック!]

        よど号グループよ、己らの帰国よりも拉致被害者を日本に戻せ!

        0
          一昨日、京都大学構内で、よど号支援者によるシンポジウムが開催されました。
          我々仲間が潜り込んで様子を見てきたそうです。その模様は5月8日の本会主催の講演会で
          お話させてもらいます。
          それにしても勝手のいい連中ですね。革命ごっこの末、北でも厄介者扱い。それで望郷の念に駆られているのでしょう。
          ヨーロッパでの拉致によど号グループが絡んでいることは、周知の事実!
          今度の講演会ではその事を、徹底的に明らかにしていきたいと思います。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          よど号40年でシンポジウム「全員の年内帰国を目指す」

          2010.4.4 産経新聞

           よど号ハイジャック事件をめぐり、メンバーやその家族の帰国支援を行っているグループは3日、北朝鮮に残っている事件の実行犯4人やその妻2人について、全員の年内帰国を目指して活動する方針を打ち出した。事件から40年を迎えるのに合わせ、京都市内で行われたシンポジウムで明らかにした。

           帰国したグループの家族や支援者ら約130人が参加。メンバー支援のため、繰り返し訪朝している救援連絡センターの山中幸男事務局長は「帰国問題は年内でけりをつけたい。解決のための訪朝団を数回、組織する」と述べた。

           シンポジウムには北朝鮮に滞在するメンバーからもメッセージが寄せられた。「ハイジャック自体は反省、総括すべき」としながらも、日本人拉致事件に絡み、メンバーに逮捕状が出ていることについては関与を否定。「拉致疑惑についての身の潔白を証明したい」などとしたうえで、早期帰国の希望を示した。

           参加者からは「早期帰国のためには、拉致事件について日本国内での裁判を通じて無罪を主張する手法が最も現実的」といった意見も出された。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          何方でも参加出来ます。是非、ご来場ください!

           

          [クリック!]

          拉致問題啓発ポスターについて

          0
            昨日、拉致問題対策本部が作成したポスター(3種類)のお披露目がありました。
            昨年、新調したものと併せて4種類になりましたが、こんなに作ってどうすんでしょう?
            どうせなら、日本中いたるところに拉致問題のポスターが掲示されるようにして欲しいものです。
            因みに今回作成のポスターは、民間団体にも配布するとの事。と言うことは、本会にも対策本部から送ってくるのでしようね。
            届き次第お知らせしますので、ポスターご希望の方は事務局まで連絡ください。

              

            [クリック!]

            映画「クロッシング」がいよいよ上映!

            0
              あの話題の映画が、いよいよ上映されます。
              福岡でもKBCシネマで近日公開予定です。 http://www.h6.dion.ne.jp/~kbccine/
              是非、ご覧下さい!特に在日朝鮮人の方は、絶対に見るべきです!

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              第81回 アカデミー賞外国語映画賞・韓国代表作品
              第13回 ハリウッド映画祭グランプリ受賞


              クロッシング

              世界を揺るが収容所国家<北朝鮮>
              脱北と引き裂かれた家族の衝撃!


              北朝鮮の炭鉱の町に住む三人家族。
              炭鉱で働くヨンスは、妻・ヨンハと11歳の一人息子の
              ジュニとともに、貧しいけれど幸せに暮らしていた。
              ある日、ヨンハが肺結核で倒れてしまう。

              北朝鮮では風邪薬を入手するのも難しく、
              ヨンスは薬を手に入れるため、危険を顧みず、
              中国に渡ることを決意する。 決死の覚悟で国境を越え、
              身を隠しながら、薬を得るために働くヨンス。
              脱北者は発見されれば容赦なく強制送還され、
              それは死をも意味していた。その頃、北朝鮮では、
              夫の帰りを待ちわびていたヨンハがひっそりと息を引き取る。

              孤児となったジュニは、父との再会を信じ、国境の川を目指す。
              しかし、無残にも強制収容所に入れられてしまう…。

              脱北者に冷淡だったノ・ムヒョン政権下で、危険を犯しながら
              極秘裏に撮影され、イ・ミョンバク大統領に政権交代した後、
              2008年6月、ようやく韓国で公開された待望の
              話題作がついに、日本公開! 


              ★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2010.04.02-2)

              ■映画「クロッシング」がいよいよ上映に−参考情報
              脱北者をテーマにした韓国映画「クロッシング」がいよいよ日本でも一般上映
              されることになりました。決死の脱北、強制送還、収容所、家族の離散などが、
              脱北者への取材により描かれ、多数の脱北者がスタッフとして参加した映画です。
              北朝鮮の現状、住民の苦難がリアルに描かれ、金正日政権の犯罪を告発していま
              す。ご関心の方はご視聴下さい。

              ◆横田滋・早紀江夫妻コメント
              「クロッシング」上映を契機に、国連による脱北者保護、わが国の受入枠の拡大
              を期待するとともに、北朝鮮の人権問題に関心が高い人だけでなく、多くの方に
              観ていただきたい。

              4月17日封切り、全国でロードショー開始

              2010年4月17日(土)より、渋谷・ユーロスペース、名古屋シネマスコーレ
              2010年5月 1日(土)より、銀座・シネパトス、千葉劇場、シネマート心斎橋
              2010年5月 8日(土)より、仙台フォーラム、八戸フォーラム
              2010年5月15日(土)より、横浜シネマ・ジャック&ベティ
              2010年5月22日(土)より、福島フォーラム
              2010年6月 5日(土)より、盛岡フォーラム盛岡、山形フォーラム
              ほか、全国順次 
              (札幌シアター・キノ、京都みなみ会館、福岡・KBCシネマ、…etc)

              [クリック!]

              拉致、承知していたが関与せず 元北朝鮮高官

              0
                 本日、ニュースで流れましたが、共同以外は「ささいなこと」と言う発言を強調したものが多く、本質を捉えていないような気がします。
                「ささいなこと」とは北朝鮮の人権侵害全体から見れば、と言うことであり、日本政府の国際社会に対するアピールの不味さを忠告するものだと思います。
                日本政府は拉致をはじめとする様々な人権侵害問題を許さないのだと言う姿勢が必要だと私も感じております。

                _________________________________________




                 3月31日、ワシントンで講演する黄長ヨプ元朝鮮労働党書記(共同)

                拉致、承知していたが関与せず 元北朝鮮高官

                 【ワシントン共同】1997年に北朝鮮から韓国に亡命した黄長ヨプ元朝鮮労働党書記は3月31日、日本人拉致問題について、北朝鮮にいたころから「知っていた」と述べたが、自らの関与は否定した。訪問先のワシントンで開かれた講演会の質疑応答で語った。

                 黄氏はさらに、日本人拉致問題は「ささいなこと」と述べ、日本が拉致問題に固執するあまり、北朝鮮の人権状況の改善に向けた取り組みが阻害されることになってはならないと主張。「北朝鮮による人権侵害の核心に関心を集中すべきで、相対的に取るに足らないこの問題にはぐらかされてはならない」と述べ、食糧難や政治的抑圧が続く北朝鮮情勢の改善に力を注ぐべきだと語った。

                 ただ黄氏は「日本が懸念するのはもっともだ」と述べ、拉致問題に対する日本の立場にも理解を表明。「北朝鮮による不断の人権侵害の一例」として、北朝鮮国内の人権状況改善と関連付けて解決を呼び掛けていけば「国際社会でより脚光を浴びる形で訴え掛けることができると思う」と語った。

                2010/04/01 09:16   【共同通信】

                [クリック!]

                日航機「よど号」乗っ取り事件から今日で40年

                0

                  本日で事件から40年を迎えます。
                  この事件は様々な意味で、日本に大きな影響を残しました。
                  しかし、40年経っても事件はまだ未解決です。有本恵子さんらの拉致問題も含め、グループが関わった事件の真相究明が急がれます。
                  今一度、この事件について検証すべく、講演会を企画しておりますので(5月8日17時〜天神ビル11階「よど号グループと拉致」)是非、ご参加ください。

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                  ≪参考≫

                  よど号グループとその家族など】

                   田宮高麿(代表) 北で死去 ※妻、子3

                  ※小西隆裕     65歳   妻、子2

                  ※赤木志郎     62歳   妻、子1、妹一家4

                  ※魚本(安部)公博 62歳   妻、子3

                  ※若林盛亮     63歳  ※妻、子2

                   岡本武      北で死去? 妻(北で死去?)、子2

                   柴田泰弘     56歳  元妻、子2

                   田中義三     服役中死去 妻、子3

                   吉田金太郎    北で死去? 未婚?

                  ※は在北朝鮮、敬称略


                  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

                  「赤軍派のやり方だめだった」「そろそろ帰国しないと」よど号事件から40年
                  2010.3.30 01:06産経

                   日航機「よど号」乗っ取り事件から31日で40年になるのを前に、北朝鮮に残るよど号犯のメンバーが産経新聞の電話取材に応じた。メンバーは「あっという間に過ぎた40年」「よど号問題は政治的遺物」と述べた上で、「北朝鮮ではいつもお客さんと感じてきた。60歳を過ぎてお客さんとはかい性がない。そろそろ帰国しないと」と語り、日朝外交上の“お荷物”となっている現状を事実上認めた。

                   電話取材に応じたメンバーは、若林盛亮(もりあき)容疑者(63)を名乗った。北朝鮮に暮らすメンバーは家族を合わせ一時30人を超えたが、逮捕されたり、子供ら全員が昨年末までに帰国したため、残るのは乗っ取りと日本人拉致の両事件で国際手配されている6人だけとなった。メンバーは「寂しくなった。(平壌での)商店運営など経済活動からも退いた」と述べた。

                   北朝鮮での40年間の生活を「苦労していない」「日本で言えば富裕層」とした上で、昨年11月に実施され、経済混乱を招いているとされるデノミネーション(通貨単位の切り下げ)を受け、「外貨が入り、得をしていた人が前より落ちた」「闇のレートがあったが、なくなった」と打撃を被った事実に触れた。

                   金正日総書記の三男、ジョンウン氏(28)への後継委譲については、ジョンウン氏をたたえるとされる歌の存在は知っているとした上で、「金総書記の(後継委譲の)ときは僕らでも分かったが、そういう雰囲気は感じない。あまり国民は意識していないんじゃないか」と語った。

                   メンバーの日本人拉致事件への関与については「代を継いで革命をやるために結婚目的で誘拐したとされているが、そんな悠長なことはない。われわれの代が何もしていないのに。まず帰国が目的。逮捕状自体認めるわけにはいかない」と述べた。

                   40年前の事件を振り返って「赤軍派路線自体がむちゃな路線だった。『われわれはあしたのジョーである』と言って“リング”に上がったが、やはり赤軍派みたいなやり方はダメと分かった」と、武装蜂起による日本革命やそのための国際根拠地建設論を実行犯自らが否定した。

                   6人の処遇をめぐっては、一昨年の日朝協議で北朝鮮側が引き渡しへの協力を表明したが、交渉に進展はなく、宙に浮いた状態となっている。

                   


                  [クリック!]

                  昨日の全国協議会幹事会について

                  0
                    昨日開催された幹事会の内容につきましては「救う会全国協議会ニュース」で報じられておりますのでご覧下さい。
                     http://www.sukuukai.jp/mailnews.php?itemid=2115

                    因みに福岡から参加を予定していた青木英実代表は急用が出来、欠席しております。

                    さて、週刊新潮に掲載の救う会和歌山の井川代表が書いた記事についても話し合われ、辞任勧告が出されております。当の本人は、当日は欠席・・・・。
                    もう一方、家族会の蓮池透氏についても、家族会から退会を言い渡されました。
                    お二人に共通して言える事は、主張したい事があるのなら、出てきて堂々と述べるべきであって、それをしないのは卑怯と言われても仕方ない事です。
                    お二方が、救う会・家族会に対して今後、どのような態度に出るのか?注目です。

                    もう一つ、残念だったのは朝鮮学校に対する無償化反対が明確に打ち出されなかった事。
                    この事は朝鮮総連に関する対応も含め、本会としては強い態度で対決すべきだと考えます。
                    本会としては、同じような考えの地方組織と連携しながら独自で訴えていく所存です。

                    [クリック!]

                    平成22年総会ご案内 特別講演「よど号グループと拉致」

                    0




                      北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会 平成22年総会

                      日時 平成22年5月8日(土)16時半開場 17時開始

                      場所 天神ビル 11階9号会議室
                         (福岡市中央区天神2丁目12−1)

                      特別講演 『よど号グループと拉致』

                      パネリスト 高沢皓司氏(ジャーナリスト)
                            野村旗守氏(ジャーナリスト)
                            川添友幸氏(救う会神奈川代表)
                            上野一彦氏(救う会高知事務局長)
                            北朝鮮による拉致被害者家族連絡会


                      主催 北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会
                      協賛 よど号グループに真相を究明する会

                      お問い合わせ先 救う会福岡 事務局


                      [クリック!]

                      救う会全国協議会幹事会開催

                      0
                         本日は東京にて11時より救う会全国協議会幹事会が開催。
                        今回も家族会と合同の会議となります。福岡からは、青木英実代表が参加です。
                        役員改選や今年度の活動方針などが話し合われますが、今回の週刊新潮の記事についても時間をとるとの事。
                        どの様な結果になるか判りませんが救う会も家族会も、もう少し緊張感を持って取組んでいかねばと感じております。

                        今日の模様は、NHKニュースなどで報道されると思いますので、チェックしてみてください。

                        [クリック!]

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        262728293031 
                        << July 2020 >>

                        recommend

                        recommend

                        links

                        profile

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM