スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.07.09 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    [クリック!]

    「写真は横田家から1枚も何処にも出していません」横田夫妻から連絡

    0
      ★☆救う会全国協議会ニュース★☆

      (2016.06.09)


      「写真は横田家から1枚も何処にも出していません」横田夫妻から連絡



      ■「写真は横田家から1枚も何処にも出していません」横田夫妻から連絡

      本日、6月9日発売の「週刊文春」は「横田滋・早紀江夫妻に孫娘ウンギョンさんが初告白」と題する有田芳生氏の署名記事とグラビアを掲載した。グラビアには「横田夫妻孫娘ウンギョンさんと生後10カ月のひ孫とのモンゴルでの面会写真を決意の初公開」との見出しが立てられ、「今回夫妻は、参議院議員の有田芳生氏と相談し、初めて写真を公開することを決意した」と書かれている。

      また、記事で有田氏は「横田夫妻と話し合った結果、ここにモンゴルで撮影された写真と交流の詳細をはじめて明らかにする。」と書いた。

      8日に流れたネットでの予告では有田氏の以下の言葉が紹介されている。「お二人は、このときの写真を引き出しにしまって、ときどき取り出しては楽しかった時間を思い出していたそうです。『機会があれば、この当たり前の喜びをみなさんに知っていただきたい』というお気持ちをもっていたのですが、あれから2年が経過して、日朝交渉が再開する見通しがない現状を踏まえて、『拉致問題がどんな悲しみを生んだか、改めて皆さんに関心を持っていただきたいんです』と、当時の写真を公開することを決めたのです」。

      以上を読むと、あたかも横田さんご夫妻が自分たちの所有している写真を有田氏に預けて公開してもらったと多くの読者は判断したはずだ。

      しかし、救う会が横田さんご夫妻から確認したところ、午前10時過ぎに西岡会長に「写真は横田家から1枚も何処にも出していません」という連絡を受けました。また、6月8日付けで横田さんご夫妻の名前で以下のような手書きコメントが出ていることも確認できた。正しい事実を知って頂くためにそのコメント全文を紹介する。(なお、昨夜、このコメントに先駆けて6月とだけ書かれた「マスコミの皆様へ」と題する手書きコメントも出されている。そちらには夫妻の率直な心情が「私共が願います事は、唯一つ、一刻も早く、被害者の全部が家族と共に祖国に帰国出来ます様、強く政府にお願い致したく思います。」と述べられている。そちらも全文公開する。


      ◆皆様へ

      この度の週刊文春に掲載の孫たちとの写真は、横田家から提出してお願いをしたものではありません。

      有田氏が持参なさり、「掲載する写真はこれです」と出されたものです。

      私達は、孫との対面時、孫から写真を外に出さないでほしいと約束していましたので、横田家からは、何処へも、一枚も出しておりませんし、今後も出しませんので、よろしく御理解頂きます様お願い致します。

      全て、掲載や、文章、等全て、私共から依頼した事でなく、有田氏から寄せられた事をご理解頂きます様お願い致します。

      6月8日 横田 滋
      早紀江


      ◆マスコミの皆様へ

      一昨年3月にモンゴル、ウランバートルで孫娘のウンギョン一家と対面した時のことは、私たちにとっては、とても嬉しい時間でしたが、もう2年以上の歳月が流れました。

      その時の喜びを、ご支援下さった方々にも知って頂きたいと思っておりましたところ、詳細は分りませんがウンギョン家族との面会のよろこびの写真を、公表する事に孫も同意してくれた様です。

      又、北朝鮮の再調査については報告もなく、これからどうなるのかも分からないと言う状況が続いています。大変、不安な気持ちです。

      私達は健康もすぐれず、今回の事につきましては、会見や個別の取材に応じる事が出来ません事をご理解下さればと存じます。

      私共が願います事は、唯一つ、

      一刻も早く、被害者の全部が家族と共に祖国に帰国出来ます様、強く政府にお願い致したく思います。

      28年6月 横田 滋
      早紀江

      以上

       

      [クリック!]

      昨日の「北朝鮮人権侵害問題啓発講演会&国民大行進in九州」について

      0


        昨日無事「北朝鮮人権侵害問題啓発講演会&国民大行進in九州」を終えることが出来ました。facebookも含めて今回の集会と国民大行進を支え て戴いた全ての方にお礼申し上げます。中でもボランティアスタッフの方々や役所の関係の皆さん有難うございました。無事?に終えられたのは、一重にスタッフの皆さん のお陰です。私自身は本当にハラハラしておりました。有難うございました。

        加藤拉致担当大臣や小川県知事、高島市長の挨拶は真剣なものでした。直ぐ後ろで聞いていましたが、「有り難い」と思っておりまし。併し、そう思いつつ、 「もう一歩足を前に出して欲しい。そしてその見識と気概で全職員をリードしてくれたら、そういう人たちが歴代続いていたら、今とは余程違う結果となってい ただろうに」と悔しく思いつつ聞きました。

        私の挨拶文は以下のものです。(小さいところは違っているかも知れませんが)


        ★★★★★★★★★★★★★★★


        本日はお忙しい中を多くの方にお集まり頂き、誠に有難うございました。心よりお礼申し上げます。ご協力戴いた関係者の皆様本当に有難うございます。深くお礼申し上げます。
         

        昨年私達はこの場で五つの決議を致しました。併し、残念ながらこの私どもの声は行政関係者の心には届きませんでした。「今回あの様な決議文を出すなら大臣 は参加できない。」というのが拉致対策本部事務局の答えであります。この「拉致は○○だ」もそうです。本当は「拉致は侵略だ」だったのです。県や市は「侵 略(という言葉)は政府も使っていないから協力できない」ということでした。真意を伝えましたが、それでも駄目だということでした。担当の皆さんが頑張っ ておられるのは分かっていますから、これきは無理だと諦めて、「侵略」を「○○」にして皆さんに考えてもらおうということにしました。
         

        併し、文字を変えても、消しても拉致被害者が5名しか帰っていないという現実は何も変わりません。この結果を聞いて、帰りのバスの中でも、家に帰り着いて も、涙が止まりませんでした。「横田さん申し訳ありません。もう駄目です。間に合いません。」そういう思いでした。十年前横田夫妻は、「めぐみちゃんを取 り戻して一緒に暮らしたい。奪われた時間を取り戻したい。」と言っておられました。併し、早紀江さんは最近「私達はできることは全てやりました。もう限界 です。政治の力で取り戻して下さい。」と言っておられます。これは「死ぬ前に一目会いたい。」ということではないですか。
         

        「拉致は侵略だ」は、横田さんたち家族の方々の「早く返して」という思いを実現するにはどうしたらよいのか、私達日本人が忘れてきたものは何か、と考えに 考えて、「拉致は北朝鮮の軍人によって行われた侵略だ」という原点に返って、国民にこの真実を訴えよう、ここから始めなければこの問題は解決できないとい う確信に至ったものです。
         

        併し、行政は「拉致は侵略」という真実を見ようとしませんでした。だから、「もう間に合わない」と涙せずにおられなかったのです。

        皆さん、拉致は発生から40年たっております。梶山静六氏が国会で北朝鮮による拉致の疑いが濃厚だと発言して28年です。金正日が拉致を認めて14年にな ります。然るに、帰国したのは愛情深い、勿論皮肉ですよ、金正日が一時帰国させてくれた方を返さなかった5名だけです。これが我が国の現実です。
         

        今のままのやり方では拉致被害者を取り返すことはできない、ということははっきりしているではありませんか。拉致対策本部は「国民一体となって」「粘り強 い交渉を」と言いますが、取り返す可能性が見えない状況をそのままにして置いて、何が「国民一体となって」ですか。何が「粘り強い交渉」ですか。国民は救 出の可能性が見えて初めて一丸になれるのです。
         

        我が国は民主国家であります。北朝鮮により侵害された主権とは国民が有する主権です。拉致は国民にとって他人事ではなく当事者そのものです。国民は拉致被害者を救出して日本の主権を取り戻せと政府に対して要求する権利と責任があるのです。
         

        それが民主国家ということであります。民主主義は真実から目を逸らしたら成立しません。ですから、言論の自由は保障されなければならない。言論の自由とは 真実を明らかにする為のものであります。民主主義は政府も政治家も国民も真実を真っすぐに見据える勇気と謙虚さと強さが必用なんです。拉致問題においても そこがスタート地点なのです。
         

        強い言葉を吐きましたが、ここに来ておられる皆さんは、他国による拉致を赦してはならない。拉致された仲間を家族を救わねばならないと考えておられる方々 です。安倍総理は誰よりも真剣に拉致と取り組んでおられます。だからこそ、私達も絶対にここで拉致被害者を取り返す為に、「拉致は侵略だ」という真実を国 民に伝えて新たな道を切り開く、これが今回の私達の目標であります。どうか皆さん40年も28年も取り返せなかった今までのやり方に替わる新たな道を切り 開こうではありませんか。


        [クリック!]

        拉致は○○だ。6月5日に福岡市役所で啓発集会

        0
          すでにご案内の通り、6月5日(日)に北朝鮮人権侵害問題啓発集会を開催します。概要は以下の通りです。

          北朝鮮人権侵害問題啓発集会&国民大行進in九州

          平成28年6月5日(日)13時より
          参加費:無料
          場所:福岡市役所15階講堂(福岡市中央区天神)
          主催:北朝鮮に拉致された日本人を救出する九州連絡協議会
          後援:福岡県、福岡市、佐賀県、鳥栖市、熊本県、長崎県、大分県、宮崎県、日本会議福岡 他多数

          多数のご参加をお待ち申しております。


          [クリック!]

          お見舞い

          0

            お見舞い

             昨日の熊本の地震は八女の施設で静養している時に起きたので、テレビが見られる環境ではなく、震度7と震源が益城町という情報と何回も続く余震から相当な被害がでているだろうと心配しましたが、あれほどとは思いませんでした。

             被災された方々の失望とこれからの困難を思うと言葉もありませんが、兎にも角にも先ずお見舞い申し上げる次第です。どうか、大きな余震がありませんように。

             増元るみ子さんのお姉さんの平野フミ子さんは「おおきなゆれだったですよ。でも被害はなかったですから安心して下さい。」とのことでした。松木薫さんの お姉さんの斉藤文代さんは食器棚などの家財がひっくり返ったけど大丈夫ですよ。」と話されました。お二人の話ではやはり相当揺れが強かったみたいです。

             救う会熊本の加納さん宅も罹災されており関係者の被災状況が心配です。どうか怪我などされていませんことをお祈りしつつ、お見舞い申し上げます。

            救う会・福岡代表   馬場能久


            [クリック!]

            4月定例街頭活動の報告

            0
              4月定例街頭活動の報告
              参加者20名
              お預かりした署名291筆
              募金16,950円
              でした。
              参加者の皆さんお疲れでした。
              署名・募金戴いた皆様有難うございました。

              [クリック!]

              4月定例街頭活動のお知らせ

              0

                4月定例街頭活動のお知らせ


                場所:福岡市中央区天神2-11・天神ソラリアステージ前

                日時:4月9日(土)午後2時から4時まで

                内容:署名活動、情宣活動(ビラ配布など)

                ※幹事の皆さんは13:30分に福岡市役所南側玄関前に集合して下さい。



                【ボランティアのお願い】
                手伝って頂けるボランティアの方、大歓迎です。
                拉致被害者救出運動の手伝いをお願いします。
                お一人で来られても構いません。

                (28.04.04)

                ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
                救う会・福岡
                (北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会)
                連絡先 馬場能久
                Fax:092-408-7642
                E-Mail sukuukai_fukuoka*yahoo.co.jp
                *を@に変えて下さい。
                ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

                 

                [クリック!]

                19日の3月定例街頭署名活動の報告です。

                0
                  19日の3月定例街頭署名活動の報告です。
                  5時から総会がある為か、いつもより多いボランティアの参加がありましたが、2時になっても街頭活動の為の道具が来ないというハプニングがあり30分遅れての開始でした。ボランティアの皆さん申し訳ありませんでした。そして、お疲れ様でした。
                  参加者             25名
                  ご署名           403筆
                  募金額      31,599円
                  皆様ご協力誠にありがとうございました。
                  =============================
                  ≪御願い≫
                  ボランティアスタッフ大歓迎。
                  当日飛び入りで参加されても構いません。
                  よろしくお願い致します。

                   

                  [クリック!]

                  3月定例街頭活動のお知らせ

                  0
                    ※3月は第2土曜日ではなく、第3土曜日です。

                    場所:福岡市中央区天神2-11・天神ソラリアステージ前
                    日時:3月19日(土)午後2時から4時まで
                    内容:署名活動、情宣活動(ビラ配布など)
                    ※幹事の皆さんは13:30分に福岡市役所南側玄関前に集合して下さい。

                    【ボランティアのお願い】
                    手伝って頂けるボランティアの方、大歓迎です。

                    拉致被害者救出運動の手伝いをお願いします。
                    お一人で来られても構いません。

                     

                    [クリック!]

                    お知らせ (拡散希望)  「ふるさとの風」・「しおかぜ」共同公開収録

                    0
                        お知らせ (拡散希望)



                      「ふるさとの風」・「しおかぜ」共同公開収録


                      ※北朝鮮の軍人により拉致され(よど号ハイジャック犯妻による拉致もありますが)今も北朝鮮で監視されながら生きている日本人被害者に向けて流される放送の政府と特定失踪者問題調査会による収録です。


                      開催日 平成28年3月18日(金)19:30〜21:00  開場19:00

                      場 所 西鉄ホール 福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージビル6F

                      入 場 無料(事前登録不要)

                      主 催 内閣官房拉致問題対策本部事務局 特定失踪者問題調査会

                      詳しくは http://www.chosa-kai.jp/furushio0318.html をご覧下さい。



                      ===============================

                      【調査会NEWS2136】(28.3.4)

                      ■しおかぜ近況報告/音楽の力

                      専務理事 村尾建兒

                      ●しおかぜ近況報告

                      3月末は世界的電波改編の時期に当たり、「しおかぜ」でも来期に向けた周波数確保の為に総務省と連携して来ました。そして、この1月末までトルコ・イスタンブールで開催されていた加盟国参加の国際周波数調整会議において、総務省は期待以上に多大な結果を出してくれました。これは単に「しおかぜ」の周波数確保だけでなく、我が国の国益にも叶う重要な成果です。具体的な内容は完全に確定するまでは差し控えますが、時間枠や出力など「しおかぜ」の今後に大きな援護射撃になるでしょう。

                      核実験を行い、ミサイルを発射、国連安保理決議も採択され、ますます世界から孤立する北朝鮮にとって、海外からの情報注入は間違い無く脅威となります。3月末からは更に強力な体制で北朝鮮へ立ち向かって参ります。

                      最後に、この場を借りて総務省の皆様に心より御礼申し上げます。



                      ●音楽の力

                      拉致被害者救出活動の渦中にいると「歌をうたっても被害者や帰ってこない」という言葉を耳にします。確かにその部分だけを見ればその通りです。

                      一方で、拉致被害者の曽我ひとみさんは、布団を被り森昌子さんの歌を歌っていたのは皆さんもご存じでしょう。また、日本人妻として北へ渡り、数十年という月日を越えて脱北された方々からは、当時の苦しい北朝鮮の生活の中で日本の歌が励みとなっていたという事もよく聞きます。そして、北朝鮮で海外からのラジオを聴き脱北した方も、とにかく聴きたかったのはニュースと音楽だったと口を揃えるかのようにお話になります。

                      音楽には人の心を励まし、勇気づけ、前向きにさせる大きな力があります。それはまた、歌う側にも同様の効果があり、思い込めた歌を沢山の人達で斉唱する事により、心を一つにし、被害者やそのご家族を慈しみ、士気を高めるエネルギーを持っています。

                      短波放送「しおかぜ」ではこの2年間ラジオを通じて、拉致被害者救出の願いを込めて作られ、歌われている曲を集めて「しおかぜコンサート」を放送し、昨年12月には、政府と共催により北朝鮮へラジオ同時生中継で「しおかぜコンサート」をライブで実施しました。これは絶望し、北朝鮮で生きて行くために心を閉ざした被害者の方々へ、希望の光となり、勇気と帰国、救出へ向け望みを持ち続けてほしい、そして、公開収録という形を取る事で、会場に集まった皆さんやネットライブ配信を見て下さった方々と願いを共有し、その思いを北朝鮮へ届けたいからです。また、音楽には垣根はありません。例え言葉が分からなくても人の心に響き、感情に訴え、北朝鮮全体に別の効果をもたらす可能性も期待で来ます。

                      今後、この試みを日本全国へ展開し、日本国民全体の願いを日本各地から北朝鮮へ生中継で伝えて行きたいと考えています。これはまさにオールジャパンの結集です。引き続き皆様のご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。


                      <「ふるさとの風」・「しおかぜ」共同公開収録>

                      開催日 平成28年3月18日(金)19:30〜21:00  開場19:00

                      場 所 西鉄ホール 福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージビル6F

                      入 場 無料(事前登録不要)

                      主 催 内閣官房拉致問題対策本部事務局 特定失踪者問題調査会

                      詳しくは http://www.chosa-kai.jp/furushio0318.html をご覧下さい。

                      ▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです

                      22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか

                      1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

                      [クリック!]

                      平成28年度総会のお知らせ

                      0
                        平成28年度総会のお知らせ

                        (日時)平成28年3月19日(土)
                            (1)開場   17:00
                            (2)総会     17:15〜18:20
                            (3)講演会   18:30〜19:30
                                  講師:全国協議会会長西岡力先生
                                  演題:最終決戦は続いている(今年の活動方針について)

                        場所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)会議室
                           福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号 あいれふ8階  
                           TEL:092-717-1237


                        以上の要項で平成28年度総会を行いますので、万障繰り合わせの上ご出席賜りますよう、宜しくお願い致します。出席されない方は委任状を、郵便又はFAX・Mailで提出お願い致します。

                        ※ 総会は会員の方(27年会費を納めておられる方)のみ出席できます。
                        (招待者は別です)

                        ※ 講演会はどなたでも参加できますが、会場の定員が50名程ですので事前に馬場までご連絡下さい。


                                                    救う会・福岡
                                                    住所:815-0031福岡市南区清水3丁目8-29-505
                                                    電 話:090-1082-6275(馬場)             
                                                    FAX:092-408-7642                      
                                                    Mail:sukuukai_fukuoka@yahoo.co.jp

                         

                        [クリック!]

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        << September 2017 >>

                        recommend

                        recommend

                        links

                        profile

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM