スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.09.21 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    [クリック!]

    「なぜ35年取り戻せない…」拉致被害者、横田めぐみさんの両親が都内で講演

    0
       

      「なぜ35年取り戻せない…」


      拉致被害者、横田めぐみさんの両親が都内で講演


      2012.8.28 21:37
      北朝鮮拉致事件

      東京都内で講演し拉致被害者の早期救出を訴えた、横田めぐみさんの父、滋さん(右)と早紀江さん=28日午後、東京都中野区の「なかのZERO」


       北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさん=拉致当時(13)=の両親が28日、東京都中野区で講演し、母の早紀江さん(76)は「残酷なことが日本で行われ、なぜ35年たっても取り戻すことができないのか」と救出を訴えた。


       2002(平成14)年に北朝鮮の金正日総書記が拉致を認めてから9月17日で10年になるのを前に、被害者救出へ向けた世論を高めようと都が主催し、約500人の聴衆が耳を傾けた。

        29日からは4年ぶりに再開される日朝政府間協議が始まる。父の滋さん(79)は「これまでは何もないという報告しかできなかったが、今日は希望を持てる 報告ができた。4年ぶりの交渉に大いに期待している」と述べた。早紀江さんも「政府は拉致被害者を取り返さなければ国交正常化はないという姿勢で突破口を 開いてほしい」と話した。


      [クリック!]

      バレエ衣装や浴衣…横田めぐみさんの思い出の品を初公開

      0
         


        バレエ衣装や浴衣…

         横田めぐみさんの思い出の品を初公開


        2012.8.2 00:13

        バレエ衣装や浴衣… 横田めぐみさんの思い出の品を初公開

        日本橋高島屋にて開催した横田滋写真展を訪れる安倍晋三元首相(中央)に説明をする横田滋さん(右)と横田早紀江さん(左) =1日午後、東京都中央区(鴨川一也撮影)

         北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさん=拉致当時(13)=の写真展が1日、日本橋高島屋(東京都中央区)で始まり、拉致される直前のバレエ公演でめぐみさんが着用した衣装など、思い出の品6点が初めて公開された。13日まで。

         会場には、父の滋さん(79)が撮影しためぐみさんの写真約80点のほか、広島県から新潟県に転校する際に親友から贈られた人形や、母の早紀江さん(76)が夏祭り用に縫った浴衣などが展示された。早紀江さんは「ご自分のお子さんがこのような物を残していなくなったらどうか、ということを考えてほしい」と訴えた。

         めぐみさんが拉致されて今年で35年。事件解決に向けた動きが見えないことについて、滋さんは「政府は何かのきっかけをつかんで北朝鮮と交渉してほしい」と話した。


        ___________________________________________________

        【引用元記事のURL】
        http://sankei.jp.msn.com/world/news/120802/kor12080200170000-n1.htm





        [クリック!]

        個別具体的な問題

        0
           

          【調査会NEWS1219(24.8.1)

          ■「個別具体的な問題」

                                         荒木和博


           「捜査に支障を来す恐れがあるので個別具体的な問題へのお答えは差し控えさせていただきます」


           拉致問題に関わり始めてからこの言葉を何度聞いたか分かりません。政府側(特に警察)が質問への回答を拒否するときの常套句がこれです。昨日行われた自民党拉致問題特命委員会では藤田進さんの弟さん、藤田隆司さんがジュネーブの国連人権委作業部会での陳述について説明しました。これについて増元照明家族会事務局長が政府側に対し「藤田さんは写真も出ているのに認定しないというなら何をもって拉致認定するのですか」と聞いたところ、このセリフがまたぞろ持ち出されていたそうです(多少言い方は違ったようですが)。

           たとえば山本美保さんに関わるDNAデータ偽造事件、先日の渡辺義彦衆議院議員の質問主意書で「当職(渡辺議員)は山本美保がA70のブラジャーを所持していなかったことを家族から確認しているが、警察庁としては山本美保がそれを所持していたことを確認しているのか」という質問の答えも「詳細を明らかにすることは、捜査機関の活動に支障が生じるおそれがあることから、差し控えたい」でした。

           こんなことは家族に聞けば良いだけのことなのですが、県警発表からでもすでに8年経過しているのに一度も聞いていません。支障が生じるのは捜査ではなく「捜査機関の立場」なのかも知れません。それならいっそ、「拉致問題が進展して様々なことが明らかになると警察庁の立場に支障を来す恐れがあるので…」とすれば良いのではないでしょうか。

           こんなことを放置しておくと、そのうち学校で生徒が先生に指されたときに、「学習に支障を来す恐れがあるので個別具体的な問題へのお答えは差し控えさせていただきます」とか答えるようになるかも知れません。

          (追記)

          現在発売中の月刊「正論」9月号に「日本無法地帯紀行」(中)「北の工作現場を覆う闇」と題して寄稿しています。「1万キロ現地調査」で調査したところの抜粋です。「個別具体的な問題」について書いています。ご関心のある方はご一読いただけると幸いです。







          ■戦略情報研究所「Sセミナー」第2

          平成24727日(金)18:3020:30

          ◆ 第1部(18:3019:00)「ニッポン無法地帯紀行(2)佐渡編」

          ◆ 第2部(19:0019:15)報告(DNAデータ偽造事件について)

          ◆ 第3部(19:1520:30) 西村眞悟氏講演 「国家の再興」

          会場 UIゼンセン会館

          (東京都千代田区九段南4-8-16 Tel03-3288-3549

           ※JR・地下鉄市ケ谷駅下車3分 日本棋院斜向い

          http://www.uizensen.or.jp/about/index.html

          参加費 1000円(戦略情報研究所会員は無料)

          ※事前の参加申し込みは不要です。※()NetLiveのご厚意でインターネット中継を行います。遠方等で参加出来ない方はご利用下さい。また、中継された映像は後日同社のサイトで見ることができます。

          http://www.netlive.ne.jp/




          ■戦略情報研究所「隼CHANNEL

           第2回「山本美保さんに関わるDNAデータ偽造事件」

          下記の(株)ネットライブのサイトからご覧になれます。ぜひご覧下さい。

          http://www.netlive.ne.jp/archive/SII/index.html







          __________________________________________

          特定失踪者問題調査会ニュース

          ---------------------------------------------------------

          112-0004東京都文京区後楽2-3-86松屋ビル301

          Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059

          email:chosakai@circus.ocn.ne.jp

          調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp

          発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は

          kumoha351@nifty.com宛メールをお送り下さい)

          ●カンパのご協力をくお願いします。

          郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会

          銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会

          (銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はメールないしFAXにてご連絡願います)

          ______________________________________________________









          [クリック!]

          1万キロ現地調査第10回について 【調査会NEWS1218】(24.7.28)

          0

            【調査会NEWS1218(24.7.28)

             

            1万キロ現地調査第10回について

             

             昨日行われた戦略情報研究所講演会「Sセミナー」にて代表荒木より次のように発表しました。

             

            1万キロ現地調査第10回は甲府→柏崎→遊佐(山形)というルートで「山本美保さんに関わるDNAデータ偽造事件」を中心とした調査を行う準備をしてきましたが、検討の結果一部を変更し、山形の調査は別途行うこととしました。

             

             遊佐町の海岸の調査を別にした理由は、ここに漂着した遺体が山本美保さんでないことは明らかであり、従ってここが「DNAデータ偽造事件」の関連現場ではあっても、山本美保さん失踪の関連現場ではないこと、柏崎から遊佐までが直線距離で200キロあり、帰途も考えると日程的に難しいことなどによるものです。遊佐を含め山形県庄内地方から秋田県南部にかけての海岸は工作員上陸ポイントも多数存在することが想定され、それについては別途調査を検討することに致しました。

             

             また、柏崎の荒浜海岸も本人のセカンドバッグが置かれていたことから失踪関連地点であることは間違いないものの、明らかに秋田美輪さんらの失踪と同じ偽装工作であり、美保さん自身が荒浜海岸に行っていないと思われます。そして、本人が移送されたとすれば、いわゆる「大町ルート」である可能性が最も高く、そこに調査の重点を移すべきと考えました。以上を勘案して、次のような日程で調査を行うことといたします。

             





            825()

            0800 甲府駅前に集合して調査開始、山本家前から図書館、山梨県警本部及び非公開失踪者女性の失踪関連地点等を調査。その後川合健二さん失踪関連地点を調査して松本へ。

            1200 松本着・非公開女性失踪関連地点調査。終了後糸魚川へ。

            1600 青海の藤田進さん(昭和40年失踪、埼玉の藤田進さんとは別人)失踪関連現場調査。その後周辺の工作員侵入現場等を調査して糸魚川ないし直江津で宿泊

             

            826()

            0900 宿舎発

            1100 柏崎荒浜海岸等関連地点調査 終了後解散

             

            ■調査会役員の参加する講演会等の予定(一般公開の拉致問題に関するイベントのみ)

             

            728()14:00 北朝鮮拉致問題講演集会(救う会富山・県拉致議連主催)

            ●サンシップ富山(富山駅徒歩8分 県庁横 076-432-6141)

            ●代表荒木が参加

            ●問合せ:076-492-7788

             

            92()14:00「国民大集会」(家族会・救う会・拉致議連主催)

            ●代表荒木が参加

             

            915日(土)水戸集会

            ●代表荒木が参加

             

            917日(月)14:00「中村三奈子さんをさがす会」集会(同会主催)

            ●アオーレ長岡(長岡駅大手口徒歩3分 0258-35-1122

            ●代表荒木が参加

            ●問合せ:090-4279-4724

             

            922日(土)埼玉県民集会(救う会埼玉主催)

            ●代表荒木が参加

             

            107日(日)奈良集会(救う会奈良主催)

            ●代表荒木が参加

             

            1118() 酒田集会(庄内ブルーリボンの会主催)

            ●代表荒木が参加

             

            1123日(金)敦賀集会(嶺南地区特定失踪者の真相究明を願う会主催)

            ●代表荒木が参加

             

            128日(土)秋田集会(救う会秋田主催)

            ●代表荒木が参加

             

            ■戦略情報研究所「Sセミナー」第2

            平成24727日(金)18:3020:30

            ◆ 第1部(18:3019:00)「ニッポン無法地帯紀行(2)佐渡編」

            ◆ 第2部(19:0019:15)報告(DNAデータ偽造事件について)

            ◆ 第3部(19:1520:30) 西村眞悟氏講演 「国家の再興」

            会場 UIゼンセン会館

            (東京都千代田区九段南4-8-16 Tel03-3288-3549

             ※JR・地下鉄市ケ谷駅下車3分 日本棋院斜向い

            http://www.uizensen.or.jp/about/index.html

            参加費 1000円(戦略情報研究所会員は無料)

            ※事前の参加申し込みは不要です。※()NetLiveのご厚意でインターネット中継を行います。遠方等で参加出来ない方はご利用下さい。また、中継された映像は後日同社のサイトで見ることができます。

            http://www.netlive.ne.jp/




             

            ■戦略情報研究所「隼CHANNEL

             第2回「山本美保さんに関わるDNAデータ偽造事件」

            下記の(株)ネットライブのサイトからご覧になれます。ぜひご覧下さい。

             

            http://www.netlive.ne.jp/archive/SII/index.html

            __________________________________________

            特定失踪者問題調査会ニュース

            ---------------------------------------------------------

            112-0004東京都文京区後楽2-3-86松屋ビル301

            Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059

            email:chosakai@circus.ocn.ne.jp

            調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp

            発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は

            kumoha351@nifty.com宛メールをお送り下さい)

            ●カンパのご協力をくお願いします。

            郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会

            銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会

            (銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はメールないしFAXにてご連絡願います)

            ______________________________________________________

             



            [クリック!]

            拉致問題の認知度96% 内閣府が初の世論調査

            0
               

              拉致問題の認知度96%


                 内閣府が初の世論調査


              2012.7.19 19:44


               内閣府が19日に発表した北朝鮮による拉致問題に関する初の世論調査によると、拉致問題について「聞いたことがあり、内容も知っている」との回答が96・1%に上った。広報・啓発活動で取り上げてほしい内容は、「解決に向けた国の制度や取り組み」の79・2%がトップで、「首相や閣僚の考え」が48・0%で続き、問題解決への政府の強い対応が求められていることがうかがえた。


               拉致問題を知ったきっかけはテレビ99・3%、新聞83・3%の順で、本や雑誌などの出版物32・1%を大きく上回った。広報・啓発活動に「参加したい」は39・6%、「参加したくない」は55・9%。若い世代への啓発のため、「学校教育」(64・2%)、「インターネットなどを用いた広報」(54・7%)の充実を求める声が多かった。


               調査は全国20歳以上の3千人を対象に6月7〜17日に面接聴取方式で行った。




              引用記事元のURL

              http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120719/plc12071919440009-n1.htm






              [クリック!]

              1千万署名運動に協力、国民大集会に本人参加等−全国知事会が緊急決議

              0
                「救う会全国協議会ニュース」 から引用



                ★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2012.07.24)

                 全国知事会(会長=山田啓二京都府知事)は、7月20日の会議で、拉致問
                題に関し1千万署名運動に協力、国民大集会に知事本人の参加等、以下の緊急決
                議を行った。



                ■1千万署名運動に協力、

                国民大集会に本人参加等−全国知事会が緊急決議



                 現在すべての都道府県知事が、北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会に
                参加しており、広報、ブルーリボンバッジ着用促進などでさらなる努力を行うこ
                とを決めた。

                 北朝鮮が拉致を認め5人を返してから9月で10年となるが、この間進展がみ
                られないことから、上記のような異例の緊急決議を行ったものである。

                 全文は以下の通り。

                ◆拉致問題の早期解決に関する緊急決議

                平成24年7月20日
                全国知事会

                 小泉総理大臣(当時)の訪朝から10年、本年こそ拉致問題解決のため、全国
                知事会は全力を尽くす決意である。

                具体的には、
                1.拉致被害者を早急に救出するための1千万人の署名活動に協力すること

                2.9月2日に東京で開催される「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集
                会」に、できる限り知事本人が出席すること

                3.「広報」等を通じ、広く都道府県民に訴えること

                4.共通スローガンを活用すること

                5.ブルーリボンバッジの着用を促進すること

                以上決議する。

                以上


                ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
                ■野田首相にメール・葉書を
                首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
                下記をクリックして、ご意見を送ってください。
                [PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
                [携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

                葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 野田佳彦殿

                ■救う会全国協議会ニュース

                発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
                TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
                担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
                〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
                カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
                みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
                ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆










                [クリック!]

                金正恩体制 軍部偏重の路線を転換か

                0
                  msn産経ニュース より引用

                  金正恩体制 軍部偏重の路線を転換か

                  2012.7.19 03:07 主張


                  北朝鮮情勢が微妙だ。権力中枢で軍最高幹部だった李英浩・朝鮮労働党政治局常務委員(人民軍総参謀長)が突然、党などの全ての職務から解任された。失脚か粛清との見方が強い。

                   李氏は昨年12月の金正日総書記死去に際し、霊柩(れいきゅう)車の横に後継者の金正恩氏と並び立つほどの存在だった。失脚だとすると、「先軍政治」を看板に北朝鮮を支配してきた軍部主導体制が後退ないしは変化することもあり得る。

                   また、李氏解任に次いで、金正恩第1書記に対する軍最高位の「元帥」の称号の授与が、「重大報道」として内外に伝えられた。これは、金正恩第1書記が自ら軍の最高位者として軍組織を統率、支配するのだということを、改めて印象付けるものだ。

                   そこから、今回の一連の発表は、金正恩体制が軍に対するコントロールを強め、北朝鮮が今後、軍事偏重ではなく、最大課題の経済重視へと路線転換する兆しではないかとの観測が出てくる。

                   金正日時代の北朝鮮は、「強盛大国建設」をスローガンにしてきた。その結果、3大目標のうち「思想大国」と「軍事大国」は実現し、残る課題は「経済大国」だと言ってきた。今回の動きは、金正恩体制が、核・長距離ミサイル武装に成功して「軍事大国」の目標は達成したと軍部を説得し、従来の軍事優先策から脱するための布石とみることもできる。

                   北朝鮮は1994年、初代指導者の金日成主席死後の過渡期に、世襲体制にありがちな「守り」に入って変化の機会を逸した。

                   2代目の金正日総書記は「人民に白いご飯と肉のスープを」を最後まで実現できなかった先代のやり方を修正できず、「変化より守り」を選択した結果、経済を疲弊させ飢餓まで招いた。

                   3代目の金正恩体制も今、過渡期にある。今度こそ「人民を食わせるため」改革・開放で変化を目指すのか。そのためには、金正日時代に肥大化した軍部の存在を手直ししなければならない。

                   経済再建に舵(かじ)を切るには、国際関係改善という対外路線転換は不可欠だ。日本との拉致問題解決の展望もその流れの中で開ける。

                   夫人ともみられる女性を同伴する金正恩第1書記の姿やミニスカート、ミッキーマウスの登場などある種のイメージ変化もうかがわれる。情勢を鋭意注視したい。




                  ________________________________________________

                  引用記事のURLは 
                  http://sankei.jp.msn.com/world/news/120719/kor12071903070000-n1.htm


                  です。


                  さて、金正恩がもし経済再建に舵をきったならば、それで全てが解決し何もなかったことになるのだろうか。それだけで日本は北朝鮮と国交正常化をなすべきだろうか。答えはノーである。

                  他国の国民を犠牲にすることに平気な国とまともな付き合いをしてはならない。支援や国交正常化は北朝鮮が近代化を受け入れ、開かれた社会を目指すかどうかで判断されるべきだ。拉致問題もそのことによって解決されるのである。社会主義型・全体主義型の人民民主主義ではなく、主権在民の民主主義を採択するかどうか。これが国交正常化の絶対条件である。そうであればこそ、拉致問題の根本的解決が図られる。

                  北朝鮮が本当に変化したかどうかは、北朝鮮の拉致問題に対する姿勢に直ちにあらわれる。拉致問題に対し真摯に取り組まない限り、国民生活重視への転換もただのポーズに過ぎない。北朝鮮に踊らされるのはもう御免被りたい。






                  [クリック!]

                  拉致問題の対応変わる可能性 北朝鮮人事で松原担当相

                  0
                      msn産経ニュース より引用

                    拉致問題の対応変わる可能性

                       北朝鮮人事で松原担当相



                    2012.7.18 18:51


                    松原仁拉致問題担当相

                    松原仁拉致問題担当相

                     松原仁拉致問題担当相は18日、北朝鮮の金正恩第1書記への「元帥」の称号授与決定に関連し「最近の北朝鮮の人事を見ていると、拉致問題で従来と違う対応を示す可能性が極めて高い」と指摘し、日本人拉致問題の進展に期待を表明した。都内で面会した新潟県議らに話した。

                     松原氏は拉致問題が解決しない限り日朝国交正常化はないとも強調。その上で「拉致被害者と家族が抱き合って初めて解決となる。(北朝鮮が死亡したと主張する被害者が)生き返ったと言ってもわれわれは怒らない」と述べた。




                    記事のURL
                    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120718/plc12071818550010-n1.htm





                    [クリック!]

                    ASEAN会合、日朝外相が接触 個別課題には触れず

                    0
                        msn産経ニュース より引用

                      ASEAN会合、日朝外相が接触

                       個別課題には触れず


                      2012.7.13 01:15
                      外交


                       カンボジアを訪問している玄葉光一郎外相は12日夜(日本時間同)、北朝鮮の朴宜春外相と短時間会話した。カンボジア外相夫妻が主催の夕食会の場で、あいさつ程度のごく短いやりとりだった。拉致問題など個別課題には触れなかったという。

                       同行筋によると、夕食会には東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会議に参加した各国の外相らが出席。玄葉、朴両氏は当初、離れた席に座っていたが、偶然双方が近寄った際に言葉を交わした。

                       北朝鮮は2008年8月を最後に日朝両政府間の正式協議に応じていない。(共同)



                      _________________________________________________

                      記事のURL

                      http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120713/plc12071301180001-n1.htm





                      [クリック!]

                      野田首相、行革と政治改革「消費税率引き上げ前にすべて仕上げる」

                      0
                         

                        【衆院予算委要旨】

                        野田首相、

                           行革と政治改革「消費税率引き上げ前に

                                 すべて仕上げる」



                        2012.7.12 20:25



                         【拉致問題】

                         松原仁拉致問題担当相 ご家族が元気な間に拉致被害者が戻ってこなければ解決にならない。小泉純一郎元首相が訪朝して10年の節目である9月17日に向け、解決できるよう頑張る。この節目に何ら進展がないようであれば制裁を強化すべきであるという声があることも認識している。


                        __________________________________________


                        ※ 上は拉致問題の部分だけの引用です。

                        記事のURL
                        http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120712/plc12071220250019-n2.htm


                        [クリック!]

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        3031     
                        << August 2020 >>

                        recommend

                        recommend

                        links

                        profile

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM