スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.09.21 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    [クリック!]

    「北朝鮮人権侵害問題啓発集会及び国民大行進」の報告とお礼

    0
        

       「北朝鮮人権侵害問題啓発集会及び国民大行進」には
      500名を超える参加者が集い、盛会裡に終了するこ
      とができました。厚く御礼申し上げます。

      特に古屋圭司拉致問題担当大臣は、安倍首相と共に各
      国と連携を図りながら着々と手を打ち続けておられる
      ことを報告され、更に任期中の解決に決意を示されま
      した。

      また小川県知事や眦臺_市長は家族会の気持ちを十
      分に受け止められ、拉致問題の解決に努力されること
      を語られました。

      私どもは家族の思いを自分の思いとして、拉致被害者
      全員を救出するまで戦い続けます。併しこれは皆様の
      ご支援とご協力があってこその戦いです。何とぞ、こ
      れからもご支援ご協力戴きますよう、宜敷お願い申し
      上げます。

                 平成25年7月2日

                救う会福岡 代表 辻 幸男



      [クリック!]

      6月定例街宣活動の報告

      0


        6月定例街宣活動の報告


        救う会福岡は6月8日(土)に午後2時から、
        福岡市中央区天神のソラリア前広場前歩道にて
        定例街頭活動を行いました。


        参加者      16名
        署名数     268筆
        募 金     25.820円


        今月も平野フミ子さん(増元るみ子さんの姉)がみえられました。最初に辻代表が今月30日の国民集会と大行進集における各自の役割を綿密に確認。その関係で、開始が少し遅れましたが、飯島訪朝以来、拉致問題解決に向けて動き出すのではという予感を皆が共有していて、動いて欲しいという弁士が多かったように思います。

        拉致被害者は日本という私たちの家の家族なんです。


        会員の横田さんが個人で集めていた署名

        署名数    170筆

        をご持参頂きました。


        (01) 開始前の打ち合わせ。6月30日の国民集会&国民大行進が迫り、その打ち合わせの最中です。





        (02) 石井英俊さんの司会で始まりました。真ん中は拉致被害者増元るみ子さんのお姉さん平野フミ子さん。




        (03) 弁舌さわやかな別府正寛さん。





        (04) いつもリュック姿で参加される熱心な松本博明さん。




        (05) これは本日2度目のマイクを持たれる平野フミ子さんです。苦しんでいる人がいる。涙を流している人がいる。私の妹も北朝鮮で苦しんでいます。救えるのは日本国民しかいません。妹を助けてあげて下さいと訴えられました。






        (06) お一人お人一人の募金によりこの運動は支えられています。本当に有難いです。今回の募金は25.820円でした。



        (07) この運動は姿の見えない方も含め多くの方の善意の協力があって初めて成立します。併しそれでも大きな負担がかかる方がいます。この方、別府正寛さんもその一人です。縁の下の大きな力持ちです。





        (08) ダンディな藤井守人さん。何でもこなされる方です。知識も広いです。凄いのは知識の広さより本質を見抜かれる洞察力。




        (09) 署名されていた一般の方です。皆さん有難うございます。今回の署名数268筆。




        (10) 署名を戴いている最中の平野さんです。




        (11) 松本さんは右に左に熱心に動かれます。




        (12) 大島一政さん。佐賀からお出でです。署名を求められている時の容貌からは創造できない行動派です。いわゆる開拓者です。頭が下がります。





        (13) 辻代表。天神は空気が悪いのでしばしば苦しそうに咳き込まれていました。が、一旦マイクを握ると気迫の人に戻ります。愛を語るなら、人権を騙るなら、北朝鮮による日本人拉致を騙ることを忘れてはならないのだと舌鋒鋭く迫ります。





        [クリック!]

        5月定例街宣活動の報告

        0
           

          5月定例街宣活動の報告

          救う会福岡は5月11日(土)に福岡市中央区天神のソラリア前広場前歩道にて定例街頭活動を行いました。

          参加者      22名
          署名数     215筆
          募 金     29.664円

          久しぶりに平野フミ子さん(増元るみ子さんの姉)が来られました。最初に集まったのは5名でどうなることかと心配しましたが、三々五々集まり、通りかかった会員も手伝ってくれて22名の参加となりました。

          国民の皆さんが一日も早く加わって欲しいです。弁士の誰かが言ってましたが、日本国民を守るのは日本国民です。拉致被害者も私たちも日本という家の家族なんです。

          (01)




          (02)




          (03)



          (04)




          (05)





          (06)




          (07)



          (08)




          (09)




          (10)




          (11)






          [クリック!]

          意見書採択の報告

          0
             

            平成25年3月25日

             

            意 見 書 採 択 の 報 告

             

            北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会

            代表 辻 幸男

            812-0011福岡市博多区博多駅前4-33-1 KMビル1階

            電話番号 070(5814)4492 FAX092(483)3368

             

             

            「拉致問題早期解決を求める意見書決議」を

            全市町村で採択を!(報告)

             

            昨年、平成24年5月18日より各市町村議会にお願いして参りました。

            平成25年3月25日現在、52市町村議会で決議されました。

            未採択は次の8市町村です。

             

                 中間市     筑紫野市

                 那珂川町    宇美町

                 小竹町     大任町

                 田町     築上町


            市町村議員の皆様には議員提案等積極的に取り組んでいただき、有難うございました。今年こそ拉致被害者めぐみちゃん達を取り戻す為に地道な署名活動や人権啓発講演会等を通して訴えてまいります。



            ※ 先の報告書(21日作成)ではみやこ町が入っておりませんでしたが、みやこ町は22日に可決されました。関係者の皆様、本当に有難うございました。




            [クリック!]

            平成25年度総会報告 (後)

            0



                  平成25年度総会報告 (後)




                    平成24年度「救う会・福岡」会計収支決算報告

                                                       平成24年12月20日
                                                       会計担当:大森謙一郎


                            項 目                  金 額  
                                                                                        
              収入の部                                                   
                 1  前年度繰越金                300,931円
                 2  会費                          489,600円
                 3  寄付金                         551,768円
                 4  雑収入(バッヂ販売)         37,880円
                 5  仮払い戻入                   956,967円
                                                                                     
                              収入計          2,537,146円             

                                                                                        
                                 
                 1  通信運搬費                    255,737円
                 2  旅費交通費                    110,174円
                 3  印刷費                            207,554円
                 4  備品購入費                       34,478円
                 5  事務用消耗品費                115,913円
                 7  雑費                                  45,806円
                 8  支援費(バッヂ購入他)    538,197円
                 9  仮払                               680,000円
                           (支出計)          2,041,929円

                            (残金)                495,217円





              ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽




              第12号議案・人事                  平成25年3月9日    


              │北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会        平成25年度人事案

                  
              │   │役 職        │氏  名                │担 当                  


              執  行  部 
                
              │ 1│ 代表          │ 辻  幸男            │ 全国協議会幹事 
              │ 2│ 顧問(※1)│ 青木 英実            │ 議決権はない    
              │ 3│ 副代表         │ 山本 泰藏            │ 外部団体への働きかけ  
              │ 4│  〃            │ 馬場 能久            │ 事務局長・広報・会計  
              │ 5│  〃            │ 藤井 守人          │ 広報・マスコミ 
              │ 6│ 幹事長         │ 水城 四郎            │ 特定失踪者問題調査会担当  
              │ 7│ 会計            │ 井 恵美            │ 出納      

                
              北 九 州 地 区                                        
              │ 8│ 常任幹事      │ 伊藤 伉               │ 北九州地区・責任者   
              │ 9│ 幹事            │ 松田 真理子         │ 役所窓口(北九州市)    
              │ 10│ 幹事          │ 大山 猛               │ 情宣 (北九州)       
              │ 11│ 幹事          │ 三林 佼子        │ 情宣 (福岡・北九州)  


              筑 豊 地 区                                            
              │ 12│ 常任幹事    │ 香月 洋一            │ 筑豊地区・責任者   
              │ 13│ 幹事          │ 小川 英造            │ 情宣(筑豊)    
              │ 14│ 幹事          │ 白木 源治朗         │ 情宣(福岡・筑豊)   

              福 岡 地 区  
                                                  
              │ 15│ 常任幹事    │ 塚田 征二            │ 福岡地区・責任者  
              │ 16│ 幹事          │ 青山 亀雄            │ 情宣 (福岡)  
              │ 17│  〃            │ 石井 英俊            │ 情宣 (福岡)     
              │ 18│  〃            │ 黒田 光弘            │ 情宣 (福岡)  
              │ 19│ 〃           │ 牧野 吉成            │ 情宣 (福岡)
              │ 20│ 〃           │ 本山 貴春            │ 情宣 (福岡) 
              │ 21│  〃            │ 吉村 恭二            │ 情宣 (福岡)
              │ 22│ 幹事          │ 丸山 廣               │ 情宣 (福岡) 
              │ 23│ 幹事          │ 鴨川 美津子         │ 情宣 (福岡)   


              筑 後 地 区                             
              │ 24│ 常任幹事    │ 中島 重夫            │ 筑後地区・責任者  
              │ 25│ 幹事          │ 野口 勝               │ 情宣 (福岡・筑後)  
              │ 26│ 幹事          │ 古川 正巳            │ 情宣 (筑後)


              監 査 委 員                                                        
              │ 27│ 監査委員    │ 永尾 逸子           │
              │ 28│ 外部監査人 │ 藤原 茂登雄        │






              平成25年総会風景07 





              平成25年総会風景08 





              平成25年総会風景09   意見を求められマイクを握られた大原巌救う会佐賀代表





              平成25年総会風景10    休憩時間中





              平成25年総会風景10   「北朝鮮の内部が崩れ始め高度な情報が漏れるようになった。拉致被害者は絶対に生きています」強く語られた西岡力全国協議会会長 








              [クリック!]

              平成25年度総会報告 (前)

              0
                救う会福岡平成25年度総会において以下の議案が協議され、一部不備などがありましたが、それらは訂正され全て承認されました。
                 

                        北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会

                                      平成25年度総会




                日  時   平成25年3月9日(土)
                       17時30分(17時開場)〜19時30分
                場  所   ココロンセンター・福岡市人権啓発センター
                       (福岡市博多区下川端町3−1)





                総会次第

                             (司会進行:副代表・藤井守人)

                1.開会挨拶: 代表 辻幸男
                2.総会議長選出: (慣例により代表の辻幸男が選出されました。)
                3.議案討議
                4.閉会挨拶: 副代表 山本 泰藏
                5. 特別講演会:講師全国協議会会長 西岡力





                ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽


                平成二十五年度総会議案



                第1号議案.平成24年活動報告
                    嶼巴很簑蠅料甦解決を求める意見書決議」状況。(報告者:辻幸男)
                      ◆々駝餌膵埒福癖鷙霄圈辻幸男)
                   講演会&パネル展(報告者:馬場能久)
                      ぁ―靆梢堯 А   4.441筆
                      ァ(膓癲Υ麌婉癲 А150.947円
                        ブルーリボンの販売 485個
                      А_餔募集。


                第2号議案.街頭活動について
                   )莊鄲茖嘉斃貌とする。
                      ◆)莊遒僚靆廠萋阿量槁犬300名とする。
                   募金活動。
                      ぁ.屮襦璽螢椒鵑糧稜


                第3号議案.自治体との連携
                   /邑啓発講演会支援。
                      ◆.僖優訶犬了抉隋
                   福岡市ハートフルフェスタ。
                 
                第4号議案.議員・議会への働きかけと連携について
                    福岡県・各市町村における拉致議連の立ち上げ(今年の大きなテーマ)


                第5号議案.国民大行進
                  今年は勝負の年の延長戦。参議院選挙直前の6月末日に行う。
                    案: ◎平成25年6月30日(日)
                    場所:予定(啓発集会は福岡市役所15階講堂。国民大行進は天神。)
                    時間:予定(啓発集会は午後1時から。国民大行進は午後3時から。)

                各県との調整:救う会九州地区連絡協議会各県世話人
                    救う会・福岡: 代表 辻幸男 
                    救う会・長崎: 代表 北村芳正 
                    救う会・熊本: 代表 加納良寛 
                    救う会・大分: 代表 伊藤田雄三 
                    救う会・宮崎: 代表 吉田好克 
                    救う会・佐賀: 代表 大原巌


                第6号議案.九州各県との連携(各地行事への参加)
                  執行部で随時判断の上、積極的に協力する。


                第7号議案.全国協議会総会出席(2月・10月)

                    代表が全国幹事として出席。
                    代表が欠席の場合は副代表が出席。
                    副代表も行けない場合は代表が代理を指名する。


                第8号議案.救う会・会員拡大の推進について

                現在の会員が約250名であり、今後の活動維持のために会員拡大が必要。
                今年度は会員を150名増や400名体制にしたい。


                第9号議案.特定失踪者問題調査会との連携

                  説明:幹事長 水城四郎


                第10号議案.福岡朝鮮学(園)への助成金返還差し止め訴訟への支援について

                      説明:原告団団長 馬場能久


                第11号議案.平成24年度会計報告(別表)
                     報告:元副代表会計担当 大森謙一郎


                第12号議案.平成25年度人事案(別表)。
                     説明:副代表 山本泰藏


                第13号議案.連絡先について。

                  住所:〒812-0011 福岡市博多区博多駅4丁目33-1  KMビル1階
                  氏名:辻幸男
                  電話:
                   FAX:
                   メール:

                  事務局
                  住 所:福岡市南区清水3-8-29、505号
                  副代表・事務局長: 馬場 能久
                  電 話:
                  FAX:092-408-7642
                      メール:sukuukai_fukuoka@yahoo.co.jp


                第14号議案.会計出納係の変更について。
                     会計出納係の副代表大森氏が病気退任による緊急処置を次の通り行う。
                  大森氏は12月31日付けで退任。
                  緊急的に。副代表の馬場能久氏が1月より会計を代行する。
                  新しく「北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡」の預金通帳を開設し、
                  新しい振り込み口座を2月に馬場氏の氏名と住所で郵便局開設する。
                  以後はこの口座を救う会福岡の正式な口座とする。


                第15号議案.会則の変更について。(別紙)
                   平成10年に作成された「北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会」の
                  会則について若干修正する。






                ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

                以下工事中



                平成24年総会風景01   会場入り口です。





                平成24年総会風景02  右から山本泰藏副代表、辻幸男代表、特別参加の西岡力全国協議会会長、同じく特別参加の大原巌救う会佐賀代表。





                平成24年総会風景03  








                平成24年総会風景04  






                平成24年総会風景05    会場に張られていた6月30日開催の北朝鮮人権侵害問題啓発集会及び国民大行進のポスター






                [クリック!]

                3月定例街頭活動の報告

                0

                   
                    3月、定例街頭活動の報告

                  3月9日に2時から天神ソラリアステージ前で定例街頭活動をおこないました。平成25年総会が5時半から行われましたが、その前の街頭活動ということもあったのか23名のたくさんの参加がありました。

                  北朝鮮による拉致事件から多くが35年を超え、40年を過ぎた拉致も少なくありません。北朝鮮が事件を認めてからですら10年が過ぎました。なんで、なんで、帰国が実現されないのでしょうか。絶対に生きておられます。署名は今月にも1000万人を超えるでしょう。この国民の声に応えてこなかった歴代政府。いったいこれ以上何をしろと言うのかと思います。

                  3時までは隣で反原発の街宣があっていましたので、「なんだか反原発の署名をやっていてるみたいで変な気持ち」(参加者)というほど大変でした。みなさまお疲れでした。



                    署名 229筆

                    募金 7.480円

                    参加者 23名

                  以下工事中



                  三月定例街頭活動写真01    大島一政さんです。きっと佐賀県の宝になられると思います。
                     



                  三月定例街頭活動写真02




                  三月定例街頭活動写真03    すっかり元気を取り戻された山本泰藏さんです。




                  三月定例街頭活動写真04    赤いポスターは本山貴春さん作成による6月30日予定の国民大行進のものです。




                  三月定例街頭活動写真05   白木源治郎さん。議会への請願なども頑張っておられます。




                  三月定例街頭活動写真06    いつも手振りの伴う井福大昌さんの弁舌です。




                  三月定例街頭活動写真07    署名を呼びかける馬場能久さん。




                  三月定例街頭活動写真08




                  三月定例街頭活動写真09    辻幸男代表の気合いが伝わってきます。




                  三月定例街頭活動写真10    活動の様子。いつもこんな感じで行われています。




                  三月定例街頭活動写真11    いつも参加される鴨川さんです。顔を見るとホッとします。





                  三月定例街頭活動写真12     左から小坪慎也さん、牧野吉成さん、藤井守人さん。牧野さんは大きな会合があると何故か頭を剃られます。





                  三月定例街頭活動写真13    藤井守人さん。すみません今回は藤井さんの弁舌を聞けませんでした。




                  三月定例街頭活動写真14   久しぶりに参加の小坪慎也さん。小坪さんは行橋市議会議員です。いつも飛び回っていてとんでもなく忙しい行動派です。




                  三月定例街頭活動写真15   




                  三月定例街頭活動写真15     元気になられた大森謙一郎さん。




                  三月定例街頭活動写真16    すみませんピントが合っていません。石井英俊さんです。




                  三月定例街頭活動写真14    以前は女性陣だけで歌っていた「ふるさと」。ここ数回はいつの間にか全員で最後に歌っています。





                  [クリック!]

                  経過報告書  −堀孝之先生がまとめられたもの−

                  0
                     

                    経過報告(教育振興費補助金支出取消等請求事件)

                     

                    平成25年2月15日

                     

                    原告ら訴訟代理人弁護士  森 統一(文責)

                    同       中島繁樹(文責)

                    同       堀 孝之   

                     

                    1 裁判経過

                          平成23520 提訴

                                             同日午後4時より,福岡地裁にて記者会見

                    (会見の模様は,救う会・福岡のブログ,平成23520日の記事

                    http://sukuukai.jugem.jp/?eid=358 にアップされています)

                          平成2375  被告らから答弁書提出

                          平成23712 1回口頭弁論期日

                                             原告団より,辻幸男救う会・福岡代表,

                                             馬場能久同副代表(原告団長)

                                             松尾和幸同事務局長(当時)が意見陳述

                          平成23818 被告らが準備書面(1)を提出

                          平成23826 2回口頭弁論期日

                          平成2396  被告福岡県から,学法福岡朝鮮学園に対し

                                               訴訟告知

                          平成23111 当方準備書面(1)を提出

                          平成23118 3回口頭弁論期日

                          平成231115 被告福岡県知事から,学法福岡朝鮮学園に

                                                対し訴訟告知

                          平成231227 被告らが準備書面(2)を提出

                          平成24112 当方準備書面(2)を提出

                          平成24117 4回口頭弁論期日

                                                当方,訴えの趣旨の訂正申立て

                          平成2435  当方準備書面(3),文書提出命令申立を提出

                          平成2439  5回口頭弁論期日

                          平成24330 被告らが文書提出命令申立にかかる意見書を提出

                          平成24425 当方準備書面(4)を提出

                          平成2458  被告らが準備書面(3)を提出

                          平成24515 6回口頭弁論期日

                                                期日間に裁判官の一部が交替

                          平成24529 被告らが準備書面(4)を提出

                          平成24621 当方,証拠申出書,調査嘱託申立書提出

                          平成24626 7回口頭弁論期日

                                                当方が証人として申請した百地章教授につき,

                                                裁判所は意見書によることを求める。

                          平成24102 8回口頭弁論期日

                                                百地教授の意見書を書証として提出

                          平成24119 9回口頭弁論期日

                          平成241214 当方準備書面(5)を提出

                                                被告らが準備書面(5)を提出

                          平成241221 10回口頭弁論期日

                                これまで提出した書証以外の原告の証拠申請

                                (証人・調査嘱託申立等)はすべて却下

                          平成25215(本日)  11回口頭弁論期日 判決言渡し

                         

                    2 争点・主張等

                      教育振興費補助金の支出負担行為の違法性の有無が争点

                      原告側が違法事由としてあげたのは以下の3

                          ゞ軌藉靄榾142項の理念への違反

                          憲法89条後段違反

                          K鳴鮮人権侵害対処法2条及び3条違反

                    (1) 教育基本法142項について

                    cf 教育基本法142項「法律に定める学校は、特定の政党を支持し、又はこれに反対するための政治教育その他政治的活動をしてはならない。」

                     (原告側の主張)

                      本件朝鮮学校は政治教育その他の政治的活動をしているところ,このような教育に対する公金援助は,公権力と政治教育との結びつきを禁じた教育基本法142項の理念に違反する。

                     (被告側の主張)

                      本件朝鮮学校を含む各種学校には,教育基本法142項の規定は適用されない。本件朝鮮学校に対する助成は,私立学校法59条及び私立学校振興助成法10条に基づくものであるが,これらの助成について,政治教育を行わない各種学校に限定する等の制限規定はない。

                    (2) 憲法89条後段について

                    cf 憲法89条「公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。」

                     (原告側の主張)

                    ア 本件朝鮮学校の教育事業は「公の支配」に属するということはできず、公の支配に属しない本件朝鮮学校の教育事業に対して公金その他の公の財産を支出することとなる本件支出負担行為は、憲法89条後段に違反する。

                    イ 本件朝鮮学校に対して,福岡県知事がその権限を行使して本件朝鮮学校の教育事業が公の利益に沿わない場合にこれを是正するというのは現実には不可能である。

                    ウ 東京高裁の裁判例は,教育内容を不問としたものではない。

                    エ 本件朝鮮学校は,その教育内容にかんがみても,実態は紛れもない北朝鮮の政治機関である。かかる政治機関への公金支出は,そもそも「教育事業」への支出とは言えず,教育の美名に隠れた公金の濫用そのものであって,まさに憲法89条後段の禁止するところである。

                     (被告側の主張)

                    ア 本件朝鮮学校は,教育関係法規による法的規制を受けており,憲法89条後段が規定する「公の支配」に属すると解される。

                    イ 被告は教育関係法規に基づく権限を行使することで,本件朝鮮学校の教育事業が公の利益に沿わない場合にはこれを是正しうる。

                    ウ 公の利益に沿うか否かは,教育内容ではなく,あくまで教育事業について判断すべきである。

                    エ 政府見解も本件朝鮮学校のような各種学校の形を取る外国人学校について「公の支配」に属するとしている。

                     

                    (3) 北朝鮮人権侵害対処法2条及び3条について

                    cf 北朝鮮人権侵害対処法2条「国は、北朝鮮当局による国家的犯罪行為である日本国民の拉致の問題(以下「拉致問題」という。)を解決するため、最大限の努力をするものとする。2 政府は、北朝鮮当局によって拉致され、又は拉致されたことが疑われる日本国民の安否等について国民に対し広く情報の提供を求めるとともに自ら徹底した調査を行い、その帰国の実現に最大限の努力をするものとする。3 政府は、拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題に関し、国民世論の啓発を図るとともに、その実態の解明に努めるものとする。」

                    cf 北朝鮮人権侵害対処法3条「地方公共団体は、国と連携を図りつつ、拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題に関する国民世論の啓発を図るよう努めるものとする。」

                      (原告側の主張)

                        拉致問題を無化し極小化しようとする本件朝鮮学校に対して助成金を交付することは,拉致問題を解決するため国及び地方公共団体に対し最大限の努力をするよう義務づけた北朝鮮人権侵害対処法2条及び3条に違反する。

                      (被告側の主張)

                        本件補助金の支出は,法令に基づき適正に執行したものである。また県は,北朝鮮人権侵害対処法3条に基づき,講演会や写真・パネル展の開催,ポスターの掲示等を通じた県民への積極的啓発に努めている。これらの条項は努力規定に過ぎず,本件補助金の支出を不適法とする根拠となり得ない。

                     

                    3 本日言い渡された判決について


                    [クリック!]

                    2月定例街頭活動の報告

                    0

                        2月定例街頭活動の報告

                      今日9日に天神ソラリアステージ前で定例街頭活動をおこないました。
                      参加していただいたみなさまお疲れでした。



                      署名 89筆



                      募金 7149円


                      すみません、今回はこれだけです。



                      [クリック!]

                      1月定例街宣活動の報告

                      0

                        1月定例街宣活動の報告

                        救う会福岡は1月13日(日)に福岡市中央区天神のソラリア前広場のバス停側歩道にて年頭情宣を行いました。
                        今年最初の定期月例活動の報告です。

                        熊本から増元るみ子さんのお姉さん平野フミ子さんがお出でになられました。「今年最初の活動で、おめでとうございますと言いたいですが、私の家ではるみ子が居なくなってからそんな気持ちになれないのです。」と最初に断られました。それを聞くとたまらない気持ちになります。

                        昨年全国の皆さんが頑張ってくれたのに拉致問題は何も動きませんでした。10年前に5人の帰国者があって以来何も変化がありません。その為に中には私達に「いつまで同じ事をやっておられるのか」と批判される方もいます。併し、どんなに歯ぎしりしてもこの運動は国民運動です。「救う会」の活動には限界があります。救う会福岡は「県民の皆様と一緒にやれる活動を地道にこつこつ先頭に立ってやっていく」を目指しています。家族の皆さんと共に、県民の皆さんと共に歩む団体です。


                        《今回の活動》

                        署 名:    326筆

                        募 金: 2,1731円

                        参加者      18名
                             平野フミ子、辻幸男、馬場能久、藤井守人、永尾逸子、野口勝
                             牧野吉成、黒田光弘、大島一政、外村聖典、富田隆行、本山貴春、
                             別府正寛、大森茂範、拂山裕一、吉岡勝也(佐賀大)、田原一樹(長崎大)
                             白木源治郎
                              (※順不同、敬称略)





                        (01) 佐賀の大島一政さんと熊本の拂山裕一さんです。





                        (02) 藤井さんは両刀使い。署名を求めることもマイクを握っての情報宣伝・啓発活動、どちらも来いの方です。






                        (03) 久しぶりに参加の本山貴春さん。





                        (04) 全九州ゼミの外村聖典さん。





                        (05) 拂山さん頭下げすぎでない。でも、署名を頂くと本当にこういう気持ちになりますよね。他人事としてやってないからこうなるんですよね。「有難うごさいます!」




                        (06) 増元るみ子さんのお姉さん平野フミ子さん。やっぱり家族の思いは桁違いと感じます。カメラとマイクはKBCの取材です。 






                        (07) マイクを持った藤井守人さんです。左手が決まっています。これは藤井さんの考え方が無意識に出たものです。そういう人なんです。





                        (08) 日本会議福岡の別府正寛さん。姿勢がいいですね。勿論主張の内容も姿勢同様にぴしっと決まっています。





                        (09) 永尾さん。いつもお疲れ様です。





                        (10) 佐賀大学の吉田勝也さん。今後とも宜しくお願いします。





                        (11) 藤井守人さん。去年までの全国の署名数が970万人を超えました。お一人お一人の署名の積み重ねが970万人です。お一人の署名が有難いと思えるのが「救う会」の署名活動です。今年も頑張ります。





                        (12) 平野さん。この報告を書くためにファインダー越しに平野さんを見る機会の多いのですが、この熱意がどうして伝わらないの??、この真剣な表情を見ているのに、切実な声を聞いているのに、どうしてもっと多くの人が足を止めて署名しようという気持ちにならないのかと悲しくなります。





                        (13) 富田隆行さん。今回は仕事の合間をぬって来てくれました。この後直ぐに仕事に戻られました。






                        (14) 長崎大学の田原一樹さん。若い魂が吼えています。きっと伝わりますよ。





                        (15) 切々と拉致被害者の家族の思いを訴えられる平野さん。





                        (16) 松葉杖で体を支えながら訴える救う会福岡代表の辻幸男さん。辻さんの強い言葉は心根が優しいことの裏返しです。





                        (17) 毎月、下関から時間を作って出てこられる白木源治郎さん。拉致被害者を助けることを夢見て予備自衛官になった猛者です。






                        (18) いつもは平野さん、永尾さん、鴨川さんが歌われる「故郷」。今回は最後に全員で歌いました。曽我ひとみさんがめぐみさんと一緒に歌っていたと語られています。平野さんは前の方で署名をさた方に話しかけられていました。永尾さんは旗に隠れてしまい、写真は男ばかりの合唱団になってしまいました。




                         

                        [クリック!]

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        262728293031 
                        << July 2020 >>

                        recommend

                        recommend

                        links

                        profile

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM